スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

マグ

マグの感想・評価

4.3
未解決事件を進展させるために、被害者の母親がある広告を載せたことをキッカケに、田舎町の人々の憎悪が憎悪を産む 展開に・・・

犯人を追うサスペンスものと思ったら、全く違った。
とにかく先が読めない。
他人に対する怒りが怒りを生んでいく。終わらない連鎖。人間の、ふとしたことで、お互いを憎しみあい、復讐しあう人間の本質を見せられる。

だが、人間それだけではなく、またふとしたことで、人と人が手を取り合うようにもなるという、人の本質”を見事に描いてる。すごいわ・・・
末次

末次の感想・評価

4.5
主要3人それぞれに感情移入ができて目が離せない。ひとりに感情が寄ってるときは他が悪者に見えるけど、そうじゃない。最後はなぜが憑き物が落ちたようななんとなく清々しい気持ちに。人間味のあるいい映画だった。
りくと

りくとの感想・評価

3.5
ミステリーかと思ったら人間ドラマだったや
「炎を司る映画」

色々と忙しい映画でした。
二時間ほどの尺の中で、何個もドラマが重なっているような感覚。感情移入する対象がこんなにもコロコロと変わる作品も珍しい。

正直、観る前は「こんな題材で、どうやって楽しませてくれるの?」と疑問符が浮遊。前述でもあるように、様々なドラマの連続で飽きさせてくれない作品でした。
かなり重苦しい作品なのかな、と思いきやコメディ色も所々強くなっており、そういった所も飽きずに観られる要因だったのかなと思います。「この人メチャクチャするやんww」みたいなツッコミを頭の中でしてしまうシーンが多数でした。


人を許すことの強さ。
本当の強さ。


ジョン・ホークスさんが出てて驚いた。
今年入って、一番気になっている俳優さんです。いい役どころとは言い難いですが......
3枚の野立て看板がきっかけで始まった物語。

ストーリーは平凡的ですが、要所要所で看板がきっかで物語が動いていく手法は、展開のきっかけが分かりやすくて良かったです。
Rocket

Rocketの感想・評価

4.0
濃いのにスタイリッシュ。
そんな印象でした。
背景知識があればより面白かったと思う
ラウぺ

ラウぺの感想・評価

4.4
一見地味そうなネタに見えるこの映画は予想外のインパクトを受ける怪作。
町の人々は普通に暮らしているただの田舎者ですが、それぞれに偏見や独自のものの見方を持ちながらも、それぞれのコミュニティや友人を大切にしている様子。ところが看板が立ったことで、思わぬ変化が訪れます。最初はごく些細な出来事だったものが、水面に石を投げ入れたときのように波紋が徐々に広がり、波紋の交差したところで予想外の変化が起きたりと、脚本の妙味に舌を巻くことになります。
登場人物達の印象は見はじめた当初からはどんどん変わっていき、先の読めない展開から目が離せなくなるのと同時に、いろいろなものが沸き起こってきて、それぞれに親近感を覚えてくるのが不思議です。
ともするとシリアスな展開になりそうなところも、そこはかとなく漂うシニカルな笑いが適度な距離感をもって描かれているので、独特の浮遊感に浸りながら映画に没入していけるのです。
主演のフランシス・マクドーマンドは何を言われようと決してブレない強烈な意思を持つ女性を怪演しており、警察署長役のウディ・ハレルソンの圧巻の存在感、マザコンで頭の悪い警官役のサム・ロックウェルなど、出演者がみな個性的な役を好演していて見飽きません。

群像劇としてのアンサンブルの妙味、一筋縄ではいかないストーリー、一言では決められない多面的な人物像、3枚の看板に隠された暗喩、じわっとくる余韻・・・これは繰り返し何度も観たくなる映画だと思います。
繰り返し観たくなる映画というのは実はそれほど多くなくて、大抵そういう映画は傑作なのですが、いや、これは間違いなく傑作だと断言しておきます。
Rinaluna

Rinalunaの感想・評価

3.8
記録。WOWOWにて視聴。
Peter

Peterの感想・評価

3.4
アメリカのドロドロとして病んだ部分が濃縮された、そんな映画。