スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

エンディングに賛否あるけど、私は拍子抜けしたほう。
ただ、それを割り引いてもいい映画。暗くて重いテーマながら、ところどころにくすりと笑いを誘うユーモアがある。
敵対する人々のなかにも、ひとさじの善意があり、それが心温まる反面、悲しくもあって。そして怒りが思いもよらぬことを引き起こすことも。
主人公の怒りにとにかく圧倒される。誰をも寄せつけず、ひとり泣きながら、ときにやりすぎだけど立ち向かう母の強さ。それだけにやっぱり最後が……
なつ

なつの感想・評価

-
深い傷を負ったひとたちが立ち上がる、この先に希望が見える映画はいいなあ。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を見たときの気持ちに少し似ている。
OS

OSの感想・評価

3.6
記録
ぽのけ

ぽのけの感想・評価

3.6
怒りは更なる怒りを呼ぶ
SHI

SHIの感想・評価

4.5
久しぶりに良い映画をみた。サスペンスという名のヒューマンドラマ、言葉には出さない感情の表現が好き。
ミミミ

ミミミの感想・評価

4.0
正直な話、釈然としない部分もあるがそれ以上にとても心を動かされた。現代に蔓延る様々な問題を余すことなく提起している。感動した。

それぞれがそれぞれの失くしてしまった愛するものを他のもので代用しようとする。しかし、1度なくなったものは決して他のものに取って代わることはない。
冒頭の場面で娘をレイプされた母親は復讐に燃えている。しかし最後の場面では最初の勢いはない。むしろ殺人をしてしまうことで再び失くしてしまうかもしれない自分の子供との別れに想いを馳せているように自分は感じた。

色々考えさせられる名作。
とにかく主演女優すごい。演技に安っぽさや嘘臭さがない。感動した。
inamon

inamonの感想・評価

3.3
なんともスッキリしない終わり方…
個人的にちょっと期待値が高過ぎた感もありますが、面白かったです。一番の評価は脚本でしょうね。次いで音楽、サム・ロックウェルという感じでした。
kaatsuu

kaatsuuの感想・評価

3.8
すべてに答えを出さずとも、それぞれの正義で生きてけばいいんじゃないかな
ということ。

あと、
やたらファックって言う笑
2分に1回のペースで、ファックって言う笑
ということ。
>|