ジジョ

スリー・ビルボードのジジョのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.5
「物語の次は、こうなるのかな?」という予想、
「この人は、こういう人ね」という先入観。
どちらも次々と裏切られていく、まったく先の読めない映画。

絶対的な悪人もいないし、完璧な善人もいない。
そんな人々の群像劇が、そこはかとない面白みをもって描かれていて、その人間臭さに心が震えます。鑑賞後はなんとも言えない感情が湧き出て、それを噛み締めて帰りました。

アメリカの南部の田舎のなんとも言えない雰囲気もとてもよかったなぁ。

そして、音楽がバツグン!でした。
音楽に注目しながら観て欲しい作品です。