ぼぶ

スリー・ビルボードのぼぶのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.0
ムスメがレイプされて焼死体で発見、という辛辣な事件が核にはなっているけど、実は照準はあまりそこになかった感じ。

元、南部の思想が残る田舎町に生きるそれぞれがそれぞれの正義と愛情と信念を持っていて、噛み合わないんだけど、すれ違ってはいない…なんとも絶妙な塩梅。

広告を出すというのはかなりの名案だが、そこからこれだけ人間模様が広がっていくというプロットが面白かったし、それぞれの演技力に脱帽。

ひっくり返ってもがいてる虫の挿入や、ブランコは昔は兄妹で乗ってたのかな、最後息子は母へ母は息子へ愛情を…などなど、意味を感じられるシーンも多かった。
火事と火炎瓶くらいで、そこまで派手な波も涙もないけど、観終わると何故か清々しい不思議な名作に思えた。