つきたてのもち

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のつきたてのもちのネタバレレビュー・内容・結末

3.5

このレビューはネタバレを含みます

インスタ全盛期ならではのゆめかわ色彩&あこがれのWDWの裏のモーテルなんてドリーミーな甘さと子持ちホームレスな若い女の子のやりきれない生活の苦味の対比。でハッピーサッドな後味。を、予告編で期待しすぎたな、、

好きな場面はいっぱいあって、謎の鳥にボビーがダジャレかますとことか、ムーニーがマジックバンドぶかぶかにつけてるとことか、食べ物が全部体に悪そうなとことか、ぱっと見楽しいけどちょっと悲惨なこの世界を見事に物語っていると思いました。花火も、ちょっとadobeすぎな虹も。
そして何よりウィレム デフォーはあの屈強な強面のまま面倒見のよすぎるおじさんで好きにならずにはいられないです。

ただ、物語の軸を複数作って(ヘイリー/ムーニー/ボビー)それぞれがぶつぎりのまま投げ出されてるように感じました。登場人物がそれぞれ成長するわけでもなく、偶然幸運とか不幸が訪れて着地するわけでもなく、なんとも尻の座らない感じ。ラストのお城がもっと夢見心地な「マジックキャッスル」になってたら印象ちがっただろうなと思います。めっちゃ現実味のあるいわゆる遊園地に見える。
ムーニーの子、ずっとこどもむき出しですごかったんだけど、ここ一番のジャンシーに向けた顔が大人の演出した泣きの演技に見えてちょっと残念だったな。

劇場で泣いてる人もけっこういたし、ここのレビューも軒並み高評価なのでわたしが映画に選ばれてないだけだと思います。