IユRA

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のIユRAのレビュー・感想・評価

4.5
社会、愛情、生き方。とてもあれこれ考えさせられる映画でした。

社会のルールからはみ出してしまう人たちを容認しないのは社会としてどうなんだろうか。

確かに、犯罪はいけないことだけど、
そうしなければ生きていけない人たちは、
一定数いるわけで。

少しぐらいは目を瞑るのが優しさなんじゃないかなと思った。

また、子供にとって大切なのは安全な環境と健全な愛情なんだろうけど、全ての親が両方を与えられるわけではなくて、だけど、それらを第三者が測るのは難しいと思った。特に愛情の方は。

いい親ってなんだろな?て時々考えるんだけど、この映画の母みたいな人のことを言うんだろうな。
自分のできることを目一杯して、そして、笑顔で絶対的な味方でいること。

眩しいパステルカラーの画面に無邪気な子供たちの笑顔。謎のサブタイトルがさらにオシャレ映画感を想像させられたが、違ったな。画面の甘さから時折見え隠れする苦さが絶妙なバランスでした。

鑑賞中は長く感じられたけど、日が経つにつれてじわじわと良さが増す作品でした。