スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.9
うーん。。。
非常に評価に困る作品。
一言で言えば、「愛」と「赦し」がテーマなのかな?

昨今のハリウッド映画の特徴として、アメリカの闇の部分を浮き彫りにする風潮があるようだが、本作もその流れを継承してると思う。

サスペンス度はそれ程高くないし、かといってブラックユーモア満載のウィットに富んだ突き抜けた具合もない。だが決して飽きさせる事の無い緻密な脚本でストーリーには引き込まれる。。。今年の賞戦線の大本命なのだが。。。とにかく観る人それぞれの価値観で評価が二分されそうな作品ではあります。

印象的だったのはサム・ロックウェルの怪演ぶり。元々大好きな俳優だったが本作で1番得してるのは彼じゃないのかな?

そういえばアカデミー賞って、俳優の得票率が30%くらいあるんだよね。ならば、本作で決定なのかな?

個人的にはそんなに好みの作風ではありませんでしたが。。。何かが物足りない。。。
巷の評価は高いですが、個人的には合いませんでした。見終わった後にもやもやが募りました。出てくる奴らがクレイジーで感情移入出来なかったからかもしれません。
はがゆい

広告会社の男の人の心の深さに
自分を反省する
雫

雫の感想・評価

3.4
全員の気持ちがわかるからなんとも言えない。辛い。
最初は怒りで話が進み、相手を傷つけるばかりだったけどそれがみんな相手を赦すように変わっていく。
なかなかできることじゃないです。私にはできない笑
オレンジジュースのところが1番泣いてしまった。
サスペンスという触れ込みだったから犯人はー?って観てしまったけどそういう話じゃなかったですね…
もやもやっとしてて好きな終わり方じゃないけど、これ以外どうしようもないか。
Megmeg

Megmegの感想・評価

3.1
何とも点数のつけにくい作品。
スカッとするわけでもないし
同情もしにくいし。
バラバラだった人間関係が
少し近づく感じかな。
shiori

shioriの感想・評価

4.0
憎しみの連鎖が止まらない復讐劇かと思いきや、愛や赦しに心揺さぶられて、でも結局やってることは犯罪でっていう全てがグレーな作品、、

嫌いになりそうでなれないし、感動しそうでできない。
でもラストまでくるとその人間臭さに惹かれてくる👥

フランシス・マクドーマンド演じるミルドレッドがsuper cool bitch :)
シノ

シノの感想・評価

3.6
娘がレイプされて殺された母親は何ヶ月経っても犯人が捕まらない為、三枚の広告用看板にメッセージを載せます。

ちょっと重苦しくて、登場人物の多くは人格が歪んでいますが、最後は予想と違った展開でした。

もう一度は観ないですが、色々な賞を獲得しただけありました。
全然わからん
brouillard

brouillardの感想・評価

4.5
あー、これが「赦し」ってやつか。

全米が泣いた(?)オレンジジュースのとこね。

彼はすごいし、えらいと思う。罪を犯さないひとなんかいない。だから赦すことで自分も赦される。そして、彼の赦しがきっかけで、ミズーリ州の片田舎でこんがらがった負の連鎖が断ち切られ、物語も好転の兆しを見せ始める。

でも、自分なら赦さないw 別に赦してもらわなくても結構だし。
TomoKroos

TomoKroosの感想・評価

3.6
なるほどな、そういう映画だったんだ。

かなり大人向けな内容ですねこれ。
終始重たいし、分かりやすい感動を感じられるようなヒューマンドラマって感じでもないし。
自殺した署長の手紙が、個人的にはすごく良かったです。
>|