スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

4.2
いやぁ面白かった。
救いのないデトロイトを観た後なので、でもこれフィクションだし、ね…と観てる間何度も思った。

世の中は善いことだけをする善人と悪いことだけをする悪人でできているわけではない、てごく当たり前のことなんだけど、良いモンと悪いモンがはっきりしてる方が楽に見られるからマスに支持されやすくて、そういう映像作品が量産されるわけですよね…
というのは愚痴だけど、え、そんなことするの⁉という裏切りがいくつもあって、でももちろん一人の人間の行動として矛盾しているわけではなく、いやホント、人ってそういうもんですよね、と。

ラストシーンも素晴らしい。
もう一回観に行ってパンフ買ってこよう。

各賞総なめでしょうが、脚本賞は特に獲ってもらいたい。

追記。これを観た後だと、どの映画も凡庸に感じてしまう…
人の優しさや支えを思い出させてくれる。

偏見や差別など心に余白がなくなった人が過激に物語を加速させていくけど、周りの人達の支えがあることを常に忘れてはいけないのだと感じました。

終盤にかけての希望も、現実の厳しさを知るのですが「目標」と「ゆとり」が垣間見えたあたりに救いを感じました。

疑心暗鬼な気持ちや理解出来ない事への暴力が少しでも減ったらいいですね,,,
劇場公開を見逃し後悔←
今更ながらTSUTAYAでレンタルして鑑賞。脚本にとにかく引き込まれた。ご都合主義だとかそんなことは気にせずひたすらに引き込まれた。鑑賞後はとにかく余韻に浸っていました。

脚本力もさる事ながら、やはりミルドレッド役のフランシス・マクドーマンドの演技力。強さの影に見え隠れする弱さが上手く表現出来てたのかなと。
真の優しさを持つウィロビー署長、中盤までクソクソのクソだと思ってた人間味溢れるディクソン巡査も本当に良キャラ。大好きな映画です。

このレビューはネタバレを含みます

根源的な悪は別の場所にあるのに、怒りの矛先を間違った方向に向けてしまい、怒りが怒りを来す。見えない敵に苛立ち、憎しみ、目に見える第三者を傷つけてしまう。これ収集つくのかなぁと思ってみてたら、良い感じに終わっちゃうのね。久しぶりに見入ってしまった。
ラストがいい
Mito

Mitoの感想・評価

4.5
技巧派感
宮本亮

宮本亮の感想・評価

3.4
なんのこっちゃ!
三枚の看板とその周りの3人の人間のの交わり。重い題材なんだけど疲れずに見れる、ただ見ごたえはしっかりあり。厚みのある作品ってやつか。
志庵

志庵の感想・評価

4.1
う、う〜ん…う〜ん…観ている間も観終わった後もモヤモヤしっぱなし…何でしょ?この感じ…。

どうしたらいいのでしょ?この感じ。

物語前半・中盤・終盤の衝撃を受けて観終わった後のこの感情…どうしましょう?

っとなってしまった着地地点の予想がつかなかった面白い作品(笑)
>|