スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

エンディングに賛否あるけど、私は拍子抜けしたほう。
ただ、それを割り引いてもいい映画。暗くて重いテーマながら、ところどころにくすりと笑いを誘うユーモアがある。
敵対する人々のなかにも、ひとさじの善意があり、それが心温まる反面、悲しくもあって。そして怒りが思いもよらぬことを引き起こすことも。
主人公の怒りにとにかく圧倒される。誰をも寄せつけず、ひとり泣きながら、ときにやりすぎだけど立ち向かう母の強さ。それだけにやっぱり最後が……
今出会えてよかった作品

このレビューはネタバレを含みます

自分の中の予断が
どんどんひっくり返されるようなストーリーで
それによって自分が持っていた偏見も
明らかになるようだった

ラストは
ここで終わるんだ!
っていう驚きと、
そこで終わらせた意図を思うと
これまでのあれこれがより鮮やかに浮かんできて
余韻が凄い

実はこんな過去があった、とかこんな意図があった、とか、過去に向かって謎解きしていくのではなく

あくまで現在進行形、登場人物が
何を思いどう行動するかによって
話がどんどん動いていく

だって
署長の捜査が進んでないと聞いて、どうせ組織ぐるみの隠蔽かなんかだろう、と思ったし
署長にガンだ、と言われた時は泣き落としですか⁉︎とか思ったし
教養のない警官ネトウヨかよ、とか思ったし

最後には母と警官が一緒に人を殺しにいくくらい
仲良くなっているなんて
誰が想像したろうか

あと、警官はレッドのこと少し好きだったんだよね?
レッドは職場の女の子に気持ちがあるようだし
警官は男だし、言い出せずにいて
病院で、隣のベッドにいて、
オレンジジュース(一瞬、火傷にかけられちゃうのか、沁みそう、って悪魔の思いつきをしてしまいヒヤヒヤしたけど)を、親切に注いでくれた、そのうっとりする感じ!

署長は、頭の固い、ホモソ社会の
聞く耳持たないクズかと思いきや
(もうクズは私。ただの偏見。)
署長の手紙本当に素敵だった
身近な人を悲しませないよう
自分で死を選んだ

そして、ラストで、2人はレイプ犯に対峙しようとしている

イラクから帰って
ちょっとおかしくなっていた
みたいな事言っていた、あの男性を
警官と母はどうするのか

結末は見てる人にまかせる

素敵なのは
赦し、が起こっていくのだけど
どれも宗教のような教義にのっとって
やっている人などいなくて
ただ、思い直す、という
人間のできる最もすごいことを
しているだけ

宗教ではない、赦しの可能性
生きて動く事さえやめなければ
必ず今と違う景色が見られるという
微かだが揺るぎない、希望のようなものを見せてもらった気がしました


※その後
中国版のタイトルが「意外」だときいて
見事に一言で言い表された感があり爽快でした
ラララ

ラララの感想・評価

3.5
3枚の広告看板を機に予想もしない展開をみせるクライムサスペンス。
登場人物は基本報われず、とにかくディクソンがクソ野郎だった印象。ルーカスヘッジスが出てたのはテンション上がった。

正直個人的には好きではない作品でした。ですが、解説を読んでみると州の社会的背景や差別問題などあんまり理解できてなかったことに気づいた。日をおいてからまた見ないと。
たなち

たなちの感想・評価

4.0
なんだかんだつまんない映画だったけど、もう何も失うものはないっていう点ではすごく共感したよね笑
なんか普通に妬みを無駄に持ち続けるおばさんの話じゃダメなの?
正直自分が作った家庭がそうやって壊されちゃったら俺はもっと酷いことしてやりそうだからまだまだこのおばさんは甘いなーって思った。だけどなんか俺が得意じゃない映画の雰囲気というか、撮り方、だったからいい経験。 やっぱりもっと人間を陥れて復帰不能になってほしかったな。あと血がもうちょっと出て欲しかった。(サイコパスレビュー)
MoekaIto

MoekaItoの感想・評価

3.5
憎しみは憎しみを生むってかんじ…
深いし、難しい…
achako

achakoの感想・評価

4.8
ある母親の戦い

子を持つ親なら、先立つ子供に対して自分の身が削られるような想いになるだろう
それが、死別ではなく残虐な事件によって命を奪われたら、その怒りや憤りはただ一つ…犯人に向けられる

そして真実を知りたいと思うはず

小さな町の警察署では、捜査さえも見送られていた
そんな中の母親の怒りのぶつけどころが看板の中のメッセージだったのか

警察官の元旦那にはDV、挙げ句の果てには若い女の子と付き合ってるなんて、まるで母親を馬鹿にしてるとしか思えない

母親も娘に対し、苛立ちから暴力的な言葉を投げつけるなど、相当追い詰められていたのだろう

だが看板の前に花を生ける時は、娘を大切に想う一人の母親だった

未解決事件に首を突っ込まない警察なんて日本でもよく聞く話ではあるが、何の為の警察なのか、何故警察官を志望したのか聞いてみたいものだ

被害者家族にもっと寄り添って欲しい
izumo

izumoの感想・評価

3.7
かぁちゃん最強伝説。
rpmu90377

rpmu90377の感想・評価

3.8
娘を殺した犯人を探し続ける母親の執念が恐ろしい。犯罪を犯してまでも自分の信念を貫く主人公の女性の描写は同調はできないが、リアリテイがあって真に迫っている。刑事をクビになった男と共に強姦魔らしき男を退治しに行くところでエンディングとなるが、続編でもつくるつもりか?
>|