スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りから、連鎖して起こる出来事を通して、濃密に人間を描いているのだけど、本筋と関係のないほうへ展開していく物語が、予想がつかなくて、すごく面白かった。重くなりそうな内容だけれど、みんなやりすぎで、コメディになってしまっているところも好きでした。すごい映画だった。
shurin

shurinの感想・評価

3.9
ひどい人種差別の警官、進展しない捜査、それらより一番目を向けていられないのは、死んだ娘に対して償い続ける母ミルドレッドの姿。
それぞれが持つ怒りと信念が交差しぶつかり合う現実は、思ったような方向へは向かってくれない。
でも実際現実なんてそんなもん。人間は弱い。悟った人間の強さを感じる。署長大好き。

このレビューはネタバレを含みます

「あんたなんかレイプされてしまえばいい」と娘に言った過去は二度と変えられないし、それにより本当に娘がレイプされ死んだことも二度と変えられない。だけれど、何もせずにはいられない母親の気持ちはめちゃくちゃわかる。とにかく何かして、過去の自分と亡くなった娘から赦されたいのだと思う。

しかし、もし犯人が見つかってもミルドレッドは赦された気持ちにならないのではないかとも思う。だから、この結末はいいと思った。少しずつだけれどジェイソンのような味方が増えて、娘ではない同じ目に合った人の復讐をすることで気持ちが満たされれば、またミルドレッドは変わるかもしれない。ハッピーエンドではなく、問題の解決には至っていないが、ミルドレッドの変化の可能性が見込まれる前向きなエンディングだ。

結局、世の中の悪には正義が必要なのではなく、それを被害者側が渋々受け入れることが求められるのかもしれない。その準備期間としてのミルドレッドの感情、行動の描き方が上手く、とても共感できた。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

4.0
脚本も演技も音楽も良かった。けど、期待値高すぎたのか、ふむふむ最高、って感じで終わってしまった。
yoshi

yoshiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

レビューで皆さん大絶賛だったけど俺はイマイチだったかな…

取り敢えず皆、台詞も行動も終始暴力的過ぎて息が詰まりそうになる。あそこまでするなら最後にスッパリ事件を解決させてカタルシスが欲しかった。

お陰で映画館からの帰りの道すがら、かなり重い気分になった。(逆にそれだけ凄い力がある作品なんだけど…)



作中のキャラクターにも感情移入できず。

母ちゃんに対しては、応援の気持ちを持って臨んだが、歯医者のシーンでやや苦笑い(←まだ耐えてる)しつつも、火炎瓶ぶん投げたシーンで流石にどーかと思い…

自分を庇ってくれた人との晩餐のシーンではもはや、
お前どーなん?
的な気分。(軽い怒り😅)


若い警官も頭が悪すぎてちょっと…
そもそも無実の人をあれだけ痛めつけておいて、免職で済んでるのが。。。
普通逮捕でしょ…😭

そんな彼が後半、主人公に協力するのだが、前半のクズっぷりが強烈なので

「お前は良い警官の素質がある!」

なんて手紙で言われても、

「あんたの目は節穴か。。。」( *`ω´)
と、すんなり入ってこないんですよ。

そもそも、メラメラ後ろが燃えながらのあの手紙のシーンがコントにしか見えないのよね。。。


それだけにあのBARでの行動は、やられた!と思ったから、あそこから一気に解決してくれた方が良かったなー


カタルシスを求める作品じゃないのは分かる。小さな心の機微を感じて共感する様な作品だと思うが、それにしては皆、暴力的過ぎてちょっとついていけなかったかな…



ただ、田舎独特の閉塞感や、好き嫌いは抜きにして女優、俳優陣の演技は素晴らしいのでそこは勘違いなさらぬように。。。苦笑
mannen

mannenの感想・評価

4.5
リアルなザッピングもの
お母ちゃん強い
終わり方も良かった
tokui

tokuiの感想・評価

4.0
わたしもオレンジジュースを差し出せる人間になりたい。
riku

rikuの感想・評価

3.7
ウディ・ハレルソンがいちばんまともに見える怪作か。いや、オレンジジュースによる赦しの映画か。残酷な世界に僕たちは生きているのだなと再確認しつつ、それもまた日常であるのだと語りかけられた作品。
LisaKimura

LisaKimuraの感想・評価

2.7
しんどくて苦手でした。。すみません(T_T)
Rinaaaana

Rinaaaanaの感想・評価

4.0
重かった
結構グロいところもあったけどそういうところも含めてリアリティがある
>|