スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

アメリカの、忘れさられた街のはずれにある、三枚の広告看板(スリー・ビルボード)。さいごの広告が貼り出されれたのは1986年で、板は朽ち果て、みる影もない。どうせ誰も通らない道だ。母はその看板を利用することを思いつく。娘をレイプされ焼き殺された母は。捜査は進んでいない。どころか街の警官は、ろくに捜査もしていない。黒人に暴力をふるうのに忙しいからだ。虐待、差別、悔恨、救済。ありとある問題と感情が噴出する。それはこの街の問題であり、かつまたはかの国の、そしてわれわれの国の問題でもある。繁栄のうらでひっそりと進行している、分断と軋轢。それはがん細胞のようにひとを、社会を内側から蝕んでいく。自由の国は昨今、その自信と余裕を失い、大いに迷っているようにおもえる。そういう映画もさいきんは増えた。われわれのやってきたことは、ぜんぶまちがいだったのだろうか。みんななにかがおかしいと感じている。でも、どうしようもない。時間は無情にも過ぎていく。どうもわれわれは、重いものを重いまま受けとめて、それでもなんとか生きていくしかないのかもしれない。人々はそのことに気づきはじめている。受けとめて、ではどうするか。暴力による復讐?どうにも気が進まない。では別の方法?すぐには思いつかない。まあ、それは道々で考えればいい。いや、考えなければならない。わたしたちはいま、そういう岐路にたたされているのかもしれない。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.9
ずーーん

序盤だけど、
死んでからじゃ意味ない
っていうミルドレッドの言葉がめちゃ重かった

淡々としていた母親が
段々と復讐心をあらわにしていく感じが怖い

登場人物それぞれの闇と、
優しい部分と、愛に気づくところと
激しい怒りと、色々な感情が溢れてて
見終わって疲れてしまった
わかな

わかなの感想・評価

3.3
考察読んで驚いてる
ラストの余韻やべえ、人とは
mitchell

mitchellの感想・評価

3.9
どの俳優さんの演技が素晴らしい。
かなり感情移入が出来る作品です。
ウディ・ハレルソン流石です。だいぶ前のドラマ「トゥルーディテクティブ」を思い出しました、観てない人は観てください(笑)
解決しないで終わるモヤっとした感じが無く楽しめる数少ない映画です。
Pistolstar

Pistolstarの感想・評価

3.7
ボタンをかけ違えたように怒りの矛先はあらぬ方向へ向かっていく。でも、きっかけがあればどんな人でもまだ変われるんだなと思う。
問題は怒りだな。怒りは更なる怒りを生じる。
解説読んで初めて理解できた…。
kazuya

kazuyaの感想・評価

4.5

作品としてはアメリカの地域知識などの事前に知っておいた方がわかりやすく観れる作品だが、そこに理解がなくても楽しめるとは思う。
ストーリーも素晴らしいのだが、主要人物の3名の役者はえげつないぐらいの素晴らしい芝居をしていてそれだけのために観てもいい作品。

個人的には、ある場面の字幕は本編で使われた訳よりもPVの方が面白かった。
>|