フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

kei

keiの感想・評価

3.9
ショーン・ベイカー、決して脚本が上手いとは言えないが、人一倍のセンスと熱意を感じるんだよね。ウィレム・デフォーが良かった。
Rumi

Rumiの感想・評価

3.9
何が本当の幸せなのか、それは外野にはわからないし、勝手に決めつけてはいけない。

かなり社会的な映画で、考えることがたくさんありました。
ラストで涙腺崩壊、夢の国に逃げよう。
mtzn

mtznの感想・評価

3.8
子役の演技が素敵、というよりほんとに演技なのか?ドキュメンタリーじゃねえかってくらい子供こどもしてる。

基本的に住んでるとこは治安良くないし、変態は来るし、近くで車が猛スピードで走ってたりして危険、母さんも悪いことしてるのに、ちょっと無邪気で楽観的過ぎるくらい。管理人もなんだかうるさいおじさん。
でも楽しそうでいいなあとか思ってたけど、ラストで「あらま、こりゃ思ったより大ごとだぞ」ってなった。
気づけば俺もずっと子供目線だったな。

きっとこの子供を取り巻く現実は、もっとずっと厳しい。それでも無邪気に楽しめる子どもらしさってのが、羨ましくも切なくもあった。
何かが変わるわけでも、誰かが成長するわけでもなく、ただモーテルで暮らす親子の話。これが現実っていうのは凄く分かるけど、最初の5分でどういった生活してるか想像つくし、わざわざ映画にする必要があるのか…。子供の使う英語は正直で、使うワードや喋り方でどういった環境で育ってきたかすぐ分かってしまう。

ただ主役の女の子の演技が自然体ですごくいい!
ぺろち

ぺろちの感想・評価

4.0
すごく色々考えさせられた。
一見カラフルで夢のような生活なのかと思いきやあの現実……… お母さんの救いようのない感じがいたたまれなくて、、
あのような生活でも2人にとっては幸せだというのがすごく響いた。 幸せとは他人に決められるようなものではないのだなあと。
ヤット

ヤットの感想・評価

5.0
ずっーと観たかった作品、遅ればせながらようやく観れた。
やー、素晴らしかった〜
個人的には今年のベスト級の一本ですね〜
nogsing

nogsingの感想・評価

4.7
悲惨な境遇の親子のお話だけど決して暗くなく、 プリミティブなパワーと勢いに満ち満ちて気持ちがいい。

子供目線による真夏の風景と鮮やかな色遣いが素晴らしい。だけどやっぱり底辺の家庭を描いているので、ポップさで隠しきれない哀しみが滲み出ます。その絶妙な匙加減。

何よりも特筆すべきは子役の演技。これは演技なの?と思ってしまうほどナチュラルで驚く。

エンディングは賛否分かれそうだけど、僕には最高のものに思えました。
きよこ

きよこの感想・評価

3.9
カラフルでポップなキャンディーのようなポスターに惹かれて鑑賞。まんまと裏切られ、あずみんさんと同じく「万引き家族」を観たあとのような感覚に陥ってしばらく思考停止する。皮肉たっぷりの題名だと知り、現実の厳しさと未来への希望が見えなくなる。

ウォレム・デフォーまじ最高。スパイダーマンの悪役の時からなんか好き。今作もいい人なのか悪役なのかずーっと気になって仕方なかった。管理人としての距離感が素晴らしかった。


映画はいたずら好きの子供たちとその母親の日々の生活を延々とみせる。ちょっとイラッと感じたり、母親の事を不可思議に思ったり。特にお風呂のシーンは好きだった。でも何度も繰り返されるシーンと音楽の意味を知って、正直唖然として深い悲しみと怒りがこみ上げていた。

子供は楽しいことをひたすら求める。この母親も楽しいことを求め続ける子供みたいな大人だ。子供にとっては、楽しいから母親が好きで仕方ない。だから真似してしまう。それがステイタスでもあるのだ。

でも子供は知っている。親が出来ないのも甘いのも知っている。親の様子をしっかりと観てるんだ。だから母に対してわがままは言わない。世間に対して大人びて屁理屈を並べてみたり、生意気な口を聞いたりするけど。ムーニーは母親のヘイリーには一度も反抗しなかった。ふざけてみせて楽しいことを求め続ける事が一番幸せだと悟っているのだろう。

あの涙は嘘なく心を撃ち抜いてきた。そして、爽やかに疾走する結末は好みだった。母親の一人としては、ムーニー達の幸せを願うばかり。。。
ムーニー役の女の子が凄い。信じられないくらいに自然。

ウィレムデフォーもとても良い。

生活は厳しいのに、温かさが伝わってくる不思議な作品。面白かった。
maomei

maomeiの感想・評価

3.9
タンジェリンが好きだったので。カメラが映し出すビビッドな色彩感とは裏腹の夢の国の外れ。その日暮らしのシングルマザーと子供たちの姿は、決して子育ての模範的推奨的な姿ではないだろうけど、彼らはそれでも生きていく。決して誇れるものではないかもしれないけれど、とても不器用なだけで子供たちへの愛は真っ直ぐだと思った。ずっと胸のつかえみたいなものを抱えながらの鑑賞、ラストの疾走感はとても心地のいいものだった。ウィレム・デフォーの仕事が光る。