うるぐす

スリー・ビルボードのうるぐすのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.5
3つのビルボード。3人の登場人物。
こんなにも感情移入に忙しい映画はない。なんてクソヤローなんだ、と思ってても、しばらくしたらやっぱいい奴だな、とか、可哀想だな、なんて思ったり。本当に、観客たる自分含めて、人間は勝手だと思う。
娘をレイプされて焼殺された母親は可哀想だけど、余命わずかな警察官を大々的に悪者とするのも可哀想だと思ってしまう。みたいな、ことが延々続くんです。
最後には差別主義者で、乱暴で、マザコンな警官ディクソンを見直す。こうなった時にもうこの映画にスタンディングオベーションでした。最高。

結局、あの3枚のビルボードは必要だったのかなあ。
また書きます。