フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

4.5
全編iphoneで撮影された、インスタ映え抜群ポスター、母親役の女性はインスタでスカウトというこの作品。凄かった。

フロリダ・ディズニーワールドのすぐそばに、ウィレム・デフォーが支配人を務める、ピンクのモーテルがある(行きたい)

ただ現実は、アパートを借りることのできない貧困層の住まいとなりかけている。

そこに住むのが母ヘイリーと娘ムーニーだった。



子どもは純粋無垢で、周りの人間から言葉や仕草を学んで成長する。6歳のムーニーも、母親の口の悪さを完全に受け継いでいた。

マセた言動、仕草、行動。何とも愛らしかったんだけど、きっとそのうち反抗期が来て、捕まるムーニーも容易に想像できる。

ムーニーはめちゃくちゃ人生楽しんでいて、(わたしも6歳に戻りたいな〜遊びたいな〜)なんて思ったけど、大して怒らず一緒に派手に好き放題やる母親の元育ったからこそ、あんなに自由に楽しんでいるんだなと。

ここに「子ども産んだら母親なんですか?」が当てはまって、ヘイリーはムーニーの母親をやっているのか、じゃあ母親をやるって何なのか、と考え込んでしまいました。

貧困・犯罪・子ども…『万引き家族』と近しいんだよなぁ。

フロリダこんな可愛いお店あるの!?って感じに画面が楽しかった。

ラスト1分の演出が好みではなく、台無しにされた!と感じましたが、ムーニーにはどうにか良い子に育って欲しいという願いも込めて…4.5!

ドキュメンタリーじゃないけどね、ムーニーみたいな子は絶対いる。

2018.60本目.
massie

massieの感想・評価

3.9
フロリダディズニーのそばのモーテルに住む貧困層の母娘の物語。
貧困の連鎖から抜け出せず、食べるものにも困る有様でも、ビビッドな色彩で映された子供たちの破顔は、どんなに汚い言葉を使っていようと美しかった。母はどう考えても母親失格なんだけど、最低限の愛は持ち合わせていて、その小さな愛をキラキラ見せられていたのは監督の手腕ですね。
綿菓子とかチャーインガムみたいな色しててほんと子供な感じ。
子役が演技なのか素なのかわからないくらい子供ワールド炸裂してた!
お母さん含めウィレムデフォーやママ友まで大人の演技も素晴らしかった👏

もし今度ディズニー行ったらこの映画思い出していきなり泣きだすかもしれない

なんか最近「ママぁぁあああ!」って叫びたくなる映画ばっか観てる気がする
2018年 81本目

この映画が好きかと言われると
開始数分で「好きとは言えない」となるけど
貧しさから抜け出せない虚しさと
子供達から見えるあまりにも
澄んだ世界の対比が心に刺さる。

この映画と万引き家族がほぼ同時期に
公開されたことに意味を感じざるを得ないし
万引き家族よりもずっと花火のシーンが
切なくて切なくて、手の届かない存在に
思えて、夢の国なんてなくても
子供達にとっては毎日が冒険なんだと
比較的ずっと子供の視点の高さから
映像がすすめられているし、
そんな描写があるたびに涙が滲んだ。

こういう社会派の映画を見て
自分がどう感じるかは、見るたびに
違うかもしれないし、大事にしたいな。
豪太

豪太の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

若い頃に子を産み、職もないままその日暮らしのアリエッティ的なノリの貧しい母子家庭を描いてるんだけど、皮肉にもパープルを基調としたアパートや西海岸のアメリカらしいポップなカラーリングが美しい。

親の影響もあって子も万引きや放火をするようなイタズラっ子(かわいく言うと)なんだけど、演技が本当にうまくて妙にリアルだったし、子は親の背中を見て育つんだなと思った。

物語はほとんどアパート周辺で完結するものの、親と子だけではなくアパートの支配人やその他同居人との会話やいざこざがスパイスとなっていて、見ていて飽きない仕組みにもなっている。

ラストに関しては深い意味合いがありそうでなさそうに取れたけど、

友達のジェシーだっけ、、?が泣いてるムーニーをなだめる手段としてとっさに思いついたのがディズニーに連れて行き、その場しのぎの夢を見させることだったのか、はたまた夢の国のすぐ近くに夢を見れない程貧しい家庭があるという皮肉なのか。

でもまあ美しさの中の汚さって言ったら語弊があるけど、そういうことを映したかったのかなぁと思う。
TN

TNの感想・評価

-
少し寝てしまったが、心にぶち残る
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7
子役の演技が素晴らしかった。
どうやって演技させたのか、そもそも自由に遊ばせてるところを撮ってただけなのか、でもそれで映画を成立させてるのは凄いし、よく出来てると思う。

映像は、カラフルで、空が綺麗なのが印象的。
ムーニーから見た世界は、このようにカラフルで輝いていたのか。
それがずっと続くわけではなく、文字通り、魔法が解ける時が来る。
切なくも、子供が面白い。
また、寂れたモーテルと、綺麗なハリボテであるディズニーランドとの対比が描かれている。

良い映画だった。
最後唐突な終わり方に、キョトンとしてしまった。
ここまで酷くないけど自分もろくでもない両親に育てられたから、観ててところどころ共感したり、その時の気持ちを思い出したりした。子供は良くも悪くも親の影響によって性格の軸がつくられるから俺もほんと苦労したし、まともな人間と関わるにつれ親のおかしさに気付ければいいけど、気付けなければろくな人間になれない。おかしい事が当たり前の環境で育つと、もうその価値観は本人にとって普通だから自分が親や家庭環境、自分の価値観を嫌ったり見直したりするきっかけが無い限りおかしい事を疑う事さえできないから難しいんだよな。周りでも、親に恵まれず、親のおかしさに気付けず大人になってしまった人はちょこちょこいるけどマナーが無さ過ぎて見てて恥ずかしいし、本人も今は楽しそうにしてるけどいずれ後悔しそうな人生を歩んでる人もいるし、親は本当に子供に見られてる自分が正しい姿かどうか常に考えて欲しい。まあ問題のあるような親はそもそも自分を疑うという思考を持ち合わせていない人が多いと思うが。
AkiSoga

AkiSogaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

衝撃のラストが衝撃すぎて。。思わず旦那と「えー!!?」って叫んだ。
期待していただけに。全体的になんか残念だったなぁと。好きな人は好きなのかな?フロリダという町の建物の色使いや、母ちゃんの服装や髪型、タトゥーとかは大好き。ただ!あれじゃあ誰も助けてくれないよって。
子供は産むのも大変だけど、育てるのが一番大変。可愛いだけじゃない。子を育てながら母も育たんと!って思いましたー。
>|