スリー・ビルボードの作品情報・感想・評価

スリー・ビルボード2017年製作の映画)

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。

「スリー・ビルボード」に投稿された感想・評価

akikooo

akikoooの感想・評価

4.0
行ったり来たり、胸がジグザクした。
やられたら、やり返す。
誰の味方にもなりたくない。
小さな町での出来事は、この世界のあちこちで起きている事。
やられても、やり返さない。
嫌いな人でも、誰かにとっては大切な人。
kyooohei

kyoooheiの感想・評価

3.7
犯人が誰とかじゃないんだよ大事なのは!
もう展開がすごいんで、みんな根はいいやつってことはしっかりわかった笑
途中で「しょっ署長ぉぉおおお」ってなる笑

3枚の看板であれだけのストーリーが出来るてすごい。
TSUTAYAで借りた中でこれが一番期待していて期待通りだった。いい映画を観たなという素直な感想。
犯人が誰なのかとかそういう映画ではない。相手を認めて赦す事が大切。
あんなにいがみ合ってたふたりが最後にちょっと分かり合っててじんときた。ラスト、いい終わりだと思う。あの後引き返したかもしれない、そんな少しの希望。
署長の手紙が素敵だった。かっこいい。
ミルドレッドのひねくれ過ぎてる性格は好きになれないけど。
率直な感想としては、終わり方がいまいち納得出来なかった作品。
しかし、日常的な生活の中から、人種差別の問題や、アメリカ社会を、深く掘り下げ映されてるように感じ、とても良い作品ではあった。
登場人物1人1人のキャラが掴みやすく、理解しやすかった。
特に、フランシス・マクドーマンドさんが凄くいい味を出している。
hririo

hririoの感想・評価

4.5
日頃なにげなく下してる善と悪の判断を疑わずにいられるのは、社会のふんわりした規範に従っていると信じているからで、「本当はその善悪の判断ってめっちゃ個人の感情に依存してるよね!?」っていう個人的な疑問っていうか不満を、この映画が明解に描いてくれてる気がした。スッキリしない結末なんだけど、スッキリした。
mothdrop

mothdropの感想・評価

5.0
えっ、そうなるの!?えっ?えっ?と思いながらどんどん引き込まれて、途中らへんで、ああ、でもそうかも、そうなるかもって。人々が作りものじゃなく、本当の世界、本当の痛みの中を生きているように感じられた。映画が終わっても自分のなかで考えることが続く。思ってそうしているのでも、気がつかないうちにそうしているのでも、ゆるしたりゆるされたりしながら前へと進む。でもゆるされざることだってある。器用に生きるなんてどこの世界の話かと思う。ヒリヒリする。
furuta

furutaの感想・評価

3.9
最後の最後が気になるけど、、、。

面白かった!

署長が1番素晴らしい!

怒りに対しての怒りでは何も解決しない。
よしお

よしおの感想・評価

4.3
3枚の看板を通して世間に訴える。

娘をレイプされて殺されたのに中々捜査が進まない中で、警察に真っ向から挑んでいく強い母親。
真摯に向き合おうとしていた余命も少ない警察署長に、警察権力を盾に理不尽働く無能な警官。

物語が進むにつれて発覚していく出来事に登場人物達が変わっていく心の変化もめちゃくちゃリアルでした。

もちろん1番悪いのは犯人に間違いはないけれど、どんなにいい人でも、強い人でも関係なくある弱い所、どこに向ければいいかわからない怒り、ほんとによく作り込まれていた。

これはアカデミー賞取って欲しかった…
サスペンスっていう触れ込みだったんで、一件落着を期待してたのにそうではないラスト。消化不良感が残ったけど、時間をおいて考えてみると感じる角度が違ってて、先入観で観てたってこと。
結局は事件がどうだとかではなく、赦しがテーマで出てくる人によって感情の変化が色々あるよってこと。
>|