フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

社会不適合者達の日常を垣間見る映画。

演技は子役含め皆んなが皆んな素晴らしい。一度も演技してるように見えなかった。

キャラはリアルで感情移入しやすかった。

撮影は色鮮やかで美しい。

ストーリーは全体的に見心地がいい。日常を映した映画ではあるけど割とちゃんとストーリーがあって良かったです。

ラストだけが残念。
Hina

Hinaの感想・評価

3.0
記録
mochikun

mochikunの感想・評価

2.6
もしバサロバナタリアがこの映画を見たら「私はむしろ逆でミッ○ーより目、天真爛漫な純真そのものの子供たちの目を見て欲しかったわ」というコメントをしそうな映画でした。
もちろんそのコメントの後にジルベッソンが間髪入れずに「エクセレント!」と言うことでしょう。

僕はラスト良いと思いました。
現実から逃れる場所としてファンタジーど真ん中の夢の国へ向かったわけじゃないですか。しかも子供が子供の手を引いて。アニメみたいな実写映画のラストではないでしょうか。
ラスト以外が貧しい環境に置かれている子供の生活を見せられていて、クスクス笑わせられたところもありましたが、フロリダの社会福祉制度とか土地柄みたいのを理解していないと、ちょっと分かりにくいところがあったんじゃないかなと。ですから、僕はフロリダのあれこれを理解していないのでイマイチ伝わっていない部分が多々あるんだと思います。
meyu

meyuの感想・評価

3.4
ラスト、気持ちをぐっと持ち上げてどんっと落とされたような。そんなラストが腑に落ちない。が、ただ、差し込む陽の描写が良かった。それがこの作品そのものと思えば美しい。
自分勝手な親子なんだけど、憎めない無邪気さがある。実際に身近にいたら迷惑でしかないけど、物凄く楽しんでみれた。 
山内

山内の感想・評価

-
ただ散歩だけしている人になりたいなあ
きしの

きしのの感想・評価

4.0
ラストがちょっと残念だった。
sa0riane

sa0rianeの感想・評価

3.5
シンプルに幸せとは何かを考えさせられる。抜けるような青い空、チープな色彩を放つモーテルたちと、どうあがいても堕落から抜け出せないヘイリーに想う歯がゆさの対比が刺さった。
haccabee

haccabeeの感想・評価

3.5
晴れ渡った青い空。どこまでも明るい陽射しのフロリダ。けれど人々の暮らしは厳しい。一瞬挿入された、母親ヘイリーが夕闇にたたずみ煙草をふかす後ろ姿が印象的だった。何をどう踏み違えてこんな境遇になってしまったのか?ヘイリーがシングルマザーになった経緯などは分からない。夏休みということだけれどムーニーたちは学校へ行っている歳では?夏が終わったらどうするのか。子供たちは無邪気に悪さをしながら遊んでいるが…。夢の国ディズニーリゾートのそばで、人々が底辺の暮らしにもがくという状況。モーテルの管理人ボビーはヘイリー親子を見守りつつも深入りはしない(できない)。彼はすべてを解決してくれる神ではない。彼が子供たちに近づく変質者と思しき人物をすごい剣幕で追い払うところ、アメリカ社会の闇を見るようだったと同時にボビーの行動から、良心が生きているようにも感じた。ボビーを演じるウィレム・デフォーよかった。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

3.7
ドキュメンタリーかと思わせるほどの、リアリティ。

彼女たちなりの幸せで愛のある営みの中で、それでも教育や食生活など、無自覚に無邪気に破滅的な日々が進行していく。
それを、悲劇的ではなく淡々と描いていて、他人事みたいな空の青さが印象的だった。

はじめ、他人目線から見える子どもたちは、うるさくて憎たらしくて鬱陶しいのに、映画が進むにつれてだんだん親のような目線で見るようになると、かわいくて愛おしくてたまらなくなってくる。

子どもたちだけの時間の描き方も秀逸。彼らにしか見えない世界があり、そのなかでは彼らは子どもというより、ひとりの主人公としてのオトナだ。

ムーニーがひとりでお風呂に入っているシーンの、恐ろしい演出。だからひとりだし、だから長いし、だから大音量で音楽がかかっている。
あんなに小さな子どもでも、親が何をしているのかは、だいたい理解している。してしまっている。

モーテルの管理人役のウィレム・デフォーが、めっちゃイイ。
>|