フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

DORATARO

DORATAROの感想・評価

4.0
エンドロールが流れた後の深い余韻。ラストは言葉で表現できぬ!
6歳の少女ムーニーとその母ヘイリーが住むのはディズニーランドの傍らにある安モーテル。暮らしぶりは世間からすれば最悪なのだが、ムーニーにとってはそんな安モーテルだってお城のようなモノであり外に出ればどこでも冒険の場なのです。一貫して子どもの視点で撮られている点、背景を大きく映すロングショットが特徴的。そしてショーン・ベイカー監督の前作「タンジェリン」と共通して対象に寄り添うような撮影術によりドキュメンタリーと錯覚するくらいリアルでした。愉快にカラフルに彩られるムーニーたちの日常とは裏腹にアメリカに数多くいる貧困層の現実を映し出します。圧倒的な子役の演技という点でテーマは異なるも「gifted」に近い感じあり。倫理観を持ち出すなど不届き。感じて下さい。
mj

mjの感想・評価

3.0
自由な親子の物語。〜ボビーの日常〜
YOUKI

YOUKIの感想・評価

3.0
子役の演技がとても素晴らしく、ただの日常の様子を写したとしか思えなかった。ラストシーンだけが少し分かりにくかった。
タトゥーありな若い母親と騒がしい娘に最初は感情移入が困難でしたが、徐々におや?と感じる部分が心に継ぎ足され後半は温かくかつ少し切ない気持ちに覆われました。「八日目の蝉」「ルーム」「誰も知らない」などの作品がよぎりながらそのどれでもない不思議な親子もの。ラストはいったいどう解釈すれば良いのでしょう。(早稲田松竹)
悲壮感がなくて楽しい映像がよかった。ラストがチョコレートドーナツみたいになったらどうしようとドキドキしてしまったが思わぬ方向へ飛躍した。
子供や主演が演技をしてる感がなくてすごかった。ダメな母だけど子供に対して愛がある野が伝わるのが切なかった。
Makoto

Makotoの感想・評価

-
足りてねえのはこれだよ〜〜って思った

重めなテーマがポップなビジュアルのおかげで違和感なく入ってきて考えちゃう感じはやられた
無邪気に本能のまま動き、発言するこどもたちに時々イラッとしたり、羨ましく思ったりした。
大人になっていくうちに色々遠慮したり、言葉を選んだりする、制限がいつのまにか増えた。
見守ってくれる人もいるし、きっともっと自由に自分のやりたい事自信もっていんだろうけどなぁ〜なんて事を思ったりもした。

洋画だけど、なんだか日本っぽい内容でもあって、なんだか悲しくて涙とまんなかったぁ
色味が綺麗で出てくる建物めちゃくちゃタイプだったから気になっていたけど、内容が思ったより濃いかったからよかったなあ
とても現実的で私は好き
のあ

のあの感想・評価

-
キラキラしたポスターとは全然違う内容
強烈な映画だった( °_°

すごい眠い状態で見たのに目覚めた
tmyk

tmykの感想・評価

-
2018.11.20 早稲田松竹
>|