まいたけ

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のまいたけのレビュー・感想・評価

-
ディズニーリゾートの隣の、という触れ込みから、もっとガンガン対比としてディズニーが出てくるかと思いきや、夢の国があんなかたちで…

先日観た「はじまりへの旅」でもそうだったけど、子どもはどんな環境でも適応してたくましく生きていく…のかな? 一方大人は映画によって覚醒したりもするけど堕ちてったりもしちゃう。現実にはこの方が多いのかも。映画のようにわかりやすいピリオドが人生にあるわけではないし。そういう意味では「はじまりへの旅」のEDが「I shall be released」だったのはピッタリだった。今回はLife goes onってかんじ…ドラゴンアッシュというわけではないけど。

母親のヘイリーを「こいつどーしょーもねーな……」と思いつつもなんとなく憎めなかったのは、あぁここで娘にブチギレるな……といういくつかの箇所でヘイリーがブチギレず、不器用ながらも自分ができる精一杯のことをやってたところ。雨の中二人でキャッキャするシーンとおんぶするシーンは、泣かなかったけど泣きそうになった。

子どもたちのいたずらは度が過ぎてるし、母親はどーしょーもないし、ポップでカラフルな街並みはディストピアに見えてくるし、救いはなくても人生は続いていくけど、どれもギリギリのところで踏みとどまっててそれが魅力的なふしぎな映画。ボビー役のウィレムデフォーもよかったなぁ。あんまり知らんけど。Fanにしときました。

ヘイリー役のBria Vinaiteさんは、インスタ経由で監督に見出された人で、今作が女優デビューだそうです。タトゥーもぜんぶホンモノみたい。

https://www.theguardian.com/film/2017/oct/29/bria-vinaite-florida-project-interview