クソレビュアー

スリー・ビルボードのクソレビュアーのレビュー・感想・評価

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)
4.0
怒りと許しがテーマの作品。
主要3人の怒りと許しが丁寧に描かれていて素晴らしい。
一見逞しい女性に見えるも、様々な葛藤に苛まれている女性をマクドーマンは巧みに演じれていた。
怒りの連鎖を断ち切り希望の満ちたエンディングである