てるる

ミスミソウのてるるのレビュー・感想・評価

ミスミソウ(2017年製作の映画)
4.0
究極にこじらせてしまった子供達の愛憎劇。
単純にこれ好きですね。

誰も救われない物語を、切ない復讐劇を、過剰なスプラッター描写とともに描く。

特殊メイクにしろ、迸る血しぶきにしろ、とにかくわざとらしい。
一昔前のホラー映画かよ?てくらい作り物めいている。
やりすぎてコメディかよ?てなる。

でも、それがこの物語をどこか幻想的めいた雰囲気にしてるのかも。

美しい雪景色に映える血。
真っ白なキャンバスに浮かぶ赤。
美しいものとグロテスクなものの対比ってどうしてこうも惹かれるのだろう。

ちなみに押切蓮介の原作漫画は未読。
だからこそ後半の展開は「そうきたかー」となった。

皆どこか狂っていて、「んなバカな」という展開なんだけども、箍が外れた人間とはこういうものなのかもしれないと思わせる。

少しずつズレてしまった歯車が、どうしようもなく止められなくなって後に引けなくなるあの感じ。

学生の頃、少年犯罪の論文を書くために、凶悪な少年犯罪の経緯を調べたことがある。
そこにはこの映画で描かれるような「仲間に対する見栄」や「やらないと自分が標的にされる」といった仲間内の感情がその行動をエスカレートさせることが多い。

ある意味でイジメる側も被害者なのだ。
でもだからといってイジメられる側からしたらそんなことは関係ない。

観てる間も、その復讐には胸がざわざわしつつも「やっちまえ!」という感情が沸き起こったのも事実。
現在進行形でイジメられている人には途轍もないカタルシスを産む作品かもしれない。

ラスト。
その表情が物語る、生き残った者が背負う罪。
あの言葉だけを胸に生きて往くのだろう。