きのした

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のきのしたのレビュー・感想・評価

4.4
安モーテルに住む6歳の女の子ムーニーを取り巻く環境を描いた映画。ムーニーは母親とその日暮らしの貧しい生活をしながらも、モーテルの管理人にちょっかいを出したり友達と遊んだりして楽しい日々を堪能していた。しかし、ある事件を起点に、ムーニーと母親は更に貧しい生活を強いられるようになる。

そもそも貧乏なのは母親がまともに働くのが嫌で変な仕事ばっかりしてるから。それに加えて人当たりが強く、ムーニーよりも子供なんじゃないかと思ってしまうほどの態度の悪さを見せる。ムーニーには優しいが。
ただ、ムーニーも母親の巻き添えを食らうことになる。途中まであんなキャピキャピだった女の子が涙を見せることになる。

それからどうなるか。正直言ってあまり予測できなかったラストになる。ただここで言えるのは、ムーニーが最後まで腐らず周りの人々に何か恵みを与え続けてたからこそ、このラストになったのだと思う。

色々書きましたが、楽しい映画です。
色使いや、度々出てくる特殊なレンズで撮られた映像(パノラマっぽい)が面白く、印象に残った。