スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

4.2
いやぁ面白かった。
救いのないデトロイトを観た後なので、でもこれフィクションだし、ね…と観てる間何度も思った。

世の中は善いことだけをする善人と悪いことだけをする悪人でできているわけではない、てごく当たり前のことなんだけど、良いモンと悪いモンがはっきりしてる方が楽に見られるからマスに支持されやすくて、そういう映像作品が量産されるわけですよね…
というのは愚痴だけど、え、そんなことするの⁉という裏切りがいくつもあって、でももちろん一人の人間の行動として矛盾しているわけではなく、いやホント、人ってそういうもんですよね、と。

ラストシーンも素晴らしい。
もう一回観に行ってパンフ買ってこよう。

各賞総なめでしょうが、脚本賞は特に獲ってもらいたい。

追記。これを観た後だと、どの映画も凡庸に感じてしまう…
りゅう

りゅうの感想・評価

4.2
初見はなんとも思わなかったけど、ふと思い出していい映画だなぁって思いました。
ストローのシーンが好き。
かず

かずの感想・評価

3.0
おばはんが怖過ぎ
こんな終わり方になるのかー
F・マクドーマンドの啖呵の切りっぷり!
あれは圧倒される
しかしあんな展開に発展しちゃうとは
悪い方悪い方に話が進んでしまう
田舎の一市民だったはずなのに負の連鎖へ
事の発端は不幸な事件から
被害者感情もわからないでもない
遅々として進まないのだから
報復のエスカレートはエグい
故人の遺書でようやく救われた当該者達
だがその矛先は間違いないのか?
下高井戸で観ました。誰かに心からお手紙を書きたくなった。それから二人でジュースでも。そんな気持ちにさせられた。

このレビューはネタバレを含みます

「怒りは怒りを来たす」

色々あったけど、やっとミルドレッドとディクソンは気づいたのだ。

親と子、白人と黒人(その他有色人種)、ノーマルとLGBT、金持ちと貧困層、健常者と障害者、世の中の人々の間には色んな怒りがあり、その怒りを生むのもまた怒り。

ミルドレッドは3枚の看板で怒りを表して、怒りを怒りで消そうとしたけど、結局また新たな犠牲者を出しただけ。

ディクソンの長い怒りを気づかせてくれたのは、自分が傷つけたレッドが怒りを押さえたから。
あの一杯のオレンジジュースを、ストローを差し出す勇気があれば、世の中は少しづつ良くなるんじゃないか。社会ってそういうことの積み重ねなんだよな。

ファーゴの妊娠していた女性保安官役とは全く違う、どちらかといえばクズな母親役なフランシス・マクドーマンドはこの作品でもとても良かった。

(関係無いけど、息子14歳の誕生日に鑑賞)
YumaOshiro

YumaOshiroの感想・評価

4.0
終わり方そっちか!と思ったけどコレで良かったかも。なかなか良い映画でした。
大根と豚の煮物を作りながら観ました。
shiro

shiroの感想・評価

4.1
善悪とか正義とか、圧倒的な怒りの前で無力を露呈してしまうこともある。
キッカケは巨大な広告、広がる波紋に巻き込まれる人、巻き込まれにいく人。
最初から最後まで、驚きの展開と、署長の手紙に気持ちが揺さぶられてヘトヘトです。
実にいい映画でした。
最後は?!とかいうやつなんやねん!
いいの!そんなこと!!

この微妙な心理描写、変化を演じ尽くした俳優陣に爆裂拍手!!
miyui

miyuiの感想・評価

3.7
やっと!
強すぎる母、最強で最恐
優しいレッドが印象的だった
あと、ファッキンファッキン言い過ぎ!
>|