ビール・ストリートの恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

ビール・ストリートの恋人たち2018年製作の映画)

If Beale Street Could Talk

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

「ビール・ストリートの恋人たち」に投稿された感想・評価

tomひで

tomひでの感想・評価

3.0
内容を全く知らずに見たが、タイトルから想像する内容とは全く違う映画で良かった。人種差別によって迫害を受ける黒人カップルの話。

アメリカではこういう闇が日常的にあるんだと思う。しかし、おそらく日本も似たようなものでアメリカと大差なく(ある意味アメリカよりも鎖国的なのかも)他国人種を迫害するんだと思う。人類永遠のテーマ。そしてこういう映画が延々と繰り返し作られていくんだと思う。
物心ついた頃から互いを知っていて、愛し合う中になったティッシュとファニー。
ティッシュが妊娠した時、彼女の家族は祝福したが、ファニーの家族で歓迎したのは彼の父親だけだった。
白人警官に逆恨みされたファニーは冤罪で収監中だったのだから。
ファニーを救うべくティッシュと、彼女の家族は奔走するのだが・・・



公民権運動で活躍したジェイムス・ボールドウィンの同名小説を「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスが映像化。
"人"の物語として描いている故、トーンは静謐。
その裏に潜む"怒り"
一遍のラブロマンスと人種差別 ―― ここのバランスが少々中途半端な印象が強かった。
映像と音楽は美しかった。
女は強い。女性同士の結束で、社会の不条理に立ち向かう。

男性キャラが完全にモブ。
でも、監督は男性っていう。。

卒論に書いた思い出
襟

襟の感想・評価

3.8

ティッシュの家族がめちゃくちゃ暖かくて素敵。女性って強い。そしてファッションも可愛い。
ワンカット一つ一つがお洒落すぎて音楽も心地よい。
何もかもが解き放たれて、人種関係なく幸せになって欲しい!

テナント貸してくれたお兄さんめちゃくちゃいい人だったな〜

本当にチョイ役だったディエゴとペドロがいい味出してた!
Ismrks

Ismrksの感想・評価

-
理不尽すぎる社会だがこれは紛れもない現実であり、70年代から今日まで表層だけでほとんど進歩がないことは昨今の米国の人種差別を見れば火を見るよりも明らかである。いや、トランプが時代を巻き戻したのか。
yu

yuの感想・評価

2.9

悪い白人も 良い白人もいる。
良い黒人も 悪い黒人もいる。
結局は社会が悪い。お互いを差別したり、陥れたり、罵ったりして自分を守ろうとする。

恋人同士でも、家族でも、友達でも
欲を言えば知らない通りすがりの人にですら愛が広がればいい。
でもきっと、世の中はそんなに愛で溢れていないから、
多くの愛より、近くにいる人へ強い愛を持ちたい◎
>|