フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

ディズニーランド近くのモーテルの話。
無邪気な子供達の様子が観れる。
s

sの感想・評価

-
子役の子が光ってた。夏に観るべき
最後のシーンのカメラワークスンバラシイ。
ウィレムデフォーの全てを受け入れ守ってくれる感じ。最高に素敵。
ほんと最後にどう捉えるかは自分次第
大人が泣くとこがわかるんだあっていう子役のセリフと演技じゃないような素の目線行きや感情表現。みている側のこっちの感情がザワザワした。刺激でしかない。ここに出ていたすべての俳優さんの演技に感動した。もう正直言葉に表せれないくらいに。素敵な映画と出会った。
芽

芽の感想・評価

3.0
うーん。最後のシーンだけ良かった。
寧々

寧々の感想・評価

3.8
🌷ネット配信サービス

🌷ムビチケ

🌷夢のような場所にある色合いの綺麗なモーテル。
そこは低所得者が多数長期滞在している。

貧困故なのか、親が忙しいからなのか、目の行き届かない場所で思うまま、感じるままに遊ぶ子供達。

子供が子供らしくのびのび遊ぶ姿は可愛くて良いけど、
どこまではしても良いけど、これ以上はダメ!と叱ってくれる大人が少な過ぎて学ぶ場所が無い。

モーテルのオーナーだけがたまに叱ったり相手をしたり見守る程度。

先日観た『マイ・エンジェル』よりは一緒に住んでいたり、友達がいる分、ムーニーや他の子供達も恵まれている気はしたけど、
子供は親を見て育つから、ありきたりだけど、育てられるかどうかの見極めは大切って思う。

手の掛け過ぎで過保護にするのも良く無いけど、完全放置の状態に親は危機感を持って欲しいと思う。
でも生活費を稼ぐ為には仕方がないのかな?

本当に色合いは可愛くて絵になる風景も多かったのが印象的。
ムーニーとジャンシーが二人で虹を見るシーンは可愛くて良かった🌈👭
K

Kの感想・評価

-
こういうナツ過ごしてえな
cameasi

cameasiの感想・評価

5.0
観ました記録。
また書きます。



・よくディズニーが許したなあ。
・でもそんなにディズニーを押し出してるわけじゃないんですよね。観る前はディズニーの光と闇みたいな思想を匂わせるものなのかなとおもっていたんですが。主人公がディズニーに憧れている行きたがっているだとか、ディズニーで楽しむ子供との対比表現を用いているわけでもありませんでした。
・きっとこんな貧困層はアメリカには世界中にだってよくある光景で、それが夢の国のすぐ近くにもあるってことなんですかね。
・だからあえてディズニー・ワールドにほど近いスラムという題材にした意味というか、メッセージは感じられなかった。対比という点で。
・最近の『万引き家族』や、『誰も知らない』を彷彿とさせるものがある。『スラムドッグ・ミリオネア』ほど苛烈ではない。『ムーンライト』とはテーマがちがってくるかな。
・こいうった貧困層の家族を主題にした作品における少年・少女は、大抵、親に反感というか、疑念というか、不信感というか、このままでいいわけじゃないだろうという、啓蒙を持つ人物にしてあることが多い気がするんですが、本作の少女はそういった思想があまり感じられなかった。すごく無垢で無邪気。まだ幼いということもあるけれど。
・すごくこの母親にしてこの子あり、と感じさせる演技をしてくれるんですよね、すごく上手。なにか言われて言い返し方も『ああこの母親もこう言いそう』と思わせる返事をするし、他者に対する反発力が凄まじい。いうなれば下品、誰に対しても口汚く、ちゃんと下流っぽく仕上げてある。
・『枕を汚さないで』みたいな言葉に対して『私の枕をどう扱おうが私の勝手』みたいな応酬をするんですよね。
・そうなってしまうのは親子という環境上、良くも悪くも仕方のない話なんですが、前述の通りこういう作品の主人公ってそういう似てしまうってところに反感する表現が少なからずあるんですが、本作はそれがなかった。母親と離れたくないし、同じ環境下の友達も大好き、ディズニーに行きたいなんて思いもしないくらい、モーテル周辺で遊びつくせる方法をいくつも知っている。お金なんてなくても。
・そういう陰鬱さのないところが本作の大変な魅力である。パステルカラーのモーテルや整備された芝生の鮮やかなグリーン、35mmフィルムのキッチュな色合いと相まってただただきらめいて瑞々しい。テーマに漂うくらい影を和らげてくれる。
・こういった表現に注力するとなれば、ポリティカルな訴求力は薄れてくる。貧困層を扱っただけでお涙頂戴を感じてくれと言えるほど映画媒体に期待してはいけない。だとすると、ラストの逃避行に重大なメッセージ性を託さなくてはいけない。積極的にディズニーを絡めた表現はこのシーンくらいだ。
・唖然のラストではあるが、これはただの遠くへ行ってしまう友達との別れの儀式だ。事情はよくわからないし、けれど友達はこわいくらい怯えている。手を取って逃げる先は見つからないところ、普段なら絶対に行かないところ、だ。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.8
たんたんと話が進む中、夢の国の裏側で起こるひと夏の出来事に現実を突きつけられる、物語に見終わったあとじわっと心に虚しさが残った。
凪

凪の感想・評価

4.3
見終わって感情が渋滞した、
子役の子本当にこういう育ちの子なのかって思うくらい見事なクソガキぶりだったし、
お母さん役の子は監督がインスタで見つけてきたらしいけど、皆演技してるという感じが全く無くて本当に圧倒された
ラストは帰ってお風呂に入ってやっと飲み込めた

大人が泣く時分かるんだあって台詞と
ブチ切れて窓に生理ナプキン貼り付ける所が忘れられない
テーマの重さとパステルカラーの対比が良かった

てか副題の真夏の魔法ってなんだよ
モーテルで住む人々の話。
うーん。言葉にはならない感じですね。否定したいことはそりゃありますけど、みんなそれぞれの精一杯を生きているとしか言えないです。
どんなに辛くても当たる場所(ボブ)があったことを幸せに思って欲しい。どんなエゲツない言葉を吐いたとしても吸収してくれるボブを。
>|