菩薩

ポルトの菩薩のレビュー・感想・評価

ポルト(2016年製作の映画)
4.1
最初はヒロインがどうしてもスティーヴン・タイラーに見えちゃってアイズをクローズしたくもなったけど、そんな小さな事には目を瞑るべきだと思うし、むしろ慣れてくるとこの人めちゃくちゃ綺麗なんじゃねぇかって気になってくる、何たってめちゃくちゃいいおっぱいしてるからね!こんなにもオーガズムに特化したSEXシーンってのも近年なかなか無いような気がするし、男子がSEX中に言って欲しい台詞NO.1に君臨する「こんなの初めて…」からの「ら、らめ〜…」(言ってない)な雰囲気を延々繰り返す濡れ場には俺の下半身もロカ岬のように突き出そうになった。男女の立場を入れ替えてしまったら単なるヤリチンとして槍玉に挙げられる事必至なストーリーだけあってなんとも虚しさが残るが、運命と勘違いは紙一重であっても男と女の間には超えられぬ溝がある。見つめることから始まる恋があり、見つめ合う事で伝わる想いがあり、見つめ合えなくなり終わる恋がある、愛と呼ぶには遠く、夢と呼ぶには儚い想いを抱えて、肌には触れられど心には届かなかった男の姿ってのは、自分がそういう人間だからってのもあるが痛々しく見えてしまった。