フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

記録

記録の感想・評価

4.3
フロリダの子供たちの日常
毎日が同じようなことの繰り返しで何も変わらないようでいて、実は日常という物語はゆっくりしっかり、確実に進んでいる

そういう意味で言えば(撮り方のパターンや色彩の美しさもだけど)物語の進み方が少しパターソンに近いものがあるかもしれない

観る前に目に入った感想の中に、「この映画のために集められたとは思えない子供たちだ」というのがあったけど、正にそう。

ラストで涙が止まらなくなってしまった。どうしてあんな演技が出来るんだ、、あそこを観るためだけに 何度でも劇場に通いたい。とにかく子供たちがサイコー
あゆみ

あゆみの感想・評価

4.1
誰の目から見ても決して誉められた母親ではないけれど、それは本当に全部、彼女だけの責任だと言えるのか。
定職に就いて、日々の暮らしが安定していて、子どもにまっとうな教育を受けさせる。そんな最低限の当たり前さえ、魔法でも使わないと成し遂げられない。
過酷なリアルを直視して、凄まじい疲労感が残った。この重みこそが、作品の価値であり、平等に背負うべき社会の責任の重さなのだと思う。

本筋ではないが、子どもには暇を与えることが必要、という意味がよくわかる作品だった。有り余る想像力とエネルギーで、どんな場所でも遊び場に変え、シビアな環境にもユーモアを生み出してしまう。子どもの存在にはいつだって夢を見ていたい。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.8
暇を持て余す子どもたちが悪さをしながらも楽しく暮らす話かと思いきや、徐々に見えてくるこの家族の生活結構ヤバいんじゃないかと思わせる脚本が巧み過ぎる。管理人が、決して手を差し伸べることを許されず、そこに存在することだけが彼等のためにしてあげられることという公的な立場として絶妙だった。
ラストは現実からの逃避でもあり、周りの楽しそうな人間たちと比較してしまうとやはり逃れられない現実でもあることを際立たせている。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
当たり前だけどサウスのラップがいちいちかかるのにあがったし子供が中心な話なのは分かるけど夜遊びっぽいシーンもっと詳しく見たかった。
普通にお母さんたち男が放っておかないと思うんだけどその辺はどういうことなんだろう。
あとお母さんの被ってたここでウィード吸っていい?て書いてあるキャップはグッズとして売って欲しかった。
中間色の画面もまじ切なさに拍車をかける。
しかしラストシーンはイヤそれ解決ならないでしょと思って暗い気持ちになったし日本の国道沿いもそうだけどあの馬鹿げた外観の店とか見るともう1,2代上の人らが私利私欲を極めた結果いまの世代にシワ寄せが来てんじゃんと思ってくる。
その一方でマジメに生きたデフォーさんはクビに怯えてるわけでしょう。
やんちゃな子供たちが駆け回りイタズラしては怒られ、眩しいほどの子供達の笑顔に溢れる一方で、その環境に苦い顔をして見守る大人たち。この対比がとても切なかった。

パステルカラーでカラフルに彩られた世界は子供たちだけに見える風景。貧困家族が行き着いた安モーテルの管理人は助けてあげたいが、何もしてやれないもどかしさ。管理人を演じたウィレム・デフォーの眼差しがとても心にグッときた。

子供たちのイタズラが本当に微笑ましい。しかし、時折現れる黒い影が生々しく、アメリカの実情を物語っているのかもしれない。

母親の愛は伝わっているはずなのに、現実は厳しい。やっぱり大人も成長しなければいないんだ。子供たちに悲しい思いをさせないためにも!

この映画のラストは飛躍でおわる。
パンズラビリンスのラストを思い出して何とも言えない気持ちになった。

子役の演技がとんでもなく凄いが、個人的にはウィレム・デフォー!
最近観た映画のなかでもベストアクトだったと思います!

大傑作!
Yoko

Yokoの感想・評価

3.9
子ども達のキラキラした笑顔、いたずらっ子な企み、うるさくてにくたらしくて、ただ可愛らしくてたまらない…なのに、彼女の生きる世界がツラくて、救いがなくて、一直線に破綻に向かって行くのが苦しかった。
でも、最後に思い出した。フロリダが舞台なんだって♪
どんなに現実が未来がクソでも飛び込めばいい「夢の国」がある。
夢が永遠に続きますように…
nooch

noochの感想・評価

4.3
ショーンベイカー監督が好きな人は見るべき名作。
タイトルも皮肉が効いてて最高。役者も脚本も構図や色彩も最高。
ディズニー、というかハリウッドに対するショーンベイカーからの挑戦状でもあると勝手に解釈する。
あ、これが?去年くらいにとうとう全編iPhoneで撮った映画が出来たらしいって話題にしていた?あの映画なの?
ということを後になって知った。
冒頭のパープルピンクの壁に映える子供のTシャツから入って、なんだこのフォトジェニックな感じは、なんだこのインスタ映えは、と思っていたらそういうことね。
本当に景色は美しいのですよ。
嘘っこの夢の国の近隣モーテルもアメリカの空も子供達が着ているTシャツも虹も。
時に奇跡的に思えるほど美しいのです。

だからこそ、美しいだけでは生きていけない現実。
あぁ、無情。
辛い、生きていくのは苦しい。

しかしフロリダプロジェクトって一体誰の何のプロジェクトのことなんだろ。
フェアリーな画面にちょいちょい入る胸糞わるいかんじがいい。空気は綺麗でなさそうだし臭そう。

海外のDQNはマジで頭がおかしいので遠くで見ているのは楽しいな。とくに家事だ〜!て近所の家事を子供連れて見に行って燃えてる空き家の前にたたせて写メ撮ってるシーンが最高に笑った。あのシーン大好きすぎる。

子供も清々しいくらい言葉は悪いがクソガキでいい。演技には見えない、、。ラストは個人的にあんまり。ラストまではすごい楽しかったけどな。
そら

そらの感想・評価

3.8
内容が思った以上に万引き家族でビックリした 子役の演技がえげつない程上手いのも含めてかなり是枝作品ぽいですし、
花火の印象的なシーンまであって偶然の一致にしては出来すぎていてホントに驚きでした。

とても同情できるような話ではないが、じゃあどうすれば?と問われれば何も言えないのも事実
彼らのようなどん詰まりの人達を見て見ぬふりをしてる我々にも罪はあるし、
彼らにどのような尊厳が担保されるべきかを今一度考えなければならないと思う。

ラストの涙で「あぁこの子も母と同じ道を…」と思うと本当にやりきれない
あの子達をワンブロック先の夢の国に連れ去って欲しいと願わずにはいられませんでした。