aoi

スリー・ビルボードのaoiのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
3.9
話題になっていたし観るか、くらいのテンションで観たけどとても良かった。
答えの出ない問題に、予定調和的な結末は安っぽいもの。

怒りを外へ向けると、さらなる怒りを生む。母の怒りの訴えが、第三者の怒りを生んだように。
けれど、連鎖するのは憎しみだけじゃないと教えてくれる。とても愛のある作品。
みんな弱くてクズで、遺族も警察も決して正義ではない。子供を蹴るし、差別や恐喝だってする。
どんな立場でも、完璧にイノセントな存在なんていないのだ。
自分が完璧じゃないように、隣人も完璧じゃないとわかってあげよう。
(そこから赦しや愛の連鎖が生まれるはず)

みたいなニュアンスの事をゲッターズ飯田が言ってたな。


この映画にテーマはいくつかあって、そのうちの1つは「声を上げる」こと。
ヨーロッパ映画と違い、この作品でストレートに怒りを表現されるのはこのテーマにかっちりハマっていたのが良かった。


# 12/2019