フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

4.5
全編iphoneで撮影された、インスタ映え抜群ポスター、母親役の女性はインスタでスカウトというこの作品。凄かった。

フロリダ・ディズニーワールドのすぐそばに、ウィレム・デフォーが支配人を務める、ピンクのモーテルがある(行きたい)

ただ現実は、アパートを借りることのできない貧困層の住まいとなりかけている。

そこに住むのが母ヘイリーと娘ムーニーだった。



子どもは純粋無垢で、周りの人間から言葉や仕草を学んで成長する。6歳のムーニーも、母親の口の悪さを完全に受け継いでいた。

マセた言動、仕草、行動。何とも愛らしかったんだけど、きっとそのうち反抗期が来て、捕まるムーニーも容易に想像できる。

ムーニーはめちゃくちゃ人生楽しんでいて、(わたしも6歳に戻りたいな〜遊びたいな〜)なんて思ったけど、大して怒らず一緒に派手に好き放題やる母親の元育ったからこそ、あんなに自由に楽しんでいるんだなと。

ここに「子ども産んだら母親なんですか?」が当てはまって、ヘイリーはムーニーの母親をやっているのか、じゃあ母親をやるって何なのか、と考え込んでしまいました。

貧困・犯罪・子ども…『万引き家族』と近しいんだよなぁ。

フロリダこんな可愛いお店あるの!?って感じに画面が楽しかった。

ラスト1分の演出が好みではなく、台無しにされた!と感じましたが、ムーニーにはどうにか良い子に育って欲しいという願いも込めて…4.5!

ドキュメンタリーじゃないけどね、ムーニーみたいな子は絶対いる。

2018.60本目.
う〜ん・・・
可もなく不可もなくかなあ
私にはあまり伝わらなかったです
どこに魔法があるの?

いや、貧乏なのはわかるんですよ
モーテル暮らしの人々
そして近くにはディズニーランドがあるという貧困と富の境界線
子供達はまだそこまでわからない年代だから
無邪気に遊んでます
それはいいんですが
母親の必死さが足りないというか態度が悪いというか・・・
私がご近所さんなら嫌ですねえ
そう感じたからか同情できなかったかな
それでちょっとファンタジックな悲劇のように持っていかれてもねえって私は感じました

同じような日常を延々と特に起伏もなく1時間50分は長かったかな
それであの後味の悪さと中途半端なラストは・・・
たぶん映画館なら途中で寝てたかな

ウィレム・デフォーが1人頑張ってる奮闘してるなあ
それしか感じなかったよな・・・

この映画をいったいどういうテーマで撮りたかったのかいまイマイチわからない
親目線のアメリカ社会?
子供目線のアメリカ社会?
もしくはアメリカ社会全体の縮図?
う〜ん、わかんない
new

newの感想・評価

3.8
6歳の娘ムーニーと暮らす母親ヘイリー。
彼女達は、フロリダにあるディズニーワールドのすぐ近くにある安モーテルで、貧しいながらも楽しく暮らしていた…。

「真夏の魔法」って一体どんなハートフルストーリーなんだ!と見る前の考えとは裏腹にとてつもなく社会派のリアリティストーリーだった。
母親ヘイリーに対しての捉え方は人それぞれ色々ある様だが、個人的にはそこまで悪い母親には見えなかった。それは子供達がとても楽しそうに、そして幸せそうに過ごしていたからだと思う…。最後のヘイリーの叫びも最もであると感じたくらい。
しかし、やはり良い母親であるとも呼べないのも事実であると思う。
親の影響を大きく受ける子供は良くも悪くも純粋である。現にムーニーは6歳とは思えないほど歪んでもいた。
大人が正解を決めつけるのも違うけど、きちんと導くのも大人なんだよなあ…。
中々、考えさせられる話だった。
す

すの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2018年、182本目。

鮮やかな色彩が並ぶフロリダのある場所に見える貧困という現実。
彼女たちの普通が、普通でないと感じるこのズレ。

魔法の王国が生んだ皮肉な現状を知ってしまった。
それでもそこで暮らす子供たちが起こす日々のイタズラや遊びは、ユーモアに溢れ思わず笑みがこぼれる。

暖炉に火をつけようと思っただけなのに、それが火事へと繋がってしまう。
火事現場をバックに写真を撮る時の決まりの悪い思いをしているであろうムーニーのあの表情!こちらまで胸がキュッとなった。
状況は違えど、いけないことをしてしまった…でも言えない!と悶々とするあの時の気持ちを思い出した。

何故アメリカの生活困窮者が減らないのか?その理由を完全に理解しているわけではないけれど、すべての責任はヘイリーにあるとは言えない。

人にとっての富や善意は一体どういうことなのか?
それがこの映画の中で散りばめられているように見えた。

純粋な子供たちに、どうか明るい未来が訪れることを祈るばかり。
こうして言葉で言うと、無責任で軽々しくなってしまうのが悲しい。

ヘイリーの注いだ愛情があったからこそ、ムーニーはあの涙を友人の前で流せたんだと思う。

ウィレムデフォーの安心感。
何も語らずとも、ストーリーが深みを増す。
静かに手を差し伸べる管理人。
悲しいかな、どうしても限界はある。
Nanami

Nanamiの感想・評価

-
2018.10.21
furukawa

furukawaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こんな鮮やかで楽しいもんじゃないだろうがプロジェクト(低所得層のための住宅群)に生きる人の勉強になった。この色彩や楽しい映画になっているのは、子供目線だからですよね、きっと。最後は何となくボウイHeroesのジャスト・ワン・ディ的な歌詞世界を想起。二人にはマジック・キングダムな瞬間だったんじゃないかと思います。

制作費わずか200万ドルとの事。ディズニーに無許可というのもこの映画らしくて良い。
marbo917

marbo917の感想・評価

3.6
色使いが鮮やかでカットひとつひとつが絵になるカワイイ映画。
しかしその反面は貧困を描くも無邪気な表情は返って残酷にも見えた。
みっち

みっちの感想・評価

3.6
親子の楽しそうなシーンを見て、立たされている現状は泥沼でどうやっても抜け出せていないことを考えると余計に直視できなくなりました。
ディズニーの夢の世界の裏に隠された地獄ですね。
ラストのディズニーワールドでの楽しそうな家族の自撮りと、かたや水着を着て舌を出した自撮りの意味合いの違い。

なんか切ないね。
やはり、母親にはイラつくな…
ムーニーも、この親にこの子ありって感じで、子供はうるさくていいんだけど、共感出来ない。
>|