みっき

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のみっきのレビュー・感想・評価

3.8
口コミが良いので気になって都会の映画館まで足を運びました(地元じゃやってないので)。

正直に言うと、貧しくてその日暮らしをするような生活だからといっても、
母親のお金の稼ぎ方は良くないし、母親がちゃんとしつけないから子供は悪さばっかりのクソガキ。定職にも就かずだらしない母親にも周りに迷惑かけっぱなしの子供にも腹が立って最初は呆れてた。

でもだんだんと母親はすごく娘のことを愛していて大切に育ててることが分かった。まあ母親の若さや未熟さからか、親子というより友達のようにも見えたけど。

私の価値観で見ると、
生活費のために朝も夜も仕事を掛け持ちして身を粉にして働くのが「シングルマザーとして頑張ってる」って評価しがちだけど、その間子供は寂しい思いや1人で冷めたご飯を食べなきゃいけないかもしれなくて、
それに対してこの親子の生活の形は、同じ時間を過ごすことで貧しいけれど幸せな時間を築けてるんだなって思った。

一見ネグレクトを疑われがちだけど、母親は虐待も育児放棄もしてないし、何より娘を大事に思ってる。
その意味では何が人を判断するかって、本当にその人次第で、凝り固まった価値観の押し付けは良くないと思った。

彼女たちが幸せならそれでいいじゃない。
最後のシーン、引き裂かれた母親が叫ぶ姿と子供が泣きじゃくって友達にサヨナラを言う姿が、この映画全体を物語ってるようだった。

終わり方は斬新だったなあ〜
ようやく物語が大きく動き出したか?!って思ったらいきなり終了で、
ディズニーランドの喧騒の中余韻を噛み締めてました。