フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

グランドブタペストホテルみたいな、まずは色彩で魅せる映画
お洒落な洋服屋さんで同系色の服をひとまとめにして陳列させているみたいな視覚的なわくわく感
そのなかで生意気にキラキラ光って遊ぶ悪ガキどもが眩しかった。
子供たちの世界はずっとキラキラしてるのに日常は、現実は変わらない貧困は消えないっていう皮肉がすごい。夢の国に逃げたって子供たちも母親も生活は続いていく。確かにマジカルエンドだけどそれで終わらないからしんどいね。
岩井俊二、である。
教育って尊っい。
子役が相当凄い。
映画好きが考察して楽しめそうな映画。監督のこだわりがたくさん詰まってるんだろうなと、思う。ショートフィルムを2時間を引き伸ばしたような時間感覚。「渇き。」を見た後の感覚に近い。
TM

TMの感想・評価

4.0
なんとも言えない現実の生々しさとカラフルなファンタジー感が織り混ざって、とても不思議な印象でした。

子供と大人たちの距離感が良かったです。

子供目線なので、自分の幼少の頃もこんな感じだったなーってノスタルジックな感覚と、
またそれを見守る'ただの'管理人であるボビーの心配も良くわかる大人にもなってきたし、
ボビーの言うとおり複雑な心境で見つめるほかない悔しさが込み上げました。
色が綺麗だった。
モーテルの壁の色も、母親の髪の色も、リュックの色も、防止の色も、空の色も、みんな綺麗だった。

近所に住んでたら絶対嫌だけど、なぜか嫌いにはなれない主人公親子。
貧困から抜け出す術のなさが、なんていうかしんどいなー。
ankoro

ankoroの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます



とってもむずかしかった
いつか何か起こるんじゃないかと最後まで期待してたけど、ラストは急でびっくり!とりあえず途中で出てきた変質者にさらわれるとか逃げ出した先で大きい道路に飛び出して轢かれるとか最悪の展開を覚悟してたから、穏やかに締めれてよかったかな

一管理人だけどずっとパパのように見守ってくれるボビーに一番心を打たれた
mdyk

mdykの感想・評価

3.0
キッズ最強
早稲田松竹二本立て。
子ども視点で進むからポップに見えたけど、子ども視点だからこそ残酷に思えた。役者さんみんなよかった。子役の子、特に!ラスト急でびっくりしたけど、ディズニーリゾート近くの安モーテルが舞台なんだね、子どもながらの魔法、良いラストだと思った。
フロリダのディズニー・ワールドに隣接する場所にあるパープル色を基調とする安モーテルがあり、そこに住むタトゥー入れまくりの母親と幼い娘がメインの物語だが、安モーテル管理人のウィレム・デフォーの存在感が光る。
この映画で拍手できるのは、カラフルな映像とウィレム・デフォーの行動ぐらいか…。

全編通して観てみると、言葉の悪さ・品行方正さの欠如・怪しい生活などふしだらな面が気になるが、「この先どうなるの?」と思いながら、観終わってしまった。
ラストは良くわからない。何を意味しているのか…?

また、邦題の『真夏の魔法』の意味するところも不明…。
623

623の感想・評価

-
ずっと苦痛で何も感じなかった。今まで観た映画で1番つまんないです。。時間返して欲しい、、、おこ、、、
>|