スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

エンディングに賛否あるけど、私は拍子抜けしたほう。
ただ、それを割り引いてもいい映画。暗くて重いテーマながら、ところどころにくすりと笑いを誘うユーモアがある。
敵対する人々のなかにも、ひとさじの善意があり、それが心温まる反面、悲しくもあって。そして怒りが思いもよらぬことを引き起こすことも。
主人公の怒りにとにかく圧倒される。誰をも寄せつけず、ひとり泣きながら、ときにやりすぎだけど立ち向かう母の強さ。それだけにやっぱり最後が……
アル中

アル中の感想・評価

3.8
復讐劇、家族愛、色々混じり合ってよかった
今更ながら初見です。

もともと興味はあった作品。評判やある程度の知識から
「しっかり腰を据えて見るべき作品」という固定観念からずるずると引き伸ばしていた作品でした(笑)

そして、仕事休みなのに5時に目が覚め何気にスマホ見てたらWOWOWオンデマンドで発見。そのまま布団の中で見終えてしまいました(笑)

評判通りの作品でしたね。

とにかく一人一人の登場人物に魅力があります。
主演のフランシス・マクドーマンドはもちろんですが、ウディ・ハレルソン演じるウィロビー署長、やる事なす事すべてがいい…
彼の結末は残念ですが最後の日の過ごし方、手紙などは感動的。

そしてディクソン巡査のサム・ロックウェルも怪演でしたね〜
序盤、あそこまダメダメ感と嫌悪感を抱かせるのは彼の演技力の凄さを感じさせ、後半一変する彼の周辺や行動。ここでの表情や仕草などは完全に別人と思わせる変貌ぶり。
私の中では主役以上に印象に残りました。

あと、綺麗どころでは署長の奥さんを演じたアビー・コーニッシュが出番は少ないながらもいい味出してました。
ロボコップのリメイク版に出ていて印象に残っていたのですが多少歳を重ねていい感じになってましたね(笑)

全体を通して重い内容ながらたまに力の抜けるセリフがあったり、強いメッセージがあったり。。。時間を忘れさせる脚本は見事だな…と。
終盤で出てくる「怒りは怒りを呼ぶ」という内容のセリフが印象的で「教訓」を与えてくれた作品でもあります。
T

Tの感想・評価

3.8
理不尽や不条理が溢れた不穏な空気の中で裏切られる展開の数々、取り返しのつかない人間の怒りの行く先はどこで気持ちの収まりどころはどこなのか、答えがないからこそ観ていてもやもやする

細かいアイテムや言葉のニュアンスで拾えてないネタがたくさんあるんだろうなと感じて歯痒い気持ちにもなりました
ママがすげえ美人ならもう少し楽に状況変わったなってなんか思った。闇が深い世の中。現実がよっぽど都市伝説らしい
終始漂う違和感や、唐突な破滅的暴力。田舎町を舞台に起きた凄惨な事件と被害者遺族の怒りと、その背景を追うサスペンスかと思いきや、常に裏切られ続ける予想。観る人が映画に何を求めるのかによりますが、ここまで疑り深い僕が肩透かしを何度も喰らったり、洞察力が無効化されたりして結局、ニルヴァーナの小ネタぐらいしか拾えませんでした。

心地良い混乱とでも言うべきでしょうか。それでどう続くのか予想していたら結末すら裏切られる。音楽とのギャップも、人物の裏表も、不気味。結局どっち?ってのも不粋でどこまでもオリジナルな作品でした。
序盤から、急なイベントの連続で
息つく暇もない映画だった。
とにかく、登場人物がみな感情や憶測で他人を攻撃する。これは、現代社会で起こってることの風刺なのかな?
ウィットに富んだ映画なのは間違いないが、話に決着をつけることを重視する映画ではないので、犯人探しに注視するような作品ではないので、ご注意を。
脚本も画も完成度がもう全部高くて感想でてこないくらい。これぞ映画では。ラストシーンの会話、すごい。
Take

Takeの感想・評価

3.8
最初は仲良くなかったけど最後はまあまあ。娘の死を中心に話は回るけど本質はそこじゃないみたいだね。面白い。
ビスケ

ビスケの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

看板の裏や炎の描写が象徴的
人の二面性 怒りと赦し

差別警察も神父もイラクも実際の事件への批判。あの話もイラクでのことと考える方が自然。では真犯人は?

馬小屋でのあの行為
火炙りになった3枚目の看板
彼は何の罪を犯し罰を受けたのか
炎は真実をも灰にしてしまう
>|