スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

ume

umeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何だかすごい映画を見てしまったという圧倒感と、所々に感じる違和感と言うか大事なことを見落としているような落ち着かなさがあって、珍しく映画の解説を探して読んでみた。西洋文化と宗教の深淵を初めて覗きかけた驚きと、種明かしをされても私には到底理解できそうにない絶望感で、少し映画がこわくなったほど。緻密に練り上げられた脚本と作り込まれた演出に只々感嘆。
怒りと赦しがテーマであることは間違いないのだけど、真犯人に完全に騙され永遠に逃げ切られたままの、何とも救いのない映画だ。
takenaca

takenacaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人物ごとの性格や行動論理が明確で「ん?何でそうなる?」が無く、ストーリーに深くのめりこめた。誰も彼もが良い意味で人間臭い。“分かる!分かるけどやっちゃダメだよ…”の連続。
主人公がおかしたあの件、お咎め無しなのはいかがなものか。
rey

reyの感想・評価

2.0
脚本×
演出△
役者△
音楽△
コメント
-
何も救われない。切ない。
分かるけど、理解したくない。
個人的には可もなく不可もなく。

最後、どうする〜〜?
花崎

花崎の感想・評価

4.6
怒りの扱い方によって、人間がどうなるか上手に描いた話。
2、3回泣かされる場面があった。
サム・ロックウェルが好きになる話。
zen

zenの感想・評価

3.8
くらーい話だけど良かった
終わり方は賛否両論あると思うけどわりと好きかな
Nakman

Nakmanの感想・評価

3.9
知人に勧められて観てみました。

感想ですが、面白かったです。
ミルドレッドのキャラクターがパンチ効いてて最高でした。
口悪い、暴力的、やられたらやり返す、自分に抗う者は全員敵、といった感じで清々しかったです。

この作品ですが、作者の伝えたいことが1度ではわからず観直しました(笑)

導き出された答えは「怒りと愛」というテーマ。
作中であらゆる出来事が起こりますが、行動のもとにある感情が怒りなのか、それとも愛なのかによって明確に結果が変わっています。
それこそがこの作品のメッセージなのかなと思いました。

この視点を持って観ると全て腑に落ちるほどすんなり話が入ってきました。

登場人物の心境や行動の変化もこのテーマを胸に観てみるとしっくりきます。

また、単なるバイオレンスの多いクライムサスペンスではなく脚本も面白かったです。
予想を良い意味で裏切ってくるシーンが多く、観てて飽きない感じでした。
きわどいトピックもサクッと折り込まれていて見応えもありました。

演技面ではミルドレッドを演じたフランシス・マクドーマンド、悪徳警官ディクソンを演じたサム・ロックウェル、ウィロビー署長を演じたウディ・ハレルソンなど演技派が集結して素晴らしい表現力でした。
ピーター・ディンクレイジ、ルーカス・ヘッジスも出ていて個人的に嬉しいキャストでした。
特に、ウディ・ハレルソンとルーカス・ヘッジスが最近好き。

こんな感じです。

興味ある方は「怒りと愛」というテーマを胸に観てみてください。

以上、「スリー・ビルボード」レビューでした。