フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 66ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

なかなかハートにくる映画だった…。ボディブローをくらいました。エンドロールで流れる音声でもうノックアウト。🌈

色鮮やかな映像美、子どもたちの無邪気な姿とは裏腹に、そこにあるのは「見えない貧困」。世界最大の夢の国のすぐ側にあるモーテルで暮らす人々。全編通して子ども目線のモーテルでの日常が淡々と描かれていますが、随所で感じとれる貧困問題が、ボディブローのようにじわじわと効いてくる。
ラスト85秒が「マジカルエンド」だそうなのですが、とても素晴らしかった。からのあのエンドロール。無音ではないけど静かに流れるあの音声。たまらん泣ける。
まったく説教くさくないのに、こんなにも貧困について考えさせられるとは…。ただただ感動した。ショーン・ベイカーすげぇ。現代の社会問題描かしたらピカイチちゃうかな。要チェック。

鑑賞中に『誰も知らない』を思い出した。ら、まさにパンフレットに映画製作に影響を受けた一本として挙げられてた。タイトルにもある「プロジェクト」には、《低所得向け公共住宅》、《貧困地域への支援活動》てゆう意味もあるらしい。勉強になった。
ママン役の女優さんが超絶キュート。監督がインスタで見つけてきた人で、本作が初演技だったと知りびっくら。目が離せないキャラクターだった。ウィレム・デフォーも前評判通りの素晴らしい演技だった。子役の子たちはみんな天使。(口悪いけど笑)
ナコ

ナコの感想・評価

5.0
現代にはびこる貧困とそれに直面する家庭。子への愛だけではどうにもならない社会と皮肉なほどに幻想的でカラフルな色彩がもたらす映像効果。
ハマれば天国の112分。
ハマらなければ地獄の112分。
私はボロ泣きしました。
君らがこの現実をスクリーンで観て、何かを考えさせられたとしても、考えるだけじゃ何もできないよって監督に突きつけられる映画。よかったですよ🌈
何だったんだろう???

画面はカラフルで人の愛情や友情に溢れてて、
でも貧困層のシングルマザーのお話だもん、そうなるよね、
そりゃそうなるよね。

最後の展開に心が一気に熱くなって………え?で?な、なんだったの??
真夏の魔法……???
貧困、子供、ときてるけど虐待とかは一切なかったのは良かった。
みんなに愛されて育ってた。
子役が素晴らしかった。
とにかく見て欲しい。アメリカの社会問題はまったく実感湧かないけど、子ども達の目が何かを訴えかけてくる感じが居た堪れない。みんな名演。大人の渋みがいい味効かせてる。あと、なんといってもカメラワークが秀逸。「寄りで撮る」「引きで撮る」とかじゃなく、「寄り添って撮る」「現実を見せる」って感じ。目線の大切さを改めて教えてくれる。
みぃ

みぃの感想・評価

3.5
チネチッタ。

管理人さんと馬鹿親をもつ子供が可哀相。カラフルな映像、ラストのラストは本当に好き。
fucking リアルな現代アメリカ的貧困と、子供の頃のあのキラキラしたひと夏の思い出が入り交じる世界が、どこか懐かしくてそれでいてビビット。非日常のもっと美しくノスタルジックなテーマが合うからこその違和感。

子供から見える世界の描かれ方が本当に好き。何気ない毎日が刺激的で、無邪気で、それを共有できる友達がいるの。
あの天才的な名女優と、また成長した何年後かにスクリーンの向こうで会いたい。

時折見えるあざとさと、ラストは蛇足じゃないかね。それがなくても十分魅力的だから。
千雪

千雪の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

貧乏のリアルはいつの時代も変わらないのね

40年程前に田舎のクソ底辺な公営住宅に住んでたけど、短期間住んでお金貯めて出て行くタイプ以外の住人は皆さん大なり小なりこんな感じ
貧乏を追体験出来るけど、体験したことあるからもう結構です、と思いながら2時間視聴。
とはいえ、画面はとても美しくて楽しめました

子供の隠し事に気付くアシュリーと、気付かないヘイリー
男の子は素直で隠し事が苦手というのを差し引いても、愛してるって気持ちがありゃ良いってもんでもないのがちゃんと描かれてて、でもだからどうしたって言うんだ、という気持ちにもなりました

基本的に貧乏ものってやっぱ好みじゃありませんでした
勿論、映画としては面白かったですけどね

このレビューはネタバレを含みます

高温多湿な日本では、パステルな色合いもそうだけど本作のカラッとした空気感はなかなか描けないだろうなぁと思った。

ショーンベイカー監督の前作タンジェリンでもそうだったけど、あっけらかんとした明るさは見てて元気になる。そーゆうとこが好き。神妙な顔せずに、笑って生きのびろ!と言われてるようで。

いつも側にいるウィレムデフォーが良かった◎うん、良かった◎あのモーテル行きたい。。。でも絶対に私の性格だと住めなそう。。

ラストについて…
あの展開は絶対に感動的なシーンになるだろうに、やっぱりぶっ壊してくれた😁ラストはブツ切り感があって、終わった瞬間、え。。。て思ってしまったけど、あのディズニーへ連れ出すとこもすんげぇとっさの出来事で、人生ってあぁいう時に瞬間的に動けるかどうかなのかなぁと、後からジワジワ感じた…うん、良かった!現実的な後日談は知りたくない😂

◆追記◆
この映画、後から後からジワジワくる。。。スコア上げましたw

ベイカー監督の描く、偏見の目に毎日晒されて大変そうとか、こんな悪環境で育つ子供って可哀相とかそういう気持ちを一切受け付けないくらいのパワフルさ、たくましい姿が好きだな〜なんて思ってたんですが。

他の方のレビューで気付いた子供の目線で描かれていた、ということに着目した時にまた色々と考えることがあったので追記しました。

この映画って、楽しいか悲しいかで判別すると楽しい。映画見てる最中、自分もムーニーと同様子供の目線で見てるから。毎日を奔放に楽しく生きてるからで、現実的な影も見えるけれど、楽しいから知らんぷりできるw だけど後半の超シリアスな展開には目を背けられない。冷静に考えて真っ当な対応のはずなのに、ムーニーの目線で親子を見てきた自分としてはやりきれない気持ちになる。ギリギリのバランスで保ってた二人にとって、社会的な「正しさ」は残酷にも見える。

一度壊れたボロ家を補強してまた住み直すのがタンジェリンだったとしたら、今回はお菓子の家を一方的にぶっ壊され行き場を無くした女の子がアリスの国に逃げこんだラスト。せめてもの現実逃避、あのラストは私には大正解に思えた。混乱してただただ涙が止まらないムーニーを親友が連れ出すっていうのも良かったなぁ。。うん、いつか醒めちゃうのが現実だけども、せめて一秒でも長く夢の世界にいたい。
タミー

タミーの感想・評価

4.5
魔法は不滅なのか。そして"マジカル・エンド"はハッピーエンドを約束するのか。

貧困母子家庭の母ヘイリーとその娘ムーニーの物語は観ていて笑えるところが多い。
母ヘイリーが自分たちの苦境に中指立てて茶化しちゃうような人であることが大きい。現実逃避とも厚顔無恥とも言えるこの性格。模範的ではないけどたくましいのは確か。娘ムーニーも見事に(?)似たような性格に仕上がっていて、その言動に笑っちゃうんだ。
劇場内もホッコリした暖かい空気が漂っていたのが印象的だった。
この辺は、貧しくても元気いっぱいの子供たちと一緒に夏休みを過ごしている感覚。

しかしそんな物語が徐々に色合いを変えていく。
所詮は母の厚顔無恥なたくましい性格も、自分の置かれたギリギリの状況に対する応急措置にしか過ぎず、一時的なものでしかないのだ。

母娘に厳しい現実の波が迫る。大人のヘイリーはいち早くそれに気付いて追い詰められていく。
そして"マジカル・エンド"へ。

そのエンディングは唐突で説明は皆無。正直すぐには理解に苦しむ。
その余白の多さからして、観客にお任せの「ご想像にお任せします」なエンディングだ。なにそれハッピーエンドにしたくなるじゃん。

というわけで、ここから先はその為に書いてます。
ネタバレは・・・してないかな。

あのエンディングはムーニーら子供たちが「それでも魔法を信じている」という事だと思う。だからあそこなんだ。あそこに行けばなんとかなる、誰かがなんとかしてくれる、と信じたのだ。

それがハッピーエンドなのかと問われれば、まだそうとは言い切れない。
彼らは"マジカル・エンド"のその先で「魔法は存在しない」と知ることになる。幼年期の終わり。
一見すると現実逃避的なエンディングだが、むしろあれは現実に向かっているのだ。
事実、最後に映し出されるアレは多くの観客にとって、物語の舞台となる安モーテル「マジック・キャッスル」よりも現実的な存在だ。なんたる皮肉。

しかし幼年期が終わり、現実と向き合うことになったとき、ムーニーは魔法に匹敵する存在に気付くはずだ。

あ、それにはボビーの話をしなきゃいけないな。

ヘイリーとムーニーの宿泊(ほぼ居住)している安モーテル「マジック・キャッスル」の支配人ボビー。彼を演じるのは、コワモテのウィレム・デフォー。
「スパイダーマン」で悪役グリーン・ゴブリンを演じて、「あんたマスクしてない方が怖いよ!」と言われたり言われなかったりのあの人ですね。
終始子供たちに振り回されている彼。何故か子供にナメられやすいという性質がある僕としてはすごく親近感が持てた。
というか僕は彼の物語として映画を観てたなぁ。

ボビーはモーテルの住人たちの問題の根本を解決することはできないけれど、彼ら一人一人のことをしっかり気にかけて、その居場所を守ろうとしている。

そのおかげもあってモーテルでのムーニーら子供たちの暮らしは、魔法に掛けられたかのように煌めいていた。

ボビーのように非力ながらも自分の手が届く範囲で、問題を抱えた人々の幸せを守ろうとしている人たちは現実にもいる。優しさが彼らを動かしている。
本作に無関係ではないディズニーランドでは、キャスト(スタッフ)にお客に対しての目配り気配り心配り、優しさを根っこにした神対応を教育する。そのおかげで訪れた人々は魔法にかかったかのような一日を思い出にできる。

優しさだ。そこにハッピーエンドを信じるための鍵がある。

この世界に魔法は存在しない。けれど、優しさは間違いなく存在している。そしてそれはきっと不滅なんだ。
ムーニーは"マジカル・エンド"のその先でそれを知るはずだ。
だからきっと大丈夫。僕はそう約束できる。
けろえ

けろえの感想・評価

4.5
カラッと鮮やかな画面とは裏腹に、底辺に流れるテーマは重い。後半になるにしたがって胸が苦しくなった。
ムーニー役の子役が、自然体すぎて素晴らしすぎるからなおさらかも。