ポルトの作品情報・感想・評価

「ポルト」に投稿された感想・評価

fleur

fleurの感想・評価

3.0
前半は良かった。
うわべだけといった感じ映画。役者、映像センスも悪くないのに、中身が感じられず辛そうなフリ、楽しそうなフリをしているようにしか見えない。安いMVを見ているようで、監督が自分の好きな映画のシーンをそのまま真似て撮って、俗に言う「いい感じ」まとめただけの作品。
この映画が意外に高評価なのは、主演俳優の遺作効果で二階級特進したからか、中身のない馬鹿が中身のない映画に共鳴したかどっちかだろう。
ikumi

ikumiの感想・評価

-
過去を積み重ねて生きるのが人なのに 今だけに生きるよう叱咤してくる世の中で、
忘れられない人、忘れられない夜、やり場のない孤独とか、恋しく思ったり美しいまま大事にしたりしててもいいんだってなんだかほっとした。
アントンイェルチンはこれが遺作。
Shuhei

Shuheiの感想・評価

3.1
映像だけかなー。映像は良い。
フィルムも変えながら撮ってるあたりとか、時間の変化の撮り方とか、ジム・ジャームッシュが総指揮に当たった作品だけあって、センス抜群でオシャレでグッと魅せられる。
ストーリー自体はそんなに…って感じかな。
男のしょうもないダメ男感が強くて、そこに愛らしさも感じないから、あまり共感して見れない。

とにかくオシャレを感じる映画。カフェとかバーとかで投影されてる感じがいいかも。
Lovemovy

Lovemovyの感想・評価

3.2
宇宙を探索して冒険するわけでもなく、大災害が起こるわけでもなく、誰かが事件に巻き込まれて解決に挑まなくてはならない窮地に立つわけでもないのに。ポルトの情緒ある街並みの中、男と女が恋して官能的な時間を過ごすってだけなのに、なんとなくオシャンでボーッと観てしまった。


やっとこの作品を観られる気持ちになった。
アントン、もっと色んな作品で観たかったよ。
えりみ

えりみの感想・評価

3.6
かなり前にWOWOW録画。
故アントンイェルチン目当て。クレジットの最後にもfor Anton😢
ジム・ジャームッシュ作品はオシャレな人が観る映画、ってイメージ。本作の製作総指揮を担当。オサレ感漂ってる~
8ミリ、16ミリ、35ミリと色んなフィルムで撮られたポルトガル第二の港湾都市と主人公の男女2人の過去現在未来。
~異国で出会った男と女。
過去と未来の記憶が交錯するラブストーリー~
オサレ映画にありがちな、雰囲気で察しろ説明は無し展開
Don't think! Feel.
おかげでわしは間違って物語を捉えてましたがな🙄
この映画の真理とは。
年上の女が年下の男に求めているのは体力だけ💪
未来とか運命の人とか別に求めてないから勘違いしちゃダメよだめだめ~ってこととみた🚬
26歳の男(アントンはほぼ実年齢)が32歳の女性に誘惑されてその上「こんなにすぐイったの初めて💛(劇中の台詞がまたフランス人らしい表現でドキっとさせられる)」とかいわれたらそら何回でもハッスルして夜中3時に腹減りますわなぁ😄
ポルトの街は宵っ張りらしい。
そんでもって石畳と坂道が多いみたい。
海沿いなんかと思ったらドゥエロ川ってでかい河川らしい。
街の景色は色々出てくるけど食べ物飲み物はほぼ出てこない。
アントンが垂れ耳の犬連れてる。
べっぴんさんがチラっとおっぱい出してくれるし上に乗ってくれる。

20代半ばにしてまだモラトリアム引きずっててファッションセンスも大したことなくて早くも俺ジュードロウっぽい禿げ方してきたなぁって戦々恐々としてる人も、日雇い仕事でも何でもええからとりあえず外に出て街に出ていればいつかケイト・ベッキンセイルをもっと優しくしたような別嬪さんに誘われるかも😊
書を捨てよ、町へ出よう
mis

misの感想・評価

-

その一時は本物であり 二人にとっての永遠だった
恋愛ってつくづく難しい、もっと簡単に生まれたものだけでよかったのに年を重ねる毎に障害が現れて 時間や現状との兼合いがうまくいかない🤷🏻‍♀️もっとハッピーだけでそうなりたいって、それだけじゃダメなのね。。。。? とか考えちゃった、儚く詩的で現実的な美しい作品、ジャームッシュ総指揮♥
ミライ

ミライの感想・評価

4.0
映像と音と台詞が素敵だった〜
短いけどいろんな思いが交錯する作品
Atsushi

Atsushiの感想・評価

3.6
街の切り取り方が美しい。
短い割にちょっと複雑な構成になっていて意外と集中する必要があった。
>|