OVER DRIVEの作品情報・感想・評価

OVER DRIVE2018年製作の映画)

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。 「攻めなきゃ、勝てねーから!」 WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純…

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。 「攻めなきゃ、勝てねーから!」 WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。 そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。 なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。 彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

「OVER DRIVE」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

-
もっとモータースポーツ題材にした作品増えないかなぁ
ナガセ

ナガセの感想・評価

5.0
初めて5回も観に行ってしまった。
内容は平凡だけどねー。

ヒットしてないしアイドルも出てないけどBlu-Ray出るみたいでうれしい
ゆい

ゆいの感想・評価

2.4
かわいい女の子と観に行ったけれど楽しかった。
兄弟愛。とりあえずマッケン(檜山直純)が眩しい。
ラリーのことは1ミリも知らなかったけれど鑑賞中自分が車に乗っているような感覚に陥る。アトラクションみたい。ジェットコースター。レースの熱さと兄弟の絆の熱さに痺れる。
マッケンがパーティで暴れるところと泥酔してプールに飛び込むところが割と好き。匠海くん(新海)がチョイ役な気がしたけど良い味出してて良かったよ。
みつ

みつの感想・評価

3.7
ただひたすらに熱くかっこよく

男臭く女々しく……

滾るものがある映画だった。


公開初日に最大スクリーンで観て大正解。

迫力あってかっこよかったし、イケメン好きにはたまらない映画だと思った。
サーキットとラリーの違いさえよくわからないレベルで観ても観てるうちにわかってくるし楽しめるから大丈夫。


臭いセリフもだんだんハマるから不思議。
観終わって自然と優しい笑顔になれる大人の青春映画って感じでした。
てん仔

てん仔の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

正直女の子は下手だったしいらないと思うが、兄弟の熱い気持ちに感動!!!
兄弟共に芝居がピカイチ!!
感動した。もう1回見たい。
marina

marinaの感想・評価

1.0
これは誰を対象にしてるの?
ひたすら車が走ってる映画。
もしくはひたすらイケメンがでてる映画。
大好きな新田真剣佑×大好きなラリーという組み合わせがわたしの中で最高の映画でした。
現在車に関心が薄いと言われている若者がこの映画を機に車に興味を持ってくれればいいなと思います。
くそーッ!真剣佑めちゃくちゃカッコイイやんかー!

首都高閉鎖でほんまにこんなレースやってくれへんかなー。
真面目なメカニックの兄と勝気で奔放な天才ドライバーの弟が衝突しながらも最後は、ってゆうありきたりなストーリーやのに泣いてしまって、そこを友達に見られてめちゃくちゃ恥ずかしかったです。単純な泣かせ誘導のプロットに涙してしまう僕のお恥ずかしい頭に外科的手術で涙が流れないようにしてほしい…泣。

上映後に近くに座ってた女の子が森川葵ちゃんをボロクソ言ってて、それに激しくその友達の女の子も同調してて思わぬ所で女の人の闇爆弾の恐ろしさを垣間見てしまいました。
どうやら真剣佑、東出君と比べてビジュアルが合わないとのことらしく…んー…どーなんでしょーか…。
>|