ポルトの作品情報・感想・評価

ポルト2016年製作の映画)

PORTO

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:76分

ジャンル:

3.5

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧騒の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめるふたり。しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつに…

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧騒の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめるふたり。しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたそのとき、ある奇跡が起こる……。

「ポルト」に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

-
ビフォアサンライズてきなやつだと思ったら全然ちがった

ポルトの街は素敵
時系列ではなく、視点ごとに章立てなのはとってもジャームッシュっぽい。

カメラの使い分けが面白い。

けどストーリー的にはどハマりはしなかったか。

女性と男性の恋愛観って違うよね。
パートナーに求めるものの違い。
ロマ

ロマの感想・評価

3.9
ジャケ観。3部構成、途中で「???」になることもちょいちょいあったものの、ポルトの素晴らしい風景、ヤバいだろこの人感満載の主人公から目が離せなくなって最後は訳わかんないなりに胸がキュッとなって今は余韻に浸ってる。あとあと記憶に残ってく作品だと思う。マティのパイオツの形が完璧。あと『ママと娼婦』のフランソワーズ・ルブランが熱々ポイント(後から知った)
hsmt

hsmtの感想・評価

3.0
過去、現在、未来と行ったり来たりの構成が序盤、?が多々でした。
映像美が素晴らしく、特に「パターンソン」を思い出させるベッドシーン(二人が向き合ってる)が印象的でした。
出会いは直球過ぎてロマンティックです。

後半の色気溢れるシーンが切なさを加速させます。

アントンさんにご冥福をお祈りします。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.0
ようわからん映画だなーって見ていたら最後to Antonで打ちのめされる。「予告編かな」⇒どういうこと? 「恋人たちの嘘はやがて真実になる」「人はあらゆることを忘れるが忘れられた事柄は失われない」ま、パターソンやコーヒー&シガレッツの方が分かりやすかった。
RYO

RYOの感想・評価

4.0
愛してるは別に嘘じゃないし、一瞬で意思疎通が出来る感覚も嘘じゃない。女性に寄り添って描かれてたなあと。
ポルトの橋の風景が美しすぎて、結構衝撃的だった。
グリーンルームの時には全くなかったダメで色気のあるアントンが見れて泣いちゃうよ!!
ちょっと……分かりづらい。。
風景とか映像の撮り方
素敵だったけど。
ストーリー的にゎ苦手だったかな。
よしお

よしおの感想・評価

3.6
男と女の恋愛観の違いがより鮮明に。

アメリカから来た放浪中青年と、フランスから来た考古学学生の鮮烈な一夜。


出会うことを拒むことは出来る。だけど出会ってしまった。
すごくロマンチックなんです。
夜しっぽり見るのがすごく落ち着いて見れるんです!!!

すごく切ない恋だけど、これがリアルなんだよな。

アントン・イェルチンの遺作でもあり、代表作でした。
>|