み

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のみのレビュー・感想・評価

4.3
見て良かった、心にグッサリ突き刺さる

カラフルでオシャレな写真のようなフロリダが背景で、ムーニーが友だちと遊んだりふざけたりする毎日を映している。悪ふざけや、悪知恵、可愛い悪態も笑って見ていられる。だけど確実に危うい、モーテルでのギリギリの暮らしがチクチクする…

仕事も頼れる縁もないムーニーの母親ヘイリー(どれか一つでもあってくれればな…)ディズニーリゾート観光客相手に安物香水を売ったりしてまさにその日暮らし。決していい子育てとは言えないけども、ムーニーへの愛は本物だ。お金の工面に苦労している姿が映らないのは、ムーニーに心配させないようにしてるのか…(夕焼け時のヘイリーの後ろ姿が忘れられない)
でもやはり未熟で社会的に弱い母親で、どうにか頑張っているのはムーニーのお陰なんじゃなかろうか、そんでムーニーが明るくしているのは母親に辛さを見せないためなんじゃなかろうか、ああ〜

モーテルの支配人ボビーが、子供たちにいじられながらも(笑)そこで暮らす子供達の様子を見てて危険を回避していて、こういう大人の目があるのが良かった

ラスト、ムーニーがやっと見せるほんとの表情…
演じたブルックリン・プリンスちゃんが天才的過ぎて、もう他の役で見たくないという謎の嫉妬心が湧いてきた

現在進行形、夢の国のそばの現実だそうで、衝撃的。泣かせて終わらせる映画じゃない、むしろ笑顔に溢れてる良い映画と思います