スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

funnykoji

funnykojiの感想・評価

4.2
わりと好き

このレビューはネタバレを含みます

またまた出た、病める国アメリカ。暴力に寛大なのか、誰も捕まらない。犯人かと思われた男も傷害では逮捕できると思うけど…
ラストでディクソンに赦され、犯人ではない男を殺す事を『道々考える』に変わる。
【人】に触れると赦せるということか。
親に勧められてみたけどあんまり覚えてない。すごい映画らしいんだけどほんとにあんまり覚えてない。確か人間ってこんなんなんだ、系だった気がする
みこ

みこの感想・評価

3.5
憎しみのあまりあり得ない行動に出たり、心から憎かった人に助けられたり。
正義と悪の境目ってあやふやだなぁ。
豆

豆の感想・評価

4.1
赦せるかどうか
「怒りは怒りを来す」


 娘を殺された母親による犯人への復讐もしくは、なかなか事件を解決しない警察とのバトルがメインかと思ったら、中盤になると、署長にスポットライトが当てられ、終盤は暴力的レイシスト警官であるディクソンに主人公が変わる(ように見える)。
 この映画のメインに据えられているのは『怒り』だと思う(つまり大袈裟に言えば主人公は怒り)。犯人に対する怒り、警察に対する怒り、広告に対する怒り、怒りに対する怒り。怒りのループ。怒りは怒りを来たすという言葉通り、終始怒りが渦巻いていた。
 それでも最終的には、対立していた怒りが一致した。物語の最終的な結末は語られなかったけど、良い方向に進んでいくのではないかと思う。
つぶROCK

つぶROCKの感想・評価

4.9

脚本も演技も素晴らしい。
本当によく出来た作品だと思いました。

途中は胸糞要素がてんこ盛りで、そーゆー映画なのかと思っていましたが、最後はうまくまとめられていました。

友人にもおススメしたい、お気に入りの作品になりました。
hase46

hase46の感想・評価

3.8
3枚の広告看板から始まるヒューマンドラマ。クライム系の映画かと思っていたが、人間の様々な感情によるまさしくヒューマンドラマだった。事件的な結末としては中途半端だが見終わっあとは心が穏やかになる。

人間は何か失わないと気づけないことがある。その気づいた時にはもう全て終わりだと絶望することしかできない状況かもしれない。でも、そこで変われるかどうか。変わるというのは語弊があるかもしれない。ちゃんと自分でも気づかずに自分自身で持っていたものを愛せるかどうか、表せるかどうかなのかもしれない。

書いていてよく分からなくなってきたけど、とにかくこの映画はオススメです。

2019.11.29.180本目
娘殺害事件が7ヵ月も未解決の状況にキレた母親が行動に移る映画
タイトルがわりと好き、スリービルボード(3枚の広告看板)

いや~面白い、けどそれ故に評価が難しい
というのも、この終わり方はクライム映画として見ると個人的には非常に嫌いな部類に入る
でもそれまでは正直面白かったし、終わり方だって嫌いな部類のはずなのに、清々しくて好きという感情も混じってる
だから4.0(終わり方が良ければ4.2くらいつけたかな)

でも何かクソ野郎ばっかの町だなって見ながら思ってた
そのすぐ手を出す輩が多かったおかげでハラハラドキドキ出来たってのもあるけど