Akiyoshi

OVER DRIVEのAkiyoshiのレビュー・感想・評価

OVER DRIVE(2018年製作の映画)
3.7
光る星を繋ぎ合わせ 夜を超え朝が来るまで
過ぎ去る昨日までを許して 今日は何処へ行こうか

WANIMAの主題歌「Drive」が爽やかに流れ、映画の名シーンとメイキング的な映像が映し出されるエンドロールの中、席を立つ人は誰もいなかった……。

「OVER DRIVE」

モータースポーツのラリー競技をテーマにした作品であるが、青春映画に近いものを感じた。キャッチコピーである「信じて駆けろ」「全てを懸けた兄弟の熱き想いが走り出す」から熱いイメージに好印象を受けたが、やはり本編の熱量も相当なもの。自然の中を大迫力のラリーで観客に魅せる技術や兄弟の信頼関係から生まれるドラマチックな展開に胸が熱くなり、「頑張れー!」と応援したくるオリジナリティー溢れるストーリーでした。

監督さんが「海猿」などを描いた監督で、男の友情や関係性を描くのがとても上手な印象を受けた。男のプライドや、葛藤の表現力は新田真剣佑と東出昌大が理想的で、表情から読み取れる感情がわかり易い。

ラリーで駆け抜ける様々なステージにも特色があり、例えばコンクリートを走るステージがあれば、大雨の山道を走るステージもあったりで観ていて飽きなかった。

日本版ワイルドスピードに成りうる可能性を持った世界観だ。ファミリーだぜ。