フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

うまに

うまにの感想・評価

4.0
ウィレム・デフォーが黄昏れながらタバコをふかしたり、不審者を追い出したり、鳥を追い出したりするのが最高。
それだけの映画では全くないんだけど、それ以外の要素を言葉にしにくい。
MIZUHO

MIZUHOの感想・評価

4.0
これは台本があるの?演技なの?という映画。アメリカだけじゃなく世界中どこにでもある現実
Mana

Manaの感想・評価

4.5
ムーニー達が可愛すぎた
いかにもアメリカって感じがしたいきたい、、!
ママはダメダメだけど子供は可愛がってて、
もっと裕福でも子供を大事にしない親って多いだろうしなんだかんだムーニー幸せなんだろうなっておもった
私もママが大好き
ボビーはただただいいやつ
名画座二本立て
併映「悲しみに、こんにちは」

アメリカ・フロリダ州。
ディズニーワールドの近くでは、
母親ヘイリーと6歳の娘ムーニーが「マジック・キャッスル」という安モーテルでその日暮らしをしている。

ムーニーは生意気盛りでイタズラばかり。ヘイリーは躾を完全に放棄。

明るいフロリダの太陽の下、ポップというより、人工甘味料たっぷりのお菓子のような建物で刹那的に暮らしている。

段々とその生活は破綻していく。

ヘイリーはムーニーのイタズラを叱ってあげてほしかった。親が叱らないことで、子供は罪悪感を持たずイタズラがエスカレートしてしまう。
併映の「悲しみに、こんにちは」の叔母はしっかりと叱ってくれたので、余計にそう思う。

ヘイリーが決してムーニーに手を上げないところにはホッとしたが。

代わりにモーテルの管理人ボビー(ウィリアム・デフォー)が、子供達を叱り見守ってくれている。

ボビーがいなかったら、このモーテル崩壊しているんじゃないだろうか。

そんなボビーも自身の家庭は上手くいってないよう。

印象に残ったシーン

ムーニーの楽しそうな入浴シーン。いやに何回も出てくるな〜、と思っていたが、そのシーンの意味を知った時のショック。

ムーニーがラストで友達のジャンシーに感情を露わにする。今まで見ないようにしていた現実を直視しなくてはいけなくなる、もう甘いお菓子の家にはいられない、というムーニーの感情の爆発に、初めて本音を見た気がした。この時のムーニー役のブルックリン・プリンスの演技が凄い!

この後のラストは色々解釈があるようだが、私は甘い夢を完結させるための到達点であり、ここから先は甘くない現実だよ、と言われている気がした。

「悲しみに、こんにちは」のラストと見比べてほしい。同じ感情の爆発でも意味するところは全く違う。

今回、この二本立てを企画してくれたキネカ大森に感謝したい。
dancingufo

dancingufoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリーのような作品であり、最後、誰もが親娘は引き離されると予想しただろうが、ラストでは少しだけ夢を残した。

友達が引き離そうとするムーニーを隣接するディズニーランドに連れて行き、観客で賑わうシンデレラ城の遠景で終わる。
なかなか上手い。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
貧困といった苦しさの中で暮らす大人の姿と、そんなことは知らずに無邪気にすごす子供の姿。

舞台はモーテル。どうやらフロリダ州ディズニーワールドの真横らしいのだが、最後になって気づいた。

そのためか、なんだかエンディングが微妙だった。

愛情たっぷりの親子関係や見守るモーテル管理人ボビーのあたたかさは見ていて気持ちよかった。
Mi

Miの感想・評価

3.0
2019.2

夢の国のすぐ側にある貧困

カラフルな色彩は子ども目線を象徴したかのよう
ー感想ー
見事な社会風刺、心が痛みます。でもこの作品の最大の良さはそこではく、一貫して世界が子供視点で描かれいる点ではないでしょうか。舞台はディズニーワールドから1番近くて1番遠い貧困者のコミュニティーとなったモーテル。そんな悲惨な状況を何も知らない無垢な子供を見てるとなんだか観てる私も楽観的に観てしまいそうになりますが、この現実は目を逸らすわけにはいけません。これからディズニーに行くたびにこの作品を思い出してしまいそうです。ラストシーンは少し強引でしたが、監督の強いメッセージを感じました。




ー考察ー
The Florida Projectとはディズニーワールドでフロリダをテーマパーク化しようとする政策のこと(多分)。
この作品ではそのprojectで完全に隠れてしまった半ホームレスとも呼べる人々の生活を描いています。なぜ貧困な彼らが割高なモーテルに定住しているのか。それは安定した収入が無いからだと考えられます。「ん?逆じゃない?」と耳を疑いますよね。貧乏すぎるがゆえに定住できる住まいがなく、その場しのぎでモーテルに泊まるしかないのです。じゃあ働き場所探せばいいじゃないと思うかもしれませんが、職を持ちながらもモーテルに住む家族の姿もそこにあるのです。おそらく最低賃金以下の給与で働いてるのでしょう。
ディズニーワールドに手を回した結果、放置された貧困層。この作品をきっかけに、また新しいFlorida Projectが提唱されることを願います。
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

「隠れホームレス」と呼ばれる人達の日常を子供の視点から、しかも、カラフルでポップな世界観で描いたところが斬新な作品でした。

出てくる子供達は、生意気で、不潔で、憎々しい程に太々しい。
厳しい環境でも楽しんで生きる姿勢にはタフさを感じるものの、正直、あまり可愛いとは思わなかったかな。笑
でも、子供を大人にとって都合の良い存在として描かないところが、リアルだな~と思ったし、「此の親にして此の子あり」といった感じで、親の性格を子供がトレースしてるのも面白かったです。

母親のヘイリーは子供目線になって一緒に遊んだりもするから、子供に懐かれるのは、すごくよく分かる。
でも、それは逆説的に、彼女の幼稚性や責任感のなさを表してもいて、彼女自身もまだ子供なんですよね。
ムーニーの生活や安全よりも、自分の感情を優先させてしまい、ムーニーを危険に晒してしまう事が多々あり…。
やっぱり親になる以上は努力して大人になる必要があるんだなと思いました。

映画の後半、親子は離れ離れにさせられます。
あれだけ見ると、「福祉の人間は酷い!」と思いがちですが、ヘイリーが今後も安定して子供の面倒を見続けられるとは思えません。
そして、親がネグレクトを起こすとどうなるか…というのは、是枝監督の『誰も知らない』を見れば分かると思うので、興味があれば見てみて下さい。

ヘイリーは褒められた親ではないし、ムーニーも憎たらしいガキです。
でも、彼らの事が嫌いか?と問われると、決してそうではありません。
ヘイリーはヘイリーなりに、ムーニーとの生活を守ろうとしていたし、ムーニーもムーニーなりに、厳しい現実に負けない様に生きてきた。
本作は貧困だからと言って、彼女達の闇だけを描くのではなく、光も描いている…だからこそ、彼女達の心に寄り添う事が出来るのでしょう。

ラストに用意された展開。
個人的には『ラ・ラ・ランド』に近いフィーリングを抱きました。
現実は違うかもしれないけど、せめて夢の中では、映画の中では…という願いの具現化。
それと同時に、あれはムーニー達の掛け替えのない日々を象徴していたのかもしれません。
テーマパークの外側であろうが、内側であろうが、彼女達の思い出や友情の輝きが変わる事はないのです。
3ca

3caの感想・評価

1.8
淡々としてるし展開に大きな波があるわけでもない。納得もあんまりできるラストだと思えなかった。よくわからん…
でも理解できないのは、自分が平々凡々と育ててもらってきたからなんだろうな