フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 66ページ目

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

す

すの感想・評価

-
内容は消してポジティブなものではないけれど、色彩豊かな映像だったり子ども目線で描く場面が多いことで温かみ溢れる作品になっていた。日常生活を切り取ったものだから物語は淡々と進んでいくけど、キラキラした風景、幸せな時間と、それとは反対に深刻な現実との表裏一体した内容が最後まで惹きつけらた。
この生活音、なかなか好き。
映像の明るさと物語の重さのギャップがすごくて景色がとにかく綺麗。後引く映画。
Yuriy

Yuriyの感想・評価

3.8
おうちの色がきれい。
こどもが素晴らしすぎる。
あれは演技なのか。
子どもは自分自身でほしいものを、きちんと分かっているんだなと、すとんと落ちてくるラスト。『タンジェリン』の躍動感が舞い降りたマジカルエンドでした。

ウィレム・デフォーがすごく良い。モーテルの支配人という立場で、厳しく接し、距離を保ちながらも、痛いぐらい子どもたちのことを想っていることが伝わってきた。

誰も悪くない。本当は分かり合える。それなのにこじれてしまった人間関係ほど、どうしようもなくて悲しくなるものはない。
ひと言で言うのが難しい映画だった。
カラフルポップな世界観で貧困層を子供の目線で描くことでこんなに可愛らしくなるんだなあと。だがしかしあのお母さんはちょっと厳しい。児童局の人たちが救いに見えてしまった。
Leo

Leoの感想・評価

4.0
ショーン・ベイカーのブレない世界観。

次々に目に飛び込んで来る色彩の嵐。

ウィレム・デフォーの圧倒的存在感。

あの終わらせ方はなんかもうズルい。
色彩とストーリーの内容のギャップが。。

ディズニーの裏側ではこんな貧富な人たちがいるんだなあと。

機内で鑑賞後、現地でこういう古い建物みるとそこに住んでる人たちの生活を想像してしまって中々世界から抜け出せなかった笑

期待が大きかっただけに、うーん。
子供の演技がうますぎて
自然すぎてすごいと思った
内容は解説読んでなるほどってなっていい話だったなって思った
カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。

ムーニーの視点で映画を見ているうちに子どもの頃は外がなんでもキラキラしていたあの感覚を思い出しました。
重いテーマなのですが、ムーニーの視点で描かれてることと色彩が豊かなことによりそこまで重さを感じませんでした。
支配人のボビーが温かく見守る様子が凄くいい。
さりげない会話に伏線が散りばめられていて完成度が高いと感じました。
名作でした。
puka

pukaの感想・評価

3.8
なかなかの秀作。アメリカのリアルをしっかり切り取ってる。
観て時間経つんだけど、ふとしたときに思い出したりする。
お母さん役と子どもたちが魅力的な作品。