ミスミソウの作品情報・感想・評価

ミスミソウ2017年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え…

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

本当はこういう作品、好きではない。
いじめとかもっと酷いのは「ヒメアノ~ル」とか有りますが、仲が良かったのが、いじめられる側になる所は描かれてなかった。
大人がほとんどおかしいのばかり。
教師も保護者も。
それで、子供がいじめたり、暴力的になったりとか。
血みどろシーンは、容赦ないです。
足を組んで後ろから椅子を押してきた奴は、顔面を殴りたくなりました。
残酷で狂ってて切なくて、何故だろうそれがまた美しい。これでもかという程の生々しい人物像と人間関係。雪が降るなか懸命に芽生えるミスミソウが全てを物語っていた。雪と血が映えに映えて残虐でいてやはり美しい。今年最大の衝撃と切なさと狂気がたっぷり詰まった傑作。トラウマだなんてとんでもない、一生忘れられない作品となった。
刺激的な原作を「先生を流産させる会」の監督がメガホンをとる。ナイスプロデュース!
くみこ

くみこの感想・評価

3.7
素晴らしい不快感
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.7.18 UPLINK(内藤瑛亮、田坂公章トークイベント)

閉ざされた雪景色の中で反転する愛憎の昇華のなんと神話的なことよ。黒沢清のトラックに近い除雪車の登場やラストの切り返しにも舌を巻く。
おQ

おQの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

すっごいよかった。毎日「道程」聴きまくり。エンディングまでわざと聴かせないとこもよかった。ヒロインが、やばくなると手元になぜか武器があるのも最後まで意味があったし、ゾクゾクした。みんな演技賞。
はい

はいの感想・評価

-
すごい。みんな狂ってる
一言で言うと少女がいじめられて復讐するお話し…
ただそのいじめも復讐もかなりハード(笑)
中学生がここまでやるか!と思うくらいハードでイカれたヤツばかりで復讐の時ゎスカッとした(*^^*)
血の出方や殺され方ゎちょっと作り物っぽさがあり不満ゎありましたがなかなか個性的な殺し方で良かったと思います。
そして雪と血ゎこういった映画でゎ鉄板ですよね(^-^)
血が綺麗に見えるし見せ方も良かった!
雪割草(ミスミソウ)の花言葉…
『自信』『信頼』『期待』など、まさにこの映画のテーマ!って感じがしましたm(__)m
MR

MRの感想・評価

3.0
人間こわい。嫉妬は人を狂わせる
>|