フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

自分のこころの中でもうすこし育ったら★5をつけようと思います
woos

woosの感想・評価

4.2
新宿バルト9にて字幕版を鑑賞。
2018年新作劇場鑑賞46作目。
客席は満席。
テーマ「楽園にある悲劇」
今週のウォッチ作品。

[全体として]
予備知識なく観たので、最初はフロリダにディズニーランドを作る計画を描いた映画だと思ってたら、全然違った。プロジェクトって団地のプロジェクトのことね。。
で、結構暗い話だけど、フロリダの青い空とガキンチョたちの目線で語られるので、それ程暗い感じはなく、ボーっと観てると幸せな映画と思ってしまうかもしれない。
街のカラーや天気が明るくて、ガキ共はテンション高くて勘違いしそうになるが、いわゆる掃き溜めだ。
でも、ゆっくりと流れる夏の時間の中で母娘が追い込まれていく話なので、胸が張り裂けそうだった。
教育と、環境ってやっぱ大事だなぁ。

[良かったところ]
小汚くて、生意気なガキ達だがとても可愛い。
彼らの行動は子供ならではの「低み」が詰まっていて、自分も子供の時子供という立場を利用していろんな悪いことしたなーとノスタルジーに浸れる。
多分微妙に被写界深度を調整して子供の視界を擬似的に作ってんじゃないかと思う。
何故かしつこく入って来るのかがわからないカットが、後半になって「ああそういうことか」とわかる作りになっていて、しかもその内容がやるせない理由だったりするので、その度に「この環境どうにかなんねーのかよ」と思わざるを得ない。
ウィレム・デフォーが気のいい管理人役とは。基本的に殺し屋か寡黙なアーティストの役をやっているのを観ることが多いが、今回の役も中々良かった。
団地にいる低い人々のキャラもよかった。

[気になったところ]
すげー唐突に終わったので、あの後どうなったんだろう?

------------
人を選ぶタイプの映画かも知れませんが、超オススメです。
今年の中で一番好きかも。
子役の演技が自然でドキュメンタリーに近い感じだった。
ラストは少し唐突だと思ってかな…
雰囲気は結構好きな映画。
katohy

katohyの感想・評価

3.6
子役とフロリダの空を見せる映画。
あまり親子に感情移入出来ず。
それでもウィレムデフォーがいること彼立場で物語を見れる。
ノンフィクションの様で、子供と同じ目線の低い位置からカメラワークが印象的。
カラフルでポップな建物、大きな青空に時には虹も出る、場所としてのチカラが強いフロリダ。
「マジックキャッスル」という名の紫色のモーテル、住む人々には魔法がかかる訳ではなく、ひたすらに貧困という現実がある。背景と人物の明暗がくっきりしていて、なんとも言えない、ある種の映像美。

モーテルの人はなぜ追い出されるのだろう?ムーニーはなぜ1人でお風呂遊びをするのだろう?
こういった1つ1つのなぜ?が、救いようのない問題を間接的に表現していて、後々ダメージがくる。

自由奔放な子供たちや住人の中での、管理人ボビーの存在感が大きい。口うるさくもモーテルを見守ってるようで、いいオヤジなんだよなぁ。あとモーテルの中では権限があっても、結局はボビーも雇われの身なんだと思い知る部分があって、私はそこが切なかった。

ラストシーンは、最高に現実逃避でグッときた。魔法なんて最初からかかっちゃいなかっただけに…。
K

Kの感想・評価

4.5
まず世界観が素敵すぎた。あんなのはやっぱりアメリカでしか撮れないだろうって思った。

ディズニーの裏の格安モーテルでの話。
アメリカ人と日本人の価値観が本当に違うんだなってこれを観て思った。母親の姿やシングルマザーの捉え方とか。アメリカのそういう生活面を知った上でもう一回観たいと思えた。

ムーニー役のブルックリンちゃんの演技はあれはもう言葉にならないし本当の日常を観ている気分で作品の中にのめり込まれた。あのような生活をあの年齢で演じきったのは本当に素晴らしい女優だと思う。
Maicecream

Maicecreamの感想・評価

3.7
子供たちの時点で描かれる世界はキラキラしていて、純粋に美しかった。
最初は 日常生活を淡々と出していくだけの映画かと思ったが
ラストに近づくにつれて、その意味がわかるというか。キラキラした可愛い世界観で映しだされながら、とても闇深い作品だとおもう。
ムーニーに変わらず幸せな生活が訪れることを願いたい…!
Raveger

Ravegerの感想・評価

4.3
誰も待って無いないかもしれないけど、お・ま・た・せ!(Creepy nuts/助演男優賞より引用)

はいっ...(賢者モード)

最近は諸事情でドタバタしており、映画を観ることが出来ていませんでした。
久しぶりの映画鑑賞となります。

今作のタイトルにある"プロジェクト"とは貧困層向けの住居のこと。
すなわち、タイトルである「フロリダプロジェクト」はフロリダにある貧困層向けの住居というわけだ。
ジョン・ベーカーは、監督、製作、脚本全てをこなした。また、約七億円程の低予算で、ほぼ全編が彼の十八番であるドキュメンタリータッチによりアメリカの貧困層のリアルを写した。

フロリダのディズニー・ワールドの近隣に位置するモーテルには、アパートを借りられない貧困層がその日暮らしをしている。
主に、6歳の少女ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)と彼女のシングルマザーであるヘイリー(ブリア・ヴィネイト)を中心に、そのモーテルで生活するアメリカの貧困層の姿が描かれる。

ほぼ7歳のムーニーの視点で物語が進行する。
彼女からすれば、毎日が冒険。
まさに"センス・オブ・ワンダー"
友達と遊ぶのも、アイスを買う為に他人から金をゴネるのも、母とホテルの前で香水を売りつけるのも、母と水着で売春用の写真を撮るのも...
全部が楽しそうである。
どんなに貧困でも、とても幸せそうに生きていた。
だから、貧困層を描くからといって、ジメジメしていたり、お涙頂戴展開だったりでいうことも無く、逆に、全体的に明るい印象がある。

その理由として、もう一つに色づかいもあるだろう。
モーテルの"紫"を含め、劇中印象的にパステルカラーが多用される。
ムーニーが友達と移動をする時に、意図的に、"オレンジ"、"水色"、また変わった形の幻想的とも言える建物が画面の中心に置かれている。

その一方で、アメリカ社会の現状が垣間見える瞬間にはぞっとした。
子供達に近寄る変態ジジイ、毎日飛行する軍機、娘がいる中での生計を立てる為の売春行為...
これらがシームレスに日常に溶け込んでいるのが、恐ろしいところである。

ラスト・シーンで、ムーニーは気付き始める。きっと大好きなお母さんは悪いことをしていて、もう大好きな友達とも一生会えなくなることを、そしてこれが現実だということを...
親友であるジャンシー(ヴァレリア・コット)
に別れを告げようとするのだが...
今までムーニーに連れ回された彼女の方が、ムーニーを新しい世界に連れていった。
彼女達はこれから二度と会うことはないかもしれない、
それでも、彼女達にとって最後の一時はまさしく夢の国のようであったのではないか。
ビタースイートな幕切れであった。

P.S
最後のシーンだけiPhoneでの撮影だそうです。

ウィレム・デフォーはグリーンゴブリンの印象しかないけど、めちゃくちゃ良い人やってました。

ヘイリーは社会的に見て母親失格かも知れないけど、ムーニーにとっては最高の母親だったと思います。
あの環境下で、娘に当たったりしていないし、何より二人はとても楽しそうに生活していたので...
あんなお母さんが良かったなぁ笑
なんつて
Tooomooya

Tooomooyaの感想・評価

3.7
社会一般では認められない子育て環境だけど、その中で周りの大人たちのさりげない暖かさとかが妙に響いてジーンときた。
ただ終わり方というかクライマックスの部分が短過ぎて続編あるかと思いながら、、、
Tomoya

Tomoyaの感想・評価

3.4
良かったー👏
母と娘の日常の切り取りを延々と見せられる🤔
フロリダのディズニーワールド周辺のモーテル街ではこんな生活をしてる人がいるなんて💦
貧困層の母子の悲惨で救いようのない物語なんだけど、この作品でカメラを向けられるのは子供たち✨
貧困生活の日時も子供目線で見れば、
楽しくて毎日がわくわくな大冒険‼️
建物、衣装、自然もカラフルで良かったなー
ウィレム・デフォーはもちろんだか、
子供達の演技も素晴らしい😭
ラストも良かった🤔
・・・現実はいつも弱者に厳しい。
子供たちの未来に乾杯‼️