スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りから、連鎖して起こる出来事を通して、濃密に人間を描いているのだけど、本筋と関係のないほうへ展開していく物語が、予想がつかなくて、すごく面白かった。重くなりそうな内容だけれど、みんなやりすぎで、コメディになってしまっているところも好きでした。すごい映画だった。
さわやかな終わり方でよかった
2人ただただ仲良くなって帰ってきてほしいですね〜
許す勇気
ミズーリの片田舎。愛娘を殺された中年女性が一向に進展しない捜査に業を煮やし、道端に警察署長を煽る広告(ビルボード)を掲げた。

それをきっかけに田舎の男尊女卑や差別を告発して、警察やマスコミ、女性世論に火がついて大暴れ、フェミニズムを鼓舞する勧善懲悪劇かな、と思っていたら、警察署長が「実はワシ癌で死ぬねん」とか言い始めて、オバちゃんも「知っとるわ」みたいな話になって、「え、そうくるの?」となる。

鄙びた夜道を歩く娘の身に起きた事件。そもそも目撃者や証拠のなさは、警察の非ではない。事件前、主人公は娘と仲が悪く、夜中に口論し追い出しており、むしろ彼女がその状況を作ったとすら思える。病状の悪い署長を追い詰める主人公のオバちゃんが、善か悪か、分からなくなってくる。何事にも動じない信念の人に見えて彼女は迷い苦しみ、別の属性への差別心を持ち、自分にも怒りを向けている。巧妙。

誰もが誰も完璧ではない。人間の心の中にあるやましさ、怒り、そして許しといった感情のドラマと、差別や正義といった社会風刺的なテーマの中に、先が読めないサスペンス要素が積まれた娯楽人情活劇。

ただ署長はともかく、メインで動く警察官があまりにも暴力的、下劣なレイシストで(終盤改心するのが話の焦点であるとはいえども)無辜の市民にすらめちゃくちゃをする彼を野放しにしてる上に、主人公周りの事件を全スルーしちゃう警察は流石におバカちゃん過ぎるので、警察周辺は話の御都合というのが目立つかな。
Molly

Mollyの感想・評価

-
ギンレイホール
途中から始まって途中で終わる映画だったっていうか、ずっと流れてる他人の人生の流れに急に放り込まれて、やっと慣れて来たなと思ったのに途中ですくいあげられるみたいな映画だった!そういう切り取り方の映画はあんま見たことなくて斬新!
人の人生ってほとんど起承転結は見られないよね!!

あのクソマザコン野郎はほんとに最低だしキモいけどバーからのトイレで採取のシーンで、お前やるやん!!?!見直した!!!
広告会社の人とばっちりすぎwwwそしてやさしい

終わり方もすっきりで良かった
けどもう一度見たいとは思わないな
S

Sの感想・評価

-
2018.7.23
うーん。あんま好きじゃない
SDROCK

SDROCKの感想・評価

3.8
窓から投げられたコめちゃくちゃ優しいな
とにかく、あの警官がめちゃめちゃ良い人だった、愛で溢れていた。何が正しくて、何が正しくないのか、わからないけど、思いやりの心を持って生きていきたいね
>|