フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

おこめ

おこめの感想・評価

3.5
うーーーん
ラストだけだなあ。。
色彩素晴らしいなあ

なんか全然想像してたのと違ったけど、良かったああ……
母親とムーニーが友達みたく仲良いのがまた…グッとくる
toshn

toshnの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カラフルで子供目線のハッピーな映像と、辛い貧困の現実。実際ディズニーランド周辺にこういう環境があることにも驚かされるが、逞しく生きる親子。結局お金がないと幸せにはなれないというのが現実。ラストは幻想的だが泣けて好き。
joerecord

joerecordの感想・評価

4.5
子役、映像、音楽、メッセージ性バランス含めて最高ですね
Shinnosuke

Shinnosukeの感想・評価

3.7
見たかったやつー

フロリダウォルトディズニーワールドの近くの安モーテルに住む「ど貧困」の母娘の話

娘のムーニーはやんちゃすぎる悪ガキさんで、母のヘイリーはまさにど底辺を体で表現したような役柄

ボビーがすごくいい味出してるし

ムーニーのラストのあの感情の爆発は2時間映画見た人ならグッとくるはず

ただ、その後のの意味不明な描写は余計

実際のあの周辺のモーテルは、ヘイリーとムーニーのような生活をしてる人が多くいるそう、、
それは本編で貧困暮らししてる人の脇をディズニーランド行くんだ!客が通り過ぎることで強調されたりしてる

ヘイリーの役の人の貧困感すごくて調べたけど全然作品ない笑笑
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.8
度を越したイタズラをする悪ガキ娘と、大人になれない母親。そりゃあこういう事になるよな…。
周りには良い人も(デフォーとか)いたのに、みんなに噛み付いてしまって何も改善できない。でもそれはそういう風に生きてきたから頼り方も分からなかったんだろうなぁと思うと切ない。
母親と娘の関係性は親友のようで、お互いに対して向ける表情はとても優しかった。変われると良いねえ。
ころぴ

ころぴの感想・評価

2.9
若くて定職につかない(つけない)ママ
愛情はたっぷり、いつも娘と一緒に
楽しい毎日を過ごしている
けれど
育て方は問題だらけ
(´ロ`ノ)ノ
娘のムーニー、遊びの達人
子供達はフロリダの青い空
真夏の日の光の下で
たくましく自由に楽しんでいる

でも
汚い言葉使いや度を越すイタズラは
とても容認できないよねぇ…

モーテルの管理人
ウイレム・デフォー
建物の管理やら、住民のトラブルの対応だけでも大変なのに
この親子に寛大な態度で接する
厳しいけれど優しい人
本当にいい人✴
彼に出来ることは
見守ることだけ…

ずっと中の良かった友達に
見捨てられてしまうのも
仕方がない状況だったよね…

若すぎるママの教育が必要だし
6歳まで自由に育ってしまった
ムーニーの行く末がかなり心配…

彼女達の服装がカラフルで
フロリダの色彩とマッチして
とても綺麗で
暑いのに清潔感が感じられる映像
でも
本来はかなり悲惨だったはずの二人明るく表現されていたのが
良かったのか、悪かったのか…
すぐ近くのディズニーランドの
存在がアンバランスで
よけいに辛く感じた…

ムーニーの涙は可哀想
いつも笑っていたのに…
辛いお話
ママの幼少期も気になりました。
ポスターのイメージとは違ったけど、よかった!ドキュメンタリーのような撮り方に、ドキッとさせられた。
フロリダのキラキラしたハッピーでカラフルな街並みが目を引いた。それとは裏腹に主人公の生活は、金銭的に苦しいもの。でもムーニーは子供ならではの無邪気な心で、すてきな遊びを見つけ楽しそうだった。
お母さんは大人になりきれてなくて、でもムーニーのことは愛していたと思う。最後のほうは祈るような気持ちで観ていました。
たま

たまの感想・評価

3.6
ポップな映像と無邪気な子供たちから終始目を離せなかった
エイジ

エイジの感想・評価

3.3
素晴らしい映画ではあるが、このような題材の映画は、映画の出来以前の思いがどうしてももたげてしまう面倒くさい人間なんだよな…俺は😅

見終わった時に思ったのが『万引き家族』だなって…

弱者と呼ぶには少々抵抗がある逞しい親子。事実、トニーガトリフやダニス・タノビッチが描く弱者とは根本的に違う。そういう弱者から見れば、なんじゃお前ら!って事になるだろうが、でも、毒親に育てられたとなると…やはり彼女らも弱者と言える。

そして、その彼女の子も…弱者の連鎖。負は負を呼ぶ。

どこかで断ち切らないと。



行政が入るのは仕方かない事。これを悲劇と言ってはいけないし…。

親子を引き裂く行政。こんな風に描きがちだが、人間他人事なら言いたい放題…それが世論。

そして世論に敏感な行政。だからブレる。児相の動きが鈍いのはそこからきている。虐待から救えない。むやみに親子を引き離してはいけないと…。

この手の映画が、児相のブレを助長していると言えなくも無いのだ。


しかし、テロを扱う映画なんかもそうだけど、物語として単純に楽しめない偏屈じじいで、我ながら呆れている(笑)
>|