ミスミソウの作品情報・感想・評価

ミスミソウ2017年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え…

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

3.0
原作を知ってたため鑑賞

わかっていたけどひたすら悲鳴をあげながら鑑賞してた笑
中盤から早い段階で復讐に入ったので残虐シーンが長く続いた
MOCHIWAR

MOCHIWARの感想・評価

3.8
映画としての倫理観がキチンとしている。内藤瑛亮はめちゃ映画見てる。

雪のルックが良いぞ
内藤作品は前作の「ライチ光クラブ」は未見なのですが、良く悪くもイヤ〜なグロ作品のイメージ。そして本作も同様のテイストで復讐作品なのですが、グロさにも説得力があって登場人物にもリアリティがありました。「これ、触んない方がいいのかなぁ」とかの中学生っぽいリアクションはたまらなかったです。村社会のコミュニティでエスカレートする展開もバランス良く描かれてます。ストーリーにアラが多少ありますが、ジャンル映画なので問題なし!
眼球釘刺しからはじまる・・・
シーク!! アンド!! デストロイ!!!!!
https://youtu.be/iqwDhHQhJr8


眼球ブスリ釘刺し…指をスパーン切り落とし…アキレス腱を切り…口を切り裂き…肉片辺りに飛び散り…腹から内臓が飛び出し…
真っ白な雪景色を血吹雪が赤く染めていく。

私のフォロワーさんの中にも多くいますが・・・
人体損壊描写などのグロテスク表現が大好き♪という “ 頭のおかしい人たち ” には、ヨダレをダラーって垂らすくらいの大好物な強烈なグロ描写が次から次へと繰り出せれる凄絶な少女の復讐劇なので、そのジャンル好きには間違いなくかなり高い評価をされる作品なんじゃないでしょうか!!

※↓内藤監督編集血まみれ予告編。
https://youtu.be/aoHPf99UG54


じゃあ、わたし的にはどうだったのか?

・・・グロは苦手なんで (;・∀・) チョット

↑じゃあなぜ観に行った?
私が敬愛する方の映画評で今作品を大変評価されていたので、とても興味があった作品でして・・・現在「おやまゆうえんち~(°∀°)♪」でお馴染みの小山の古い映画館にて上映されていることを知り、車を飛ばして1時間かけてわざわざ観に行ってきましたよ(・∀・)ヤレヤレ


東京から田舎町に引っ越してきた少女が中学校でハードコアないじめを受けていた。いじめはエスカレートしてゆき、家は放火され両親は死に妹は植物人間に・・・少女は狂気が目覚め、壮絶な復讐がはじまる・・・。

今作品はリアリティーはないし、特に深さもない。ただ…この尺を考えると、少女・少年達に焦点を絞った描き方が良かったと思う。彼らの気持ちの移り変わりがしっかりと映し出されていて、救いはないが…とてもエモーショナルな作品になっていた☆


主人公の春花を演じた山田杏奈さん…正直、序盤は「上手くないなー(´Д`)チェッ」と観ていましたが、復讐殺人マシーンと化してからは素晴らしかったです!!流美役の大塚れなさんも精神崩壊してからが最高でしたよ!щ(゚Д゚щ)コロス…
あまり上手くない若い役者陣の中で、 私の大好きな “ドSの須藤くん ” (←ちはやふる) こと清水尋也くんは安定の上手さで最後のサイコっぷりはさすが!お見事!!


私の好き嫌いは別にして強烈に印象に残る作品でした。昨日観た『孤狼の血』とはまた違ったヤバい日本映画でしたよ(・∀・)ノ!


おしまい。
Nimet

Nimetの感想・評価

3.4
原作を読んでいて、実写は難しいのでは、と思っていたけれど、山田杏奈が見事に演じていたと思う。
猫山

猫山の感想・評価

5.0
押切先生好きすぎて問答無用だよ…
良くぞここまでやってくれたと全猫山スタンディングオベーションだよ
好きだ!!押切先生好きだ!!!!最高!さいのこう!!!!
あの寒そうな雰囲気もちゃんと何か伝わりウホォおおおおお!!
ああ、この時代に生まれてて良かったなぁ…
なんか最後もちょっとグッと来ちゃったしエンディングの曲もジーンと来ちゃったし復讐シーンも本当にグッド!!!見終わった後の「終わった…」感素晴らしい…
好きだ!ミスミソウ!!!<(´◓Д◔`)>ア゛ア゛ァ゛アァァーッ!!!!!!!!
スパー

スパーの感想・評価

4.2
むごくて非情な少女の決意は雪を溶かし、ミスミソウが大人しく咲き始める
Kelly

Kellyの感想・評価

4.4
すごい。最高。カタルシスってこういうこと。精神を浄化されるような映画だった。

めちゃくちゃグロくてダークで鬱な話なんだけど、同時にあらゆる愛情の形が肯定されているようにも思えて、泣けて泣けて仕方がなかった。

絶望もするしスカッともする。希望もあるし諦めもある。
それぞれのキャストが光っている。
本当にパワフルな邦画。
>|