フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

Eilleen

Eilleenの感想・評価

4.0
子役の演技が圧巻

ラストシーンに物申したい部分があったけど
色々調べたら納得した

こういう子が本当にいるんだろうなアメリカって
子供は親を選べない 難しい問題です

感想じゃないけどなんか制作費安そう(笑)
ウィレム・デフォー演じるボビーは手を差し伸べてぐいっと引き寄せるような事は(きっとあえて)しないけど、優しくやるせない眼差しがひたすらよかった(鳥にも優しい)。あとは『トリュフォーの思春期』もかくやというくらいの子供たちのナイスショット。
ぶんぶんヘリが飛びまくってる空の下、ディズニーランドの裏側ではこんな暮らしがあるんだなあ。いかにも「映える」空をバックにああいう暮らしが描かれる事がよかった。
ドキュメンタリーみたい
hoz

hozの感想・評価

2.4
記録
とんぼ

とんぼの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

うたい文句が無かったら素直に見れたのに

ハッピーエンドは決して凌いでないし、これからの展開も決して良いものではないと思う

自分が見ただけのままの作品観だと分からなかったが、要はディズニーランドの陰に生きる人達を子供の目線で見ていくというものだった。子供たちは楽しく過ごす貧困生活だが、垣間に見えるのはギリギリの生活。それを子供ながらに察知して事の重要性に気づいてシャボン玉が弾けたように美しかった景色が変わっていく

子供たちにできる限られた解決策がラストの行動なんだろうなと思った。ゲリラ撮影であるとも言われているディズニーランドのシーンや、ディズニー設立計画がフロリダプロジェクトという名であったという裏情報が作品の言わんとするメッセージに深みを持たせるなというのが、振り絞った感想です。

ただ解釈が作品のみで充分に伝えられているかと問われると少し物足りなさを感じた
映画に”何を求めるか”で評価が極端に別れるであろう作品。

中庸な視点。
子供の目線。
常識への眼識。

この世界には様々な「見方」が混在する事に気付く事が出来たなら、これ以上無いくらい最高のエンディングが待ち受けているはず。
うわー好きなシーンめっちゃあるわ、、
・大人が泣くときわかる、ってシーン(はもちろん)
・トップレスおばちゃんを4人で覗くとこ(並んで顔出てるのめちゃくちゃ可愛い)
・ディッキーの引越しでおもちゃ分けるシーン。の、特にムーニー。モリモリ貰ってて激カワ。
・倒れても育つ木の上でパン食べるとこ
・ロビーのガラスにナ◯◯ン貼り付けるとこ笑
・もちろん最後のジャンシーの家前でのシーン

映画の中の可愛い子供ランキング、ムーニーが1位に踊り出ました、サイコー!
な

なの感想・評価

3.0
ムーニー達本当に悪さばっかりして、でもママが大好きで、、、
映画の色がすごく鮮やかで綺麗。
内容は暗い。
色々考えながら観てしまう、つらくなる..でもこの映画をきっかけに貧困層について深く考えるきっかけになる映画。
ただ終わり方が私にはちょっと理解できなくて、色んな解説、解釈を読んだけど、なんか、んーーって感じでした。
ガキうぜー!
低所得とかそんなん関係ないから。
低所得バカにしてる?