フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

sat0mi

sat0miの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

高校生のとき私を引き立て役にしようとがんばっていた女の子と同じ笑い方をするヘイリーのこといやだった

だから貧しいのよ

ラストが最悪すぎてびっくりした
信じられない
こんなに最後だけが最悪なの。なにも言えなくなっちゃうよ
ムーニー達が遊びまわる様が本当に楽しそうで愛おしい。悪戯や遊びの一つ一つが見てるだけでこっちまで楽しくなってくる。「おおかみこども」の雪ちゃんが小さい頃に転げ回ってたのと似てる。ずっと見ていたかった。
全編通してムーニー役の子の演技は演技を感じさせずに凄いなあと思った。特にラスト、完全に持ってかれた。
そしてデフォー演じるボビー、モーテルの子供達のことを本当に大切にしてて愛してて、その分ラストの挙動を見てると辛かった。かっこいいよデフォー。
YK

YKの感想・評価

3.6
ただただフロリダのあるモーテルの日常。これがどこまでリアルなのかわからんけど

終わり方が唐突にテイスト変わりすぎて嫌いやったなあ
390239

390239の感想・評価

3.7
フロリダのディズニー近くの安モーテルで、ファックユーな家庭に育つ悪ガキどもが、厳しい現実をそのまま受け入れ、大人には悪態をつきつつも、底抜けの明るさと逞ましさで、天真爛漫に跳び回る屈託無い姿に、目を奪われました。
子供達がキラキラした瞳で繰り広げる意表を突く悪戯の連続は、危なっかしくハラハラしっ放しで、目が離せませんでした。又、そんな子供達に対し、モーテルの管理人のウィリム・デフォーが、一見厳しく突き離しながらも、実は、子供達や住民を守ろうと目を光らせている愛情溢れる人物で、その存在感が良い味を出していました。
え? あんな終わり??



あれ?貧困層の親子が隣のディズニーワールドに憧れてる話かと思ってたら、
ただディズニー横のモーテルが舞台なだけで、
ディズニーに来る富裕層との対比もそこそこで、
てゆか別にディズニー関係無いじゃん。
むしろ最後は何故インできたの?なんて唐突な!?!?



んーーーーー

まぁまず、あのくらいの子どもは見てて懐かしくなっちゃうなぁ。
手を繋いで走り出すところとか、繋いだ手が頼りなくて可愛い。
雨の中で「どうしてこんな冒険に連れて来たの?」なんて友だち同士の会話が可愛いかった。

夏休みだって言ってたけど、
あんなその日暮らしで学校はちゃんと行けてたのかしら??
入学前の夏休み?…あれ?でもアメリカって幼稚園も義務教育じゃない??

別に自分は品行方正でも礼儀正しくもないけど、
柄の悪いのは大人も子どもも苦手かな~( ´△`)
普通にしてたらいいのに、と思うわ
あの人たちにとっては「普通」なんだろうけどさ。
特に子どもにとっては自分を取り巻く環境が全て。
ムーニーはどこまで理解ってたのかしらねー?
子どもだからこその純粋さと無邪気さとズルさが見事だったわ~。

貧しくても心は豊かだったと思うよ。
でも私は児相が介入してきたのは当然だ思うよ。
むしろ遅過ぎたくらいでしょ。
あの年齢だけを見ると親と引き離すのは可哀想に思うけど、
きっと長い目で見れば良かったと思う。

だってねぇ
いくら我が子を愛する気持ちがあろうと、
客観的に見たら虐待でしかないよ?
善悪と最低限の礼儀も教えず、犯罪の片棒まで担がせ、
人として最低限度の生活を提供できないのは育児放棄と一緒だよ。。

あの母親はさぁ、
自分なりに子どもを大事にしてたし、自分なりに頑張ってたけど、
ちょっと現金手にしたらすぐ買い物とかで使っちゃうところなんかがダメダメでしたね。
ホームレスの典型じゃん。

でもムーニーに暴力奮って引き離されたわけじゃないから
きっと面会とかできるだろうし、
子どもが保護されていれば日勤できるし、安定した収入があればどこかで部屋を借りられるだろうし、
環境が整えばまた親子で暮らせる可能性もあるんじゃないの?

頑張れ、ヘイリー!
FumikaTani

FumikaTaniの感想・評価

4.0
1シーン1シーンが写真として成立しそうな美しさで醜く吼えたてるヘイリーの歪んだ顔さえも美しく思える。
ディズニーワールドの裏側に暮らす貧困層の人々たちに寄り添うモーテルの雇われマネージャーに、普段はそこに滞在しない上司が押し付ける要求。この構図は、金を持ってる政治家に生活に苦しむ人達の気持ちなんて分からないと言うことを示唆している様だった。
立ち行かない大人世界にいる
キュートでわんぱくな子供
ドキュメンタリータッチで
壊れそうな なんか心の奥がざわつく感じの
色も景色も建物も、静止しているものが鮮やかで 寂しげな世界もよかった。
ムーニーの子供らしい顔、たった一回だったあのシーンがすべてな映画だった。
りおる

りおるの感想・評価

3.2
とても微笑ましく、そしてこの上なく残酷な映画

この親子の絆には美しさすら感じます。
子供視点から描かれる今作の作風や色鮮やかな描写もかなり好みでした。

そして、ウィレム・デフォーの演技が素晴らしすぎる。
ゴブリンのコスチューム着て蜘蛛野郎を追いかけてるイメージしかありませんでしたが、今作で大好きになりました。
えばら

えばらの感想・評価

4.0
「え!ディズニー出て来るし、色キレイだし観よ!」って感じで観賞したギャルを全滅させる、色々深すぎる映画。
正直まだラストカット解釈が出来ない。
いまむ

いまむの感想・評価

4.5
「プロジェクト」…貧困層の為の共同住宅地。調べてみると犯罪歴などがあるとそこにすら住むことが出来ないらしい。

そんな事情があってフロリダのディズニーのはずれにあるモーテルに月1000ドルで入居している主人公。
麻薬のやり取りがされていたり、車で人が跳ねられる様を嬉々として眺める入居者達がいて、時には子供達が遊んでいる所に不審者が近づいてきたり。。。

ここまで聞くと暗い映画の様だけど、鮮やかな色彩や、カメラワークも低く、明るい子供の目線で進行するストーリーが明るい映画に見せている。実際、笑えるシーンは他の作品の比にならない程多い

色々と問題はありつつも、娘にはなんとかそれを感じさせまいと明るく振る舞い必死に生きる母親。それを理解して厳しく取り締まりつつも最後の手段は決して取らない支配人。

友人は否定的だったけれど、メッセージのこもったラストは観客を全員同じ感覚にさせていたと思う。
あのやり場のない空虚感がアメリカの格差社会を描く作品として最後に観客の心に残したかったメッセージなのかなと思った。