スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

4.2
いやぁ面白かった。
救いのないデトロイトを観た後なので、でもこれフィクションだし、ね…と観てる間何度も思った。

世の中は善いことだけをする善人と悪いことだけをする悪人でできているわけではない、てごく当たり前のことなんだけど、良いモンと悪いモンがはっきりしてる方が楽に見られるからマスに支持されやすくて、そういう映像作品が量産されるわけですよね…
というのは愚痴だけど、え、そんなことするの⁉という裏切りがいくつもあって、でももちろん一人の人間の行動として矛盾しているわけではなく、いやホント、人ってそういうもんですよね、と。

ラストシーンも素晴らしい。
もう一回観に行ってパンフ買ってこよう。

各賞総なめでしょうが、脚本賞は特に獲ってもらいたい。

追記。これを観た後だと、どの映画も凡庸に感じてしまう…
Makyu

Makyuの感想・評価

4.3
予告で見て抱いた期待とは違った満足をもたらしてくれました。
個人的にはウィロビー署長の手紙と、ラストがお気に入り。
面白くて感動的。アカデミー賞にも相応しいであろう作品であると感じました。
mikenekos

mikenekosの感想・評価

4.0
娘が強姦され焼き殺された母親が主人公。数ヶ月経っても犯人を逮捕できない警察に対して怒りを覚えた彼女は、町外れの道路に立つ3枚の広告板をレンタルして、そこに警察署長に向けた批判的なメッセージを貼り出すのだが……。

閉鎖的な街の空気感が独特だった。そして、その世界に生きる何人かの人物のイメージが前半と後半でまるきり変わってしまうのが印象的。

復讐心に支配され続け、やり場のない怒りを精神に充満させた人間が、とりあえずその感情をぶつける相手を見つけたと言わんばかりのラストは間違っているけど、間違っていない。重苦しく哀愁漂う雰囲気に終始するのに、妙な爽快感を与えるちぐはぐなラストが鮮烈だった。

全然関係ないけど、つい最近GoTを一気見したので、ティリオン役のピーターディンクレイジが出ててテンション上がった。
まるも

まるもの感想・評価

3.0
母親に同情して見始めたら…
何やってんだ警察と思ったら、署長…
差別と暴力が酷いよ、警官…

田舎町で起こったレイプ焼殺事件をめぐって、次々と覆される人物像に惹きつけられました。

相反するものが描いてみせているのは
いまの〝素〟のアメリカなのか。

ときどき見聞きする
南部気質というやつ?(よう知らんけど)
規範を尊ぶ慎ましさと、あからさまな差別と暴力が横行するアメリカの田舎町。
でも、土地柄だから、また個人のパーソナリティだから、と断定的できないモヤモヤ感があります。
eric

ericの感想・評価

3.0
こう言う大人の戦い&仲直り的なのすごく好き。
やっぱり主演のフランシスコさん凄い!
そしてハマり役すぎる!
ディクソンかわいいよディクソン。「怒り」に対する「許し」とかそんなテーマもあるんじゃないかと思ってみてた。子をもつ親からみれば気が気じゃない話だけど描き方はあえてフランクだし、そういうことなんだと思う。警察署長の奥さんがナウでヤングでセコイなぁと思いました。
いなば

いなばの感想・評価

4.7
なんて書けばいいかわからない
あ子

あ子の感想・評価

-
過去は変えられないけど
他人は変えられないけど
自分は変えられる
>|