フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

ひ

ひの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンでムーニーが初めて子供らしさを見せて、本当にこの子はこれまでグレてたあの子なの?と思わされる迫力に感動した。

その後は呆気に取られている間に終わってた。
PEPE

PEPEの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

優しく心をえぐる、すばらしい作品。子供から観た世界を、まざまざと、観せてくれる。タダで食べられるアイスクリーム屋も、新しい住人も、そして母親の売春も、“子供の目”からの光景が映し出される。いつのまにか、のめり込めんでしまった。
母親、愛らしい人だった。自分で愛せる範囲で子供を愛していた。その範囲が、違法だったり、他人に迷惑をかけたりするけど、彼女なりに範囲は広く愛そうとしていた。
それだけに、別れのシーンは、つらい。
いい作品。
satton

sattonの感想・評価

3.9
プロジェクト=公共住宅。実際は、そこにすら入れないモーテル暮らしの母娘が描かれます。
貧困という重いテーマを扱っていますが、子どもの目から見た世界はマジカルで美しく、とても好きな雰囲気の映画でした。
個人的には最後の最後だけちょっと残念…
かおる

かおるの感想・評価

4.5
映像の色使いが最初から最後まで好き。

ムーニーとヘイリーは確かに親子だし誰も邪魔できない。ボビーは厳しいけど優しい心の持ち主。

大人の世界と子供の世界は同じところにある。

夢の世界で生きていければいいのにね。
こう

こうの感想・評価

4.3
ディズニーワールドのすぐ近く、カラフルでキラキラとした映像が貧困層の生活を一層際立たせる。
かといって寂しいだけの映画じゃなくて子どもの楽しさが詰まってる。
ラスト、ハッピーエンドでもないし感動するわけでもなかったんだけど鳥肌がたった。

ウィレムデフォーの演技はもちろん、ブルックリンプリンスが本当に良かった。
Mai

Maiの感想・評価

5.0
とってもよかった、、、、、、めちゃくちゃいい終わり方だったなぁハッピーエンドではないのに。とにかく子供たちがかわいい、英語が超かわいい笑
日本のバラエティで「貧乏だけど幸せ!」なんて言っていたりするけれど、実際はそんなことはない。他のことで気を紛らわせたとしても、貧しさとは常にそこにあって、気の持ちようではどうにもならない現実として伸し掛かってくる。

きらびやかな夢の国、ディズニーワールド。その周辺はディズニー需要にあやかろうとしたようなファンシーな店舗の残骸や、貧困層ばかりが住むカラフルなモーテルが立ち並んでいる。そこに住む母と娘が、この物語の主人公。

残念ながら、母のヘイリーは子供がそのまま大きくなっただけのようなクソ親で、その娘・ムーニーはそんな母親のDNAに無邪気さも兼ね備えた立派なクソガキである。母娘揃って人に金や物をねだったり、母はぶっちゃけアウトな仕事をしたりしている。つまり、ド底辺だ。

しかし作中のビジュアルは決して暗くはなく、むしろカラフルで美しさすらある。ムーニーの目を通して描かれる世界は夢に満ちていて、彼女にかかれば牛が放し飼いされている牧場?もサバンナになってしまう。そんなムーニーとともに無邪気に遊ぶヘイリーの姿も、とても幻想的で微笑ましく映る。

だが、この話の舞台は現実だ。
「貧乏だけど幸せ」という言葉は確かに聞こえが良いし、子供からすれば空想次第で苦境でも楽しく生きられるのかもしれない。しかし現実の問題はどうしたって消えることなく横たわっていて、空想なんてただの「逃げ」でしかない。
それを象徴するかのように、映像まるでドキュメンタリーのように淡々としていて、BGMも流れない。

ムーニーが子供らしく遊んでいる姿をバックに、家賃すら払えないヘイリーの苦悩や憤りの声が聞こえるシーンもある。
特にムーニーをお風呂に入れている間にヘイリーが「仕事」をしているシーン。
「大人が住む現実」と「子供が住む空想」の2つの世界が常に隣り合ったまま進んでいく今作を象徴する場面かもしれない。

終盤、ムーニーは子供ながらに自分が立っている場所が大人達のいる現実と地続きだということを知ってしまう。
そしてラスト、ここで実質初めてのBGMが流れる。ムーニーは向かったのは、現実だろうか?夢の世界だろうか?


ここまでで一言も触れなかった人物がいる。ウィレム・デフォー演じるモーテルの管理人、ボビーだ。
雇われ管理人でどうやら妻子とは距離があり…と順風満帆な人生ではないものの、モーテルのやんちゃな子供たちに顔をしかめながらも危険がないよう見守ったり、ヘイリーのような問題のある住人も決して見捨てることができない。そんな「善良な小市民」っぷりは、主人公の親子以上に観客も共感しやすいはず。
そんな彼の
明らかに確かだったのはヘイリーとムーニーはちゃんと家族だったこと。
上旬

上旬の感想・評価

3.7
泣ける、幸せになれる、じゃなくて考えさせられる。貧困層の暮らしや悪循環、親子の愛情も垣間見える。パチモンディズニー感が面白かった。「マジックキングダム」ならぬ「マジックキャッスル、「トゥモローランド」ならぬ「フューチャーワールド」とか。間違えて来ちゃうカップルのところ、笑っちゃうんだけどムーニーの言う一言がさりげなくも重いとか。よく考えられている映画だと思った。
CK

CKの感想・評価

3.4
貧乏なシングルマザーと娘の日常という題材は好きなんだけど、もうちょっとストーリーに刺激が欲しかった。
子供が主役の映画は好きなんだけど、ムーニーが悪ガキすぎてげんなりした。
そういうとこも含めて、多分すごくリアルな映画なのだと思う。
母と娘の関係性がいいところがすくいだった。
終わり方、劇場中がポッカーンとしてた。