茶色

ビール・ストリートの恋人たちの茶色のレビュー・感想・評価

4.0
バリージェンキンス監督登壇先行にて。
美しい音楽と美しい映像が思い出のように流れる。瞬間を共有しながら、上映前に監督が言っていた「僕らが経験していることを僕らの靴を履いて映画で体験してほしい」(うろ覚え)という言葉の意味を考えてた。
ゆったりと流れる幸せな時間が壊れていくのがやるせなかった。
こんな言葉じゃ足りないくらい悔しい思いをしているのだろうな…そしてあのエンディングが何を意味するのか。

監督の貴重な話が聞けて良かった。お茶目でユーモアがあって素敵な方でした。
ちらっと顔を出すキャストに、出てたの!?と驚きました(笑)