totoruru

スリー・ビルボードのtotoruruのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.8
負の連鎖。

そして赦しの物語。


諸悪の根源である犯人がおりながら、犯人以外のところで多くの人が憎しみ傷付け合い、落ちていく様は余りにも見ていて苦しい。

それだけにラストはあれで良かったと思う。


そして、作品の良さもさることながら凄まじいほどの演技合戦は見ものです。

とりわけサム・ロックウェルの演技には感嘆のため息がこぼれた。

正直言って今までの出演作品【月に囚われた男】【銀河ヒッチハイクガイド】【バッド・バディ】などが個人的には余り相性が合わず、評価に苦しむ役者さんでした。

しかし、今回は凄かった。

前半のクズっぷり、後半の別人と見紛うほどの険がとれた優しげな表情…

まさに圧巻の演技で、助演男優賞も納得です。


アカデミー主演女優賞のフランシス・マクドーマンドも文句なしの演技。

時折見せる泣きと笑顔が素晴らしかったです。
 

そうそう、ビル・ウィロビー署長役を演じたウディ・ハレルソンも助演男優賞にノミネートされてましたね。

たしかに、ウディ・ハレルソンも見事な演技でした。


作品的にも終始全くダレることなく見事な脚本で、とてもテンポが良く最後まで観ることができます。

マジでアカデミーで作品賞と脚本賞を取れなかったのが不思議なくらいの秀作です。


素晴らしい演技の数々と見事な脚本の作品。
必見ですよ〜!




おまけ



素敵なシーンもたくさんありました。


ミルドレッドと鹿のシーン。

ミルドレッドと署長の取調室のシーン。

ミルドレッドとディクソンのブランコのシーン。

そして、オレンジジュース。

本当に良い映画でした😆