スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

エンディングに賛否あるけど、私は拍子抜けしたほう。
ただ、それを割り引いてもいい映画。暗くて重いテーマながら、ところどころにくすりと笑いを誘うユーモアがある。
敵対する人々のなかにも、ひとさじの善意があり、それが心温まる反面、悲しくもあって。そして怒りが思いもよらぬことを引き起こすことも。
主人公の怒りにとにかく圧倒される。誰をも寄せつけず、ひとり泣きながら、ときにやりすぎだけど立ち向かう母の強さ。それだけにやっぱり最後が……
suzuki

suzukiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初の早稲田松竹
ああいう段差が少なくて広々した映画館大好き!

スリービルボード
署長が偉大だった。
最初の廃れた看板とか音楽とかの雰囲気がワクワクして好きだった。
ハッピーエンドかと思ったけどそう簡単にはいかなくてモヤモヤ。
面白かった。
そういや、劇場で観てたやつ
脚本、演出ともに秀逸だった
今年のアメリカ映画屈指の傑作です!個人的にはアカデミー作品賞受賞の『シェイプオブウォーター』より心に響きました。何というか、全も悪も被害者も加害者も皆同じ混沌とした田舎町。これはアメリカそのものでもあり、世界中の国々でもある。人種問題、レイプ、暴力、崩壊家庭、様々な問題を抱えながら生きている人々を代表するフランシスマクドーマンド演じるダーティハリーみたいな暴力おばさんが物凄い。そして善なのか悪なのかサッパリ不明な警官たち。色々な事件が起きてもちっとも解決しないのは、この杜撰な捜査の警察じゃしょうがねえなっていう悲惨さ。予想の斜め上を行く展開で、後半はもう何が善で悪か混乱する。ラストには背筋に鳥肌が立った!こんな事は映画観てきて初めてかも知れない。
観終わった後の余韻いいなあ

ただ、映像が綺麗すぎるというか、ピントが合いすぎというか、なんだろう、何かがずっとハマらなかった
ポコ

ポコの感想・評価

3.5
記録。
なんでやねん!と思うところが多々あったけど、ラストは驚きだった。
夢中で観られる作品。
色々な立場から見ると、どれも正しいような、そうでないような…。

しかし、ラストには「愛」と「許し」が見えたような気する。

とは言え、最後まで感情の持って行き所が見つからない、しんどい作品だった。
かおる

かおるの感想・評価

3.5
うーん因果が巡る謎映画…
huton

hutonの感想・評価

4.4
話がどんな展開になるのかまったく読めないうえに、迫力のあるシーンも多くあり、ワクワクしながら見られる作品。あまり登場人物に感情移入できなかったが、演技のうまさや登場人物のユニークさが補ってあまりある。
>|