風来坊

ミスミソウの風来坊のレビュー・感想・評価

ミスミソウ(2017年製作の映画)
3.5
血と雪、赤と白、主人公は赤い服を着て、いじめっこのリーダーは白い服を着ているという非常にコントラストにこだわった演出がとても印象的。

中盤までは主人公が受けるいじめを中心に描いており、非常に鬱々な展開で胸糞…。とにかくいじめっこのガキどものクズさ加減が際立っていて、後の復讐に活きてきます。

やっぱり前半のいじめや事件が悲惨だった分、いざ復讐が開始されると少しスカッとする気分にはなります。
復讐されるわ我にありで復讐されて当然の奴等なので同情もなく主人公を応援してしまう気持ちに当然なります。

ただ陰鬱さが常に付きまとうので、アメリカ映画でよくある爽快感のある復讐劇とは一線を画していますね。

よくある復讐無双的な展開になるんだろうと思いきや、主人公が関わらないところでのイザコザや終盤の展開には驚きましたね…良い意味でひねくれていると思います。

すんなり行かず主人公がちゃんとダメージを受けるのもリアルな感じを出していますね。まあそれでも女子中中学生にしてはちょっとタフ過ぎるかと思うところもありますけど。棒切れのスイングスピードも半端ないし(笑)

抑えきれない怒りで殺害の仕方もそれはグロくなるのですが、中にはただ落ちた拍子に死ぬというあっさりした死に方にの子もいて復讐格差はちょっと気になる。グロにこだわるなら分け隔てなく、みんなグロい死に様にして欲しいところ。あの子だけ特に凄惨でインパクトが強い「父ちゃん」も印象的。

最近のヤンキー事情は分からないですが、クズのいじめっこでヤンキーだとして小包丁を携帯とかうーん…という感じ。警察がお飾り状態なのもリアルさを感じません…。いくら田舎にしたって通り道のような所で、雪のなか死体放置してたら誰か気付いて大騒ぎになると思うので死体は隠すとかそういうのがあると良かったかな。

内臓飛び出しや血糊など作り物感が出てしまいリアルさは薄れてます。あまりに過激過ぎると色々問題もあるので、意図してチープさを残しているのだろうとは思います。

子ども達にも問題はあるが、周囲の教師や親や大人達にも大いに問題ありという現実を皮肉る演出もパンチが効いていました。特にあのゲロ教師はとんでもないなと(^o^;)

前述したようにコントラストにこだわった映像は綺麗ですし、ただの復讐物語にさせない感じは見事だったと思いますが、やはりモヤモヤするのは個人的にはやっぱり苦手です。