スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

沈丁花

沈丁花の感想・評価

3.5
三枚の看板が人間の本性を炙り出す。

すったもんだあって、真犯人が分かりました、捕まえました、復讐劇はめでたく幕を下ろしました。
という展開を望んでいると痛い目に遭う。観賞後のモヤモヤ感がすごいが、なんだか忘れられない一本。

オレンジジュースのくだり、ギリギリまでオレンジジュースを傷口にぶっかけられるのか、はたまた飲まさせてくれるのか分からないというあの演出、あの演技。一番心に残りました。
Rity3

Rity3の感想・評価

3.0
機内鑑賞。
やっと見れた。ここまで救われることのない話だからこそラスト車に乗り込んだときは、この後どうなる?って二つに一つしか無い、自らが思うどちらかのハッピーエンドを捧げたくなる。どっちが救われるかは考え方次第。冒頭とラストのドライヴィングシーン、自分の心情の変化に興奮した。
Toshiki

Toshikiの感想・評価

3.5
復讐が復讐を呼ぶ胸糞映画
Kiki

Kikiの感想・評価

4.4
なんでもっと早くこの映画と出会わなかったんだろう。凄まじい映画だった。
こんなに痛くなる映画ってあんまりないね。苦しいね。
脚本も音楽も練り込まれまくってて一回観ただけじゃよく分からないくらい緻密で難しい映画。とりあえず凄まじいです。必見。
めでたしめでたし
ume

umeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何だかすごい映画を見てしまったという圧倒感と、所々に感じる違和感と言うか大事なことを見落としているような落ち着かなさがあって、珍しく映画の解説を探して読んでみた。西洋文化と宗教の深淵を初めて覗きかけた驚きと、種明かしをされても私には到底理解できそうにない絶望感で、少し映画がこわくなったほど。緻密に練り上げられた脚本と作り込まれた演出に只々感嘆。
怒りと赦しがテーマであることは間違いないのだけど、真犯人に完全に騙され永遠に逃げ切られたままの、何とも救いのない映画だ。
takenaca

takenacaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人物ごとの性格や行動論理が明確で「ん?何でそうなる?」が無く、ストーリーに深くのめりこめた。誰も彼もが良い意味で人間臭い。“分かる!分かるけどやっちゃダメだよ…”の連続。
主人公がおかしたあの件、お咎め無しなのはいかがなものか。
rey

reyの感想・評価

2.0
脚本×
演出△
役者△
音楽△
コメント
-