映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

3.5

あらすじ

スイーツの本場・パリで開催される世界パティシエコンテストに出場が決定したキラキラパティスリーメンバー!しかしシエルが突然スイーツづくりも、プリキュアの変身もうまくいかなくなり絶不調になってしまう。不安を抱えつつもコンテスト前夜祭のパーティーに向かういちかたちは個性的でひとくせありそうなパティシエ・ジャン=ピエール・ジルベルスタインと妖精に似ている不思議な女の子・クックに出会う。インパクトの強い2…

スイーツの本場・パリで開催される世界パティシエコンテストに出場が決定したキラキラパティスリーメンバー!しかしシエルが突然スイーツづくりも、プリキュアの変身もうまくいかなくなり絶不調になってしまう。不安を抱えつつもコンテスト前夜祭のパーティーに向かういちかたちは個性的でひとくせありそうなパティシエ・ジャン=ピエール・ジルベルスタインと妖精に似ている不思議な女の子・クックに出会う。インパクトの強い2人にとまどういちかたちだったが、なんとジャン=ピエールはシエルの<パリ修行時代の師匠>だということが発覚する!久しぶりの再開だが、「頼れるのは自分の 力のみ!」という信念を持つジャン=ピエールは仲良くスイーツ作りをするシエルの姿に落胆する。落ち込むシエルを元気づけるため、いちかはジャン=ピ エールに初めてつくってもらったというシエルの想い出のスイーツ【ミルフィーユ】をみんなでつくることをキラッとひらめく!しかし、次々とコンテスト出場のパティシエを襲う謎の巨大スイーツが出現し、さらにパリの街がスイーツになってしまい…!?はたしてパリの街もコンテストも、どうなってしまうのか?そして天才パティシエは復活できるのか…??

「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」に投稿された感想・評価

娘にせがまれ劇場で鑑賞。ペンライトをふり「がんばれー!」とそれなりに楽しんでいた様子だったが、2人で3000円近く払うまでの価値は無かったな…とか考えてしまう父なのであった。
白石尊

白石尊の感想・評価

2.9
愛娘はもう6歳。
当時3歳だった彼女と初めて観に行った映画も「プリキュア」だったわけだが、あれから3年、通算5度目のプリキュア映画鑑賞となった。
今回は3歳になったばかりの息子も連れての鑑賞。彼にとっては、初の映画館での映画鑑賞だ。

3年前に初めて娘と鑑賞した際にも記したけれど、映画ファンにとって、自分の子どもたちと映画館に赴くという行為は、ことのほか大切なイベントになり得る。
「映画館」という行き慣れた領域(テリトリー)の中に、我が子を招き入れるという感覚も加味され、彼らにとって少しでも良い時間を過ごしてもらいたいと、無意識の内に思う。

滞りなく映画を観終えて、6歳の娘は一丁前に「今までよりも感動が少なかった」などと感想を述べていた。
3歳の息子は少しもぐずることもなく大画面に映されたアニメーションを終始真剣に観ていた。
同じ行為とそれに伴う時間を共有することで、子の成長を感じることもまた映画ファンの醍醐味だ。

小学校入学を来春に控える娘は、プリキュアの普段のテレビ放映はあまり見なくなった。
彼女と行くプリキュア映画も今回が最後かもしれない。
それはそれで少し寂しくもあるけれど、基本的に映画は一人でしか観ない自分に、新しい映画体験をもたらしてくれた「プリキュア」には感謝している。

映画自体は、今シーズンのプリキュアが“パティシエ”くくりだということもあり、「ミスター味っ子」みたいで鑑賞した過去作の中で一番笑えた。
娘の言うとおり、「感動」は少なかったな。
lapin2004

lapin2004の感想・評価

3.5
気高く高圧的なイケメンだが、変態的なコスチューム。妖精やお化けにも動じない“スイーツの鬼”だが、大家の家賃の督促にだけは激しく動揺する…というジャン=ピエールのキャラ設定が面白い。そしてこの変態紳士な役どころに尾上松也がガチッとハマっている(熱演です)。子供目線ではどうでもいい部分かもしれないが。。。
愛莉

愛莉の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


ギャグ要素が9割を占めるというプリキュア秋映画では珍しいパターン
魔法つかいプリキュアとのクロスオーバーも見られて楽しめました(まほプリサイドの目的が不明だったので必要あるかなあという気はするものの)


ギャグ多めなので映画単発で楽しむこともできるし、真面目なパートでは本編の補完としてよりシエルの魅力が伝わる作品だったと思います


ミラクルライトで応援するペコ!と呼びかけるシーンが何度かあり、小さい子どもも一緒に盛り上がれるのが良かったです


ザリガニあきらと悠木碧さんが地声で突っ込むのがツボでした
Masa

Masaの感想・評価

2.0
娘と鑑賞。ペンライトが子供に配られ,放映中に数回利用する場面がある参加型。内容はテレビの内容を長くした感じ。(夜中に「ブラッド・ファーザー」と「メッセージ」を2連チャンで鑑賞したので,途中睡魔に襲われ,イマイチ内容が頭に入ってない)先輩プリキュアが応援にやって来るあたりは,昔の仮面ライダーシリーズを思い出す。子供にとってはスコア4です。
こめ

こめの感想・評価

4.5
すごくしっかりと円環方式になってて笑いと真面目のバランスがよかった!!面白かったー!
烏賊飯

烏賊飯の感想・評価

3.8
年二回のお楽しみ。秋はその時期のプリキュア単独でのオリジナルストーリー。家族連れで楽しめるようにできてる上にここ最近安定感も出てきてる。

…のになんすかこれ。まさかの全力ギャグ回。でもその内容はしっかりしてるので笑い9割でも芯が通っていてとても楽しい。子供向け映画なのに動員数で初週1位とっちゃったのも納得。

スイーツ作りをメインとしたキャラクターをそのまま生かしている上に、単発で観てもわかりやすいキャラ立ち、内輪受けなどではなく単純に楽しめるギャグが容赦なくくるので付き添いで見ている家族もそのまま楽しめるようになってるのはお見事。

そして秋の単独作品としては今までやってこなかったあのキャラの登場。新しい試みではあると思うけど、正直いるかなあといったところ。大きく影響させづらいのもあるだろうけどねえ。目的もよくわからんままだったし。

この手は最後に感動させて…と思いきやまたもうひねりあるあたりも徹底してる。応援上映の元祖とも言えるプリキュアシリーズ。いい大人になってから観るからこそ楽しめるところが見つかるかと。
最速上映と11/2に2回目行ってきました。
これまでの慣例として春はオールスター顔見世興行、秋はシリーズが乗ってきたところで感動路線のしっかりしたストーリーもの、と思ってましたが今回のはそんなお約束的空気を破壊するようなドタバタコメディになっており、ゲラゲラ笑いながらもプリキュア映画ってこんなのもアリなんだな…と驚いた次第です。
更には前シリーズの魔法つかいプリキュアの面々もカメオ出演との事で(カメオってレベルか?とは思いましたがw)秋映画でそんなクロスオーバーも可能なのか!とそんな驚きもありました。

ドタバタしてるばかりでもなく、よく見れば本編を補完するくだりもあってホントによく出来てます…
観賞から一夜明けたが、いまだに衝撃的な内容と左斜め前の親子連れの痛い視線が忘れられない。

今般のプリキュア映画は過去作品と一線を画したものである。
ご存知前作「映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」ではその感動的な内容に全世界が涙した。私自身も映画館で視界を滲ませながらプリキュアを全力で応援した。
しかし、今回の映画は感動するような展開がほぼ皆無であった。どちらかと言えばトムとジェリーに近い物語の運びである。

これにはいくつか理由が挙げられる。
1つは、今回の監督である土田豊氏はギャグ演出が得意な演出家でもあるということだ。前作タイトル「魔法つかいプリキュア!」においてもカオス回と名高い第29話『新たな魔法の物語! 主役はモフデレラ !?』や「スイートプリキュア♪」の第37話「ワクワク! ハロウィンでみんな変身ニャ!」など、我々に強烈な印象を与え続けてきた。
そんな監督だからこそここまではっちゃけた内容になったのだろう。

2つ目は商業的な理由である。
財団Bの女児向け大型IPは今まで「プリキュアシリーズ」や「たまごっち」等であったが、2012年に「アイカツ!」・13年には「妖怪ウォッチ」といった新規勢力に売り上げパイを奪われていた。14年には「プリパラ」も登場し、この間「プリキュアシリーズ」の売り上げは激減した。しかし、近年「プリキュアシリーズ」の売り上げは回復傾向にある。その回復をより確実なものにするために、ターゲット年齢層を未就学児に絞ったのではないか。未就学児にターゲット年齢層を絞るということは物語としてもシリアスな展開よりもコメディ調の方が受け入れ易く、結果的にも良かったのではないか。

そろそろ内容に触れなければならない。
私自身、鑑賞中は常にニヤニヤしていた。
ハイテンポに畳み掛けてくるギャグの嵐に、それぞれのキャラクターの個性が上手く乗っかっている。
しかもまほプリみたいな先輩プリキュアが春映画でないにも関わらず登場したということは、十五周年企画への何らかの実験ではないか。

最後に私はがっかりした点がひとつある。
来年の春映画には姫プリ出ない可能性が濃厚であるということだ。
オールスターではなくドリームスターになったことで、危惧していたことが現実になってしまった。きららちゃんに会えない。

15周年に期待するしかない。
健多郎

健多郎の感想・評価

4.0
巨大スイーツがパリを襲うはなし

まさにアタック・オブ・ザ・ジャイアント・ケーキです
完全に油断してた…
プリキュアには慣例としてカオス回があるとはいえ、まさか映画でそれをやるとは思わなかった
70分ほどしかない尺を存分に使うためにTV本編で映画への前フリをやり、映画では何の説明もないまま全員がパリに集合している点もカオスに拍車をかけています

尾上松也さん演じる天才パティシエ、ジャン・ピエールもスタンド使いみたいな名前である点を除けばまともなキャラだと思っていたのにいざ蓋を開けてみると相当な変人
変なポーズを取りながらトレビアーンと言うだけでもポイント高いのに、回転してカラスを避けながらスイーツを作ったりともう手がつけられない
手がつけられないというか、ツッコミ不在なのでどうしようもない
ツッコミ不在の恐怖ここに極まれり

全体のストーリーとしては合間合間にシリアスな感じのシーンはあるんだけど、前後をカオスに挟まれているのでオセロ形式で全てがカオスになっている怪作に仕上がっていると思います
プリキュア映画でこれっぽっちも感動しない日が来るとは思わんかった
カラス、北斗羅漢撃、頭突き、地声の悠木碧、面白すぎるジャン・ピエールさん、ザリガニなどのカオスジェットストリームアタックに耐えられる者はそうそういまい