西遊記2~妖怪の逆襲~の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

西遊記2~妖怪の逆襲~2017年製作の映画)

西遊2 伏妖篇/JOURNEY TO THE WEST: THE DEMONS STRIKE BACK

上映日:2017年09月08日

製作国:

上映時間:108分

3.3

あらすじ

妖怪ハンターの三蔵法師(クリス・ウー)は、病を患いながらも孫悟空(ケニー・リン)、猪八戒(ヤン・イーウェイ)、沙悟浄(メンケ・バータル)たちと天竺に向かって貧乏旅を続けていた。山の中で見つけた一軒の豪邸に水を貰おうと立寄ると、そこは美女の女主人と女中たちが住んでいて、三蔵法師一行を歓待する。だが、その美女たちこそ人間を喰らう蜘蛛女たちだった。孫悟空の活躍で蜘蛛の妖怪たちを殲滅するものの、その荒っ…

妖怪ハンターの三蔵法師(クリス・ウー)は、病を患いながらも孫悟空(ケニー・リン)、猪八戒(ヤン・イーウェイ)、沙悟浄(メンケ・バータル)たちと天竺に向かって貧乏旅を続けていた。山の中で見つけた一軒の豪邸に水を貰おうと立寄ると、そこは美女の女主人と女中たちが住んでいて、三蔵法師一行を歓待する。だが、その美女たちこそ人間を喰らう蜘蛛女たちだった。孫悟空の活躍で蜘蛛の妖怪たちを殲滅するものの、その荒っぽいやり方に三蔵法師は孫悟空を怒鳴り散らす。あまりにも理不尽な三蔵法師から逃げるために、孫悟空は彼を始末しようと企むが、如来神掌なる技を持ってると言う三蔵法師に結局は歯向かうことができなかった。そんな中、一行は比丘国に到着し、九宮真人(ヤオ・チェン)に迎えられたが、ここの国王は子供のように心のままに動くとんでもない国王だった。国王の機嫌を損ねた三蔵法師は孫悟空の力を借りるが、むしろ悪化させてしまい、窮地に陥ってしまう・・・・。

「西遊記2~妖怪の逆襲~」に投稿された感想・評価

lili

liliの感想・評価

4.0
意外と真面目か!でも、これでもかというCGにツイ・ハークのドヤ顔が透けていて、チャウ・シンチーとはまた違ったさらなるヤバさが…。ヤバいやつ二人がやりたいことやってるのにひたすら圧倒されまくる時間、最高!
しかし、BLに振り切ったな。アツい。
とりあえず何も考えずに観て楽しめた!
前作はギャグ+ラブストーリ?だったけど、今回はギャグの方が大きいかな……

CG使いまくりでハチャメチャ!!
自分的には好き
でも、一部内容が置いていかれた所が残念
みら

みらの感想・評価

4.3
チャウシンチー(監督作)による前作も面白かったが、ツイハークが監督することで底抜けにバカバカしさと突き抜けた爽快感が加わり途方もなく面白い。大きさの演出はここ最近の映画の中でもトップクラス。サイコーでした。
吹替版で観たのでセリフはオーバーアクトなんだろうが、演技や表情見てると合ってるのかもと思う。妖怪ハンターという割には妖怪あまりインパクトなく、盛り上がりには欠ける。アクションも生身もの少ないし。やっぱり心踊るのは”Gメン'75”ですな。
inabow

inabowの感想・評価

2.5
何でもありのメチャクチャCGバトルは楽しめました。

しかし、、やっぱりキャストは一新しないでほしかったかな~( ´Д`)
1作目で大暴れしていた極悪妖怪どもの顔は今も頭に焼き付いています。
改心した奴らの活躍ぶりが見たかった…
段が出てたのは嬉しかったけど…

いろいろと突っ込みどころもある作品でしたが、最後の最後で救われた!
なるき

なるきの感想・評価

4.7
今まで観た香港映画でいっちゃんカオスちゃうんか。

今回の監督って、チャウ・シンチーじゃなくて、ツイ・ハーク。キャストも一新だから果たしてどうなっちゃうんだ…という感じだったけど、(とはいえ、1がめちゃくちゃ好きというわけでもない)
でも、そういえばツイ・ハークって「ライズ・オブ・シードラゴン」や「カニバルカンフー 燃えよ食人拳」の人やん。

つまりはとにかく派手で、めちゃくちゃ面白かった。
画を理解する前に、目を破壊された。

ストーリー自体は、クライマックス無理やりな感じのとこもあるけど、この映画はそこじゃない。

何が起きてるのかついていけないのが、この映画の面白い所。
特に紅孩児とのバトルは意味わからん。なんでそれがそうなってんの?それもギャグ。
最新大作バカ映画。
君子

君子の感想・評価

3.9
思ったよりおもしろかった!よく笑う友達と観に行ったのは正解だったかも。

監督がツイ・ハークなので、前作みたいな昔の粤語片への愛情は全然無いけど、その分ゲームっぽい派手さは増えた。これはこれで良いと思う。

ただ、期待のエンドロール後は、残念ながら知ってる映像だった…それでも、最後に笑うとこ見れるしって思ったら、フェードかけちゃうから、それすら見れなくて本気で残念……。早く星仔が役者として復活しますように。
たくみ

たくみの感想・評価

2.5
オッス!オラ野沢雅子!で有名な(え?)孫悟空。

てか孫悟空で有名な西遊記。チャウ・シンチーが手がけるとこうなるのかって作品だった前作「西遊記 はじまりのはじまり」その続編がこれ。

監督のチャウ・シンチーは製作にまわり、監督を務めたのがなんと!ツイ・ハーク!ありそうでなかったこのタッグがついに実現した!て事なんですが、想像を超えて実写じゃなくて漫画ちっくな仕上がりになっておりました。

さらに前作の続きでありながら主要キャスト総とっかえ!前作ではホアン・ボーがオトボケテイスト満載で演じた主役の孫悟空なんかルックス違い過ぎwテーマ曲が「Gメン'75」じゃなかったら続編だと気付かなかったかも(←それは言いすぎか?)

荒唐無稽な面白さはツイ・ハーク節炸裂してましたが、イマイチふりきれてないものを感じてしまい、やや残念な仕上がりでした。
チャウ・シンチー(周星馳)が監督した「西遊記 はじまりのはじまり」の続編。「人魚姫」では奇抜な発想で驚きの作品を世に送り出したが、この第2弾では、製作と脚本に退き、監督は「香港のスピルバーグ」と呼ばれるツイ・ハーク(徐克)に任せている。ツイ・ハークのほうがチャウ・シンチーより10歳以上も年上なので、どんなパワーバランスなのか詳らかではないが、作品のほうは、「西遊記 はじまりのはじまり」をかなりせわしなくしたようなノンストップ・アクション作品となっている。

物語は妖怪ハンターでもある三蔵法師が旅の途中で立ち寄った比丘国(びくこく)という国で、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を従えて、またまた大立ち回りを演じるというものだが、とにかく次から次へと繰り出されるアクション・シーンに少し食傷気味となる。満腹なのに、さらにお代わりを食べさせられている気分で、この過剰さにはややついていけない。

冒頭の三蔵法師が「ガリバー旅行記」のガリバーのような巨大な人間として登場するシーンでは、これはと期待を抱いたのだが、これがまた彼の夢の映像で、ただ幕開けの派手さを狙っただけの演出だった。巨大な魚に終始変身させられていた沙悟浄、最大の力を持つお釈迦様の巨大な掌、今回の第2弾はそういう「巨大」なものへの偏愛も見られる。結局、三蔵法師は経典を求めに天竺に向かっているのか、そんなミッションはまったく横に置いておいて、ひたすら妖怪たちとのバトルを繰り広げる「チーム三蔵」の過剰なるアクション・ムービーだ。
n

nの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

続編というよりは、原案:チャウ・シンチーみたいな感じ。ネタも使い回しが多いので、前作と比べるとギャグ映画としてはいまいちだけど、今回はまさかのメロドラマが良かった…!

孫悟空の緊箍児は実は妖怪ハンター段ちゃんの婚約指輪だったのです!っていうの天才かよと思ったけど、今回はまるでそれが悟空×三蔵法師のBLの布石だったみたいになってたのもまた天才かよと思いました。やっぱりこの師弟の愛憎関係は…萌えるよね…。

あとはとにかく映像が、CGが凄い。如来ヤバい。如来オブザシーからのファイヤー如来からのトリプル如来バトル、からのアルティメットスペース如来。ツイ・ハークとチャウ・シンチーの邂逅という事態のヤバさがビシビシと伝わってくるシーンだった。狂気。

しかしエンドロール後に一番の笑いどころを自分でかっさらっていくチャウ・シンチーはさすが。初代沙悟浄の顔が見られたのも嬉しい。メンケ・バータルももう少しヒト型で見たかったな…。笑