りほ

スリー・ビルボードのりほのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.5
シリアスものとしてもエンタメとしても良く出来た映画。この手の映画だとよく母親側「だけ」を正義と描く妙に単純だったり、その他のキャラが添え物的なものも多くて不満が残るのですが(ミルドレッドの怒りは当然過ぎますよ)、脚本がそんな矮小なレベルを遥かに超えていました。私も実際、見始めはミルドレッドに感情移入しまくっていました。しかし本作品は人間は当然の如く多面性があること、どんなかたちであれ救いや赦しの可能性も残されている事までしっかり描いている。ユーモアまであるのは最高です。役者の演技も最高。ウッディ・ハレルソン、いい俳優になったなあ。