シマクマ

OVER DRIVEのシマクマのレビュー・感想・評価

OVER DRIVE(2018年製作の映画)
3.0
真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋と
世界ラリー選手権へのステップアップを目指す天才ドライバーの弟・檜山直純
兄・篤洋の助言を無視して無謀で勝気なレースを展開する弟・直純はラウンドごとに兄・篤洋と衝突を繰り返し
いつしかチームにも険悪なムードが漂い始めていた
そんなある日 直純の新しいマネジメント担当としてラリーの知識が全く無い遠藤ひかるがやってくる・・・という話


新人のマネジメント担当の女の子がこの映画の主人公かと思ってたが
この女の子が兄弟のどちらかと恋に落ちるようなシーンもないしマネジメントの話ってわけでもない
また兄弟の方も人物描写が浅く感情移入しにくい
思い切って女の子は切り捨てて兄弟をもっと重点的に描いた方がよかったかも
ちょこちょこ挟まれるラリーレースのシーンは格好いいんだけど観てて熱くなる感じでもない
車の整備もレースのシーンも中途半端な気がした
1時間45分の映画ではなくドラマにしてそれぞれの登場人物を詳しく描けばもっと面白くなったかもと思った

とりあえずこの映画観た印象は新田真剣佑のイメージビデオ
何度も彼の上半身の筋肉美を見せるシーンが出てくるし
車を運転してるシーンや夜の波止場でバイクの整備してるシーン等
彼の格好いいシーンが沢山出てくる
たぶん彼のファンなら満足できる映画だと思います