フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

DORATARO

DORATAROの感想・評価

4.0
エンドロールが流れた後の深い余韻。ラストは言葉で表現できぬ!
6歳の少女ムーニーとその母ヘイリーが住むのはディズニーランドの傍らにある安モーテル。暮らしぶりは世間からすれば最悪なのだが、ムーニーにとってはそんな安モーテルだってお城のようなモノであり外に出ればどこでも冒険の場なのです。一貫して子どもの視点で撮られている点、背景を大きく映すロングショットが特徴的。そしてショーン・ベイカー監督の前作「タンジェリン」と共通して対象に寄り添うような撮影術によりドキュメンタリーと錯覚するくらいリアルでした。愉快にカラフルに彩られるムーニーたちの日常とは裏腹にアメリカに数多くいる貧困層の現実を映し出します。圧倒的な子役の演技という点でテーマは異なるも「gifted」に近い感じあり。倫理観を持ち出すなど不届き。感じて下さい。
ギンレイホールで上映中。オーランドの安モーテルに暮らすシングルマザーの母娘の物語。夢の国の隣に暮らしながらも、夢とはかけ離れた米国の貧困層を描いた佳作。オーランドの街並みでの幼い子供達の遊び方が何とも微笑ましく、郷愁を誘います。そういえば、あの頃は訳もなく笑いながら、いつもみんなで走り回っていたなと。半世紀も前の話ですが。主役の6歳の少女を演じるブルックリン・プリンスの演技が驚愕もの。どこからが演技なのか全く判らない。彼女を観るだけでも充分価値がある作品です。ラストシーンは夢の世界に逃げ込むという比喩でしょうか?救いようもない現実を眩しいほど明るく描いているだけに、影の部分が余計に胸に迫ってきます。
「万引き家族」みたいに、世間から認識されてない人々を扱った映画として、その人達の親子間の愛だったり、友情だったりが描かれてるんだけど、そのどれもがやるせなくなるもので苦しさはあった。

にしても、最終的にすがるものが結局ディズニーだったっていうのがなんとも言えなかった。ずっと生活の中でディズニーに依存してはいたんだけど、その生活がダメになりそうって時に最後に頼れるところっていうのが結果ディズニーなんて…。ちょっとファンタジーになっていった上でのディズニーなんて…
jun

junの感想・評価

3.4
貧困層の品のなさに終始イライラしてしまった笑

お金がなくても日々幸せそうだなと思えた前半とお金がないとそうなるよなと思った後半

無邪気で可愛らしいムーニーがこういう環境下で育ったせいで色々な面で苦労するのが目に見えて辛い。貧困の連鎖は止められない。

ボビーが唯一の救いの映画。

ラストのiPhoneで撮影したシーンはいきなりすぎて失笑してしまった。
フロリダには反社会的破滅型のビッチィマミィが生息している。娘とともに夢の国のすぐそばの安モーテルで自堕落かつ傲慢な生活を送っている。

当然、子も親に似る。まるでチビッコギャングの振る舞いに背筋が凍る。ムーニー役、ブルックリン・プリンスの自然で瑞々しい初演技に目が点になる。豊かな表情。これは素のままだ。子役時の芦田愛菜の演技など白々しく見えてしまう。

色彩感豊かでポップな映像美が楽しめる。これが「魔法」の元なのか?ラストのKool&the GangのCelebrationのオケバージョンに併せ、夢の国が迫ってくる。この演出も憎い。

そして、エンドロールが始まった瞬間のこの不思議な余韻は何だ?ファーーーック!
アカデミー賞にひっかからなかったのが謎映画。貧困層がテーマの映画って暗くて色味のない描かれ方が多かった気がするけど、本作はとても暖かく色鮮やかに描かれていて印象的だった。子どもの視点から描いているのも良かった。ブリアヴィネイト演技初めてとか嘘すぎるくらい自然で強烈だった。ブルックリンちゃんの演技もすごすぎたおかげで感動した。ラストシーンも好きか嫌いかは別にして皮肉な感じがして考えさせられた。
cc

ccの感想・評価

3.0
ウィレムデフォー以外の人が皆あまりにお行儀が悪くて、見ていて不愉快になってしまう事多々。
子供達がとってもかわいいので、余計に不愉快になる。
あの環境で育つ子供達の行く末はきっと同じような暮らし。
しわ寄せはいつでも子供にいってしまう。
takaoka

takaokaの感想・評価

2.5
びっくりしました!
何度もそろそろ物語が動き出すかなぁ?と思っていたらそのまま終わってしまった…
ちょっとキツかった。

カラフルで、可愛くて、一見良いのだけれど。
とにかくこんなに無能で無知である事が罪で、かわいそうな終わり方ない。
いりー

いりーの感想・評価

2.8
疲れてるときに観てしまい、すべてが負のバイブスにしか捉えられず……。虚無〜
救いどころって風景くらいでは
>|