スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りから、連鎖して起こる出来事を通して、濃密に人間を描いているのだけど、本筋と関係のないほうへ展開していく物語が、予想がつかなくて、すごく面白かった。重くなりそうな内容だけれど、みんなやりすぎで、コメディになってしまっているところも好きでした。すごい映画だった。
ダニー

ダニーの感想・評価

4.2
奥深い。オスカー映画やっぱり奥深い。
凄みがある。ストーリーに、演技に、迫力がある。
賞をとる映画の共通点ですね。笑
おすすめ。
ゆり村

ゆり村の感想・評価

5.0
見てる途中何回も(((これはいい映画だ作品賞ノミネートもなるほど…)))って思った✨
看板が予想外のストーリーに進んで行って最後の終わり方も最高👏👏
ほんと罪と赦しのお話だった
音楽も良かった!😌
Lily

Lilyの感想・評価

4.5
最初ディクソンまじで嫌いやって、放火された時はざまぁwwって思ってたけど…
あれ…?急に人間変わっちゃった?

狭い街でみんな顔見知りくらいの狭い人間関係の中で、だんだん立場が変わってくる。
あれ…?これって人間ドラマ?

ディクソンはあのオレンジジュースで変われたのかな。

それよりもあのバーの男が犯人じゃないの?
最後もえ?これで終わり?(°_°)ってなった。
moviemiruo

moviemiruoの感想・評価

2.5
!?って終わり方だった。全体的に暗すぎて途中寝ました
NAVY

NAVYの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

うーん、いろいろ考えてしまう映画だったなぁ・・・

皆そうだけど、立場が変わるとモノの見方や考え方が変わったりする
ディクソンみたいに、常に誰かを殴りつけて、人の上位に立とうとする人間が、
尊敬する署長の手紙を読んで、真っ当に生きようと目が覚ます
そうして、日頃気づかなかった人の優しさに気付けたり

ミルドレッドが馬鹿にしてた元旦那の彼女の一言に、大きなヒントを得た時も
やっぱり、人の優しさに気付くことが出来たり

この映画には、そういう所が多々見受けられて、面白いと思った😊

ディクソンが初め大嫌いだった😠
署長の事が大好きなのはいいけど(あれ、男性として好きだったのかな?)
いつも暴力で正義感にまで蓋をする・・・

ディクソンが新しい署長にクビを言い渡された時に、スカッとジャパン・・・いや、アメリカンだったけど、バーでの一件で、
めちゃくちゃかっこよくて、やられた😝

ジェームスも凄く素敵だったな😊
優しいね😊
ディクソンの身体に付いた火を一所懸命消火してた

ミルドレッドが1番責めてるのは、本当に警察だったかな?
娘との最後の会話で、(いくら怒りに任せたとはいえ)自分が娘にかけてしまった言葉を、凄く悔やんでいるようだったし、ホントは自分を許せないんじゃないかなぁと思った😥

あの、バーでの男は本当に犯人じゃないの?
じゃあ、なんでミルドレッドの店に来たの?
あいつ、絶対なんか知ってるでしょ?

最後は、鬼退治にでも行くかのように、ミルドレッドとディクソンの2人で犯人?の元に復讐に行くようだったけど、そんなことしないで、二人とも幸せになって欲しいなぁと思った🤭
こーじ

こーじの感想・評価

4.0
誰もが自分の信念に基づいて行動しているのに、何もかもが噛み合わずに悪い方向へ転がり続ける。最悪の結末しか想像できないが、人を赦すことから逆回転を始める、予想もしなかった正の連鎖。怒りだけでは世界は回らない。演技も脚本も見事。
ELA

ELAの感想・評価

3.0
ずっと観たくて気になってた作品。
あの看板の配色もなかなか。
そして演技も素晴らしい。

ただ、最後がもう少しなぁ…。
his

hisの感想・評価

3.5
一般点 2.0/2.5
個人点 1.5/2.5
贔屓点 0.0/1.0

いそいでも 心のブレーキ かけましょう

群馬県交通対策協議会
平成29年度交通安全標語コンクール入選作品
本来遺族のやるせない気持ちがある中、最後まで足掻き続ける強い母親。
この作品はストーリーを完結させる物語ではなく、そんな母親と周りの人々を描いた作品。
この物語をどう推測するかはあなた次第、そんな映画だと思いました。
途中関係ないところで感動シーンがあったり、なんだかんだ面白かったです。
最後の終わり方で、あぁ、そういう映画なんや。ってわかりました。
>|