フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価・動画配信

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.7

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

MOON

MOONの感想・評価

3.4
まったく明るい気持ちになれない。ラストのムーニーの演技が良かった。
hori

horiの感想・評価

2.0
もっかい見るかって言ったら見ない
msimtk

msimtkの感想・評価

4.3
いたずら好きな子供目線の明るい夏休み映画。その目線からだんだんと背後の問題が見えていく。それでも悲壮感は薄くみせている。
エンディングはゲリラ撮影らしいが、強い印象をあたえる。
C

Cの感想・評価

-
モーテルのパープルとフロリダの空、緑の全景を映しこむ美しいロングショットの数々。汚い部屋の中ですら配色が全部計算されてて、そんな夢のように美しい撮影と内容のヘビーさとのコントラストにやられました。ディズニーランドの一歩外は厳しすぎる現実。
支配人のボビーがちゃんと子供達を暖かく見守ってくれてるんだよな〜
ラストはえっ?となりました…
ちょっとよくわからない…
子供には教育が必要と改めておもった。
ウィレム・デフォーの管理人さんがハマってた。
chizu

chizuの感想・評価

3.0
話の内容を反対に感じさせるような美しい色合いに目を惹かれる
えーなにこれぇ…お金がなくても親子の愛さえあれば!的な内容を期待してたけど全然違った。
開始1時間、とにかく子供たちの遊んでるシーンばっかりで眠気が…(このあたりでもう観る気もほぼ失せてる)
母親はどうみても大人として終わってるし、管理人のボビーが何故ここまで彼女たちに入れ込むのかもよくわからない。
ヘイリーがシングルマザーとしてこのモーテルに行き着いた経緯とかも何も語られないから、彼女の態度に不快感を覚えるだけで好きになれなくて感情移入もできなかった。
ラストまで特に平穏なのに見入ってしまったのはなんなんだろう。
ラストがよかったね。
大人の世界と子供の世界、最後がディズニーランドってのがねー。
粗茶屋

粗茶屋の感想・評価

4.5
ディズニーワールド開発初期のプロジェクト名を冠した本作は、金融危機による不況下“夢の国”の傍ら“どん底”で生きる母娘のひと夏を6歳の少女の目線から描く社会派ドラマ。

大人社会と子供社会のコントラストが見事な名作☺︎

主演はあくまで6歳の少女。取り囲む大人は彼女たちにとって“マジック・キャッスル”のキャストでしかない。

そんな“キャスト”を演じるキャストのひとり、口も手癖も悪い母親役のブリア・ヴィネイトの演技はあまりにも生々しく痛々しく、そして愛らしくてキュートでした。

そしてウィレム・デフォーがもう最高。支配人、隣人、男、そして父のようでもあり物語において誰よりもキーパーソンとなってた。

彼は…ええとケイレブ・L・ジョーンズは『Antiviral』と『 ゲット・アウト』の印象が強すぎたから違った役が見れて嬉しい。
>|