masarai

OVER DRIVEのmasaraiのレビュー・感想・評価

OVER DRIVE(2018年製作の映画)
4.3
今週はクリップ🖇倉庫ではなく映画館です!
3本観ちゃった(≧∇≦)

まず1本目
コレ面白かった~!

で、まず先に、すみません!
今回のレビューめちゃくちゃ暑苦しくて長いです!(^_^;)(笑)
でもこの映画本当に面白かったので車に興味がない人にも興味持ってもらえるように結構マジで書きました!
どうか読んでほしいっすm(_ _)m

最近若い人の車離れが進んでいるらしいけど、車好きならコレ絶対に楽しめると思う!

でも車好きじゃなくても、モータースポーツに少しでも興味があるなら楽しめる!

あ、もしくは、ゲーム好きなら、グランツーリスモやリッジレーサー(古っ)や、セガラリーチャンピオンシップ(さらに古っ)、イヤもう何でもいいや!カーレースゲーム(←急にザックリしたなw)にはまった経験があれば楽しめるよ!

あ、そーじゃないなら漫画!「イニシャルD」とか「カペタ」とか今連載中の「MFゴースト」が好きなら大丈夫!

イヤ、あー、あとはオートレースとか自転車レースとか、ボートレース、コンマ数秒を争う陸上競技、なんなら運動会の娘や息子の徒競走でがんばってる子供たちを応援して熱くなれるなら大丈夫!(←もはや無理矢理w)

あ、あとは真剣祐ファンなら、ムキムキの細マッチョおがめますよ!(←なんとかして興味を持たせようと必死かwww)

実は僕、20代まで走り屋みたいなことをしてたんですね(お!また新たな一面の告白w)

最初に乗った車は、今はもう市販されていないトヨタのスターレットっていう車種の初期型だったんだけど、すんごいオンボロで、運転席の下(足元)に10円玉くらいの穴が開いてて、下見るとアスファルトが見えてるという!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
今考えるとあり得ない車www

その車には半年くらい乗ってたんだけど、オートバックスでカロッツェリアのカーステ(当時カセット式)買って、友達と一緒にコンビニの明かりで取り付けて「イェーイ!海までドライブしよーぜ~!」って言って1つ目の交差点で一時不停止の車に横から突っ込まれて廃車www

でも、そのころから車好きになって、その後RX-7に乗って、けっこう弄ったりして、毎週末箱根の方に走りに行ったりして、ドリフト小僧だったんすよね。

もう最近は、すっかりファミリーカーで燃費を気にして超安全運転だけど、この映画観て久しぶりにRX-7に乗りたくなったー(๑˃̵ᴗ˂̵)

日本でもラリーが、この映画の中くらいメジャーなモータースポーツになってくれたら嬉しいんだけど、もうガソリンエンジン自体が時代遅れのものになりつつあるからなぁ、、、これからの日本でモータースポーツが活性化するのは厳しいかもねぇ。

でも皆んな聞いて!日本の自動車業界ってね、日本車の技術力って世界的に見ても結構すごいんだよ!だから興味持って!お願い!

この映画は、WRC(ワールドラリーチャンピオンシップ)と言う実在する世界規模のレースを模した架空の国内ラリー選手権をベースに、そのラリーでの戦いを通しての人間ドラマあり、兄弟愛あり、成長していく模様ありで、後半ちょっと泣かせる部分もあり、なかなか観応えあったよ。

特にラリーのシーンがもぅっ熱くて!(*≧∀≦*)
山道や、田舎町、市街地や、高速道路のステージがあり、かなりリアルに撮られてたっす!

田舎町のステージは、白川郷か五箇山かな?、合掌造りの茅葺き屋根の家の間をラリーカーが走り抜けていくシーンや、高速道路はお台場周辺の首都高・レインボーブリッジの辺りでのレースシーンがあり、かなりリアルでびっくりしたっす!
でも日本じゃ多分撮影許可が下りないだろうからCGや合成なんだろうけど、でもすごくリアルで盛り上がれたっす~!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

あははは。ちょっと興奮しちゃって変なテンションだね(笑)