フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

となみ

となみの感想・評価

3.7
感想として間違ってると思うけど、見終わった後味はホラー映画見終わった時のそれ…なんじゃこりゃ!!
極彩色の色味は好きです。
あと出てる役者もみんな素晴らしいです、特にウィレム・デフォー!
カニ

カニの感想・評価

4.2
空の青さ、紫のマジック・キャッスル、主人公ムーニーのTシャツ、母ヘイリーの青い髪、明るすぎる色彩の中で子供たちは毎日楽しそうに遊び続けてるけど、どうにもならない貧しさがどんどん際立ってきて、画面が綺麗な分めちゃくちゃ息苦しくなっていく。観ながら『誰も知らない』を思い出して、あとでパンフ読んだらやはり監督が撮影中に参照していたとあって納得。
「プロジェクト」ってブロンクスとかにあった貧困層向けの団地がそう呼ばれてたよなー、と思ったら、それだけでなくフロリダ・ディズニーワールドの当初の企画名らしい。なるほど。
そんでもってウィレム・デフォーが最高!!!
フロリダ・ディズニー・ワールドの近くにある安モーテルで暮らす母子の話です。
まあ、レビューするのが難しい作品ですが、見ていて何ともいえない気持ちになるシーンが多いです。

冒頭から悪ふざけがすぎるムーニーと友達、それを見ていて何も言わず談笑している母ヘイリー。それから貧困層である彼女らの生活が徐々に明かされてきます。

唯一の救いはムーニーら子供達は何も知らず無邪気にモーテルを中心に遊んでいることです。
ムーニーがお風呂に入っているシーンは見ていると何だか悲しくなりました。

ラスト、あの状況下で走っていくムーニー達の行く末が少しでも明るい未来であればいいと思いました。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.5
ちょっと期待しすぎちゃったけど、ムーニーちゃんの演技力はすごい
Mii

Miiの感想・評価

3.5
ムーニーが泣いてるとこ見るとクソガキでも守らなきゃって思う。
守るべき存在なんだな、って再確認させられる。

これはかなり複雑な心境になる映画で。
矛盾だらけだし。
母親としてのムーニーへの愛は確かにそこにあるのに。
人としてやってることはめちゃくちゃだ。
なんだかやりきれない気持ちになる。

もっとハッピーな映画だと思ったら…ね。

難しい。モヤる。。。
RYOKO

RYOKOの感想・評価

3.6
マジカルエンドとか書いてあったけど、なんだこの終わり方は
オチから逃げて終わり?
yuta

yutaの感想・評価

3.6
コメントによくある通り、ドキュメンタリー調で映画って感じがなかった。現実としてあのような実態があるのだろうと思いつつ、映画としてのこの作品のポイントが最後までつかみきれなかった…
margarita

margaritaの感想・評価

4.0
自分はアメリカの夏を過ごしたこともなければ、モーテルで暮らしたこともない。

だけど、とても懐かしいものを感じた。
時間を持て余してる感じや
あっつい中外で遊んでる感じ、
カラフルな服装。
(その中の一部はきっと、違う国に旅行した時、あつーい中でやることもなくグダグダのんびり過ごした空気と似てたのかもしれない。)

国は違えど、
子供って同じなのだと思う。
というか、人は同じだと思う。

子供にとってはなんでも冒険みたいで楽しいのだろうな、と思った。
クソガキなんだけど、本当にクソガキすぎるんだけど、本当に楽しんでるんだろうなって思う。

でも自分が仕事してるところに子供が遊びにきても、優しくできないだろうな〜〜と思った。笑

すごーくフロリダの夏感を感じることができてよかった!
子供にとっては、今見えているモノが全てで、それが楽しいのか楽しくないのか、それが世の中を図る尺度である。そこから見えないモノへの興味を抱き、時に失敗しながら新たな世界の魅力を自ら見つけて行く。
自分の母親がどれだけ荒れ果てていようとも、自分に向ける愛情を感じ取る事が出来ればそれで良い。枕で指を拭くなと注意されてイラッとしても、ほっぺにキスを貰えれば全てはチャラだ。

大人は、目に見えているモノから、見えないモノを想像して世の中と関係していく。
逃げる必要を感じ取れば逃げなければならないし、自分の子供であろうが他人の子供であろうが、それらを守る為には先ず自分を守らなければならない。その塩梅を人生経験が後押しする。

本作の母親・ヘイリーが取る荒くれの数々は、決して生活に伴う責任の放棄ではなく、逃避の様に感じた。言動や行動の数々はとても大人とも人の親であるとも思えないが、5歳に満たない(様に見受けられる)娘・ムーニーを独りで育てて行く為には必至に自分の中のバランスを取って行かなければならないのだ。

ムーニーが友達を連れて様々な場所へ潜入していく様は、彼女が未だ見ぬ場所への興味を膨らませ「早く大人になりたい」という願いを表した行動に思えた。
一方でヘイリーの取る力ずくの言動や行動は、そんな子供から受けた憧れや嫉妬から来ている様に見えた。

早く大人になりたい。
子供の頃に戻りたい。
双方の願いは、抱く動機は違えど本質は変わらないのだと思った。

世の中には様々な『対』があるが、それはどうも裏と表、隣り合わせの様なモノなのかもしれない。
そう思えば、本作から世の中へ対する希望が見えてきた。
ポップな感じを想像してたけど全然違ったw笑
内容はかなりシリアス。
ドキュメンタリー映像を見ているかのようなリアル感が凄い!
終始ボビーお疲れさまと言いたくなる笑