スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

怒りから、連鎖して起こる出来事を通して、濃密に人間を描いているのだけど、本筋と関係のないほうへ展開していく物語が、予想がつかなくて、すごく面白かった。重くなりそうな内容だけれど、みんなやりすぎで、コメディになってしまっているところも好きでした。すごい映画だった。
おたば

おたばの感想・評価

3.9
【どうしたってひとりよがりになってしまう。そんな時にこそ広い視野を持つべきなのではないでしょうか。】

ミズーリ州の田舎街

1人の中年女性が家のすぐ近所にある3枚の看板に広告を出したいと申し出る。


その広告には

レイプされ殺された娘の事件がなぜまだ解決していないのか?
それを問いかける、傍から見れば警察への抗議文の様な内容だった。

小さな街で看板は瞬く間に話題となり

被害者対警察、という対立が生じる中での人間ドラマです。

事件未解決に憤りを感じるミルドレッドはもちろんですが
広告で名指しされる署長、家族、町民、警察署員、様々な視点での感情描写が見て取れ
それぞれの感情が交錯するとても奥深い作品でした。

当事者には当事者にしかわからない感情だってもちろんあると思います。
でもミルドレッドは他の人はもう忘れ去ってしまった事件だと
そう思い込んで世間を憎んでしまった悲しい女性なんでしょうね。

でも誰だってそんな非道を快く思っていないし許していた訳では無いのです。

何故自分が。そんな感情を抱く登場人物達が
署長のある行動によって違う視野を持てるようになって
少しずつ不器用ながらに近づいていく模様がリアルでとても胸が熱くなりました。

形容しがたい感動ではあるんですがとても大きなテーマを抱えた作品だと思います。

おすすめ度は84点
Makie

Makieの感想・評価

3.9
それぞれに救いがたい欠点をもった人間のドラマ。
ほろりとした笑いの中に許しと救いがあった。よかった。
supupu

supupuの感想・評価

3.8
前知識ゼロでの鑑賞。
題名のスリービルボードは、3枚の屋外広告看板の意味。

クライムサスペンス物と思って観たら、人間ドラマだったー、正直肩透かし食らった感。
アメリカの田舎町で、娘を殺された母親と、その町の人徳のある警察署長、怠慢警察官、その3人を中心にして物語が進んで行く。所々でショッキングな出来事が起こりつつも、基本的には静かに進んで行く展開。

感想。
すごく面白い!訳では無いが、よく分からない何かの感情が、この作品は何か凄い!と言っている。言葉では言い表せない何かがこの作品にはある。
恐らくは、俳優さんの演技力と監督のチカラなのか、流石アカデミー賞作品と言ったところか。
zve

zveの感想・評価

3.7
記録
Fumihito

Fumihitoの感想・評価

4.0
2018/8/29 @出張機内
俺は、まともそうな映画も受け付けない体になっちまったか…
ふみ

ふみの感想・評価

3.2
想像と全く違って面白い。これも、誰も不正解ではないけど正解ではなかった。人の死を受け入れることは難しいもの、時に人を狂わせてしまう。
Hayato

Hayatoの感想・評価

3.5

11/17/18
>|